プロペシア・フィンペシア通販個人輸入情報

薄毛、ハゲ効果のある発毛医薬品プロペシア、フィンペシア、ロゲイン、リアップ、ポラリス、ミノキシジルタブレット、ザガーロなどの口コミ情報をお届けします。100%正規品で成分検査を実施しているオオサカ堂(大阪堂)なら、送料無料で処方薬を安価に購入できます。

プロペシアでアンチエイジング

スキンケア化粧品、飲む育毛剤、脳のサプリメント 男も走る「アンチエイジング」

 「クールビズ」をきっかけに、衣料品で活気づいた男のおしゃれ消費は、2006年、ますます広がりが期待できそうだ。次なるキーワードは、ずばり「アンチエイジング(抗加齢)」だ。

 肌の張りや弾力を保つ化粧品など女性用アンチエイジング商品は既に一般的。それが、なぜ男性にも広がっていくことになるのか。

モテたい40~50代

 2006年にヒットの可能性のある商品の1つに「男性用アンチエイジング化粧品」を挙げる電通消費者研究センターの四元正弘部長は、こう分析する。「今の40代、50代男性は、年を取っても女性にモテたいという欲求を強く持っている」。

 資生堂化粧品事業部の高山奈保美氏も、容姿に気遣う中高年男性が最近、増えていると見る。資生堂が2004年5月に発売した男性用化粧品ブランド「シセイドウメン」。UV(紫外線)ケア、皮脂の吸着液や保湿液など、本格的な化粧品18種類を揃え、中でもアンチエイジング用のクリームは50gで7350円もするが、販売は好調だ。

 2005年は初年度の2004年に比べ、売り上げが20%伸びた。30~70代の幅広い年齢層でこれまでスキンケアをしてこなかった男性が、商品を手に取り出した結果だ。

 流れを察知した百貨店も動き始めている。三越は男性用のアンチエイジング商品を専門に扱う売り場の設置を現在検討中。一足早く同様の売り場を作った高島屋東京店では、昨年、男性用化粧品の販売額が前年に比べ7.3%伸びた。売れ筋はここでもUVケアなど本格志向の商品だ。

 高山氏は、「男性のスキンケアが市民権を得て、堂々と化粧品を使える時代になった」と話す。資生堂は今年、店頭でのサンプル配布を強化し、潜在顧客をさらに掘り起こしていく。

 若々しく見せる意味では伝統的な「アンチエイジング商品」と言える育毛剤にも2005年末、「期待の新星」が現れた。万有製薬が発売した飲む育毛剤「プロペシア」だ。

バレないピンクの錠剤

 日本は「育毛剤の種類が恐らく世界で一番多い市場」(万有製薬マーケティング本部の中村正之ディレクター)という。欧米男性に比べ薄毛を気にしやすい国民性もあるのだろう。それゆえ、既に世界50カ国以上で売られているプロペシアの日本発売に当たって、万有製薬は錠剤の形状を茶色っぽい八角形から淡いピンクの丸形に変えた。「職場で飲んでも育毛剤と分からないようにする」(中村ディレクター)ためだ。

 処方箋が必要な新しいタイプ。それだけに、800万人とも言われる薄毛に悩む男性へのアプローチは周到だ。

 男性のアンチエイジング需要を牽引役としたいのは、サプリメント分野も同じ。コエンザイムQ10(CoQ10)やセサミンなど、ヒット商品の有無で販売動向が大きく左右される。

 29品目を販売するサントリー健康食品事業部の新免芳史部長は、アラキドン酸(ARA)という栄養素に期待する。肉や魚、卵に含まれており、脳の機能低下を改善する働きがあるとされる。「加齢とともに脳内のARAは減っていくので、脳のアンチエイジングにぴったりだ」(新免部長)。

 電通の四元部長は、「中高年男性が自分のためにお金を使うことに躊躇しなくなった」と指摘する。おしゃれに目覚めた中高年男性。化粧品やサプリメントで若々しさを保つのが当たり前になりつつある。

(中野  貴司)

幅広い世代が購入する資生堂の「シセイドウ  メン」

万有製薬の育毛剤「プロペシア」は1日に1回飲む新タイプ

プロペシアは、医薬品個人輸入サイト、オオサカ堂で通販できます
↓   ↓   ↓


>> プロペシアのご購入はこちらから(最安値) <<
>> 私はプロペシアで髪が生えました 証拠写真はこちら <<

プロペシアの副作用

経口脱毛症治療薬で注意すべき副作用

 プロペシア(一般名:フィナステリド)は2005年12月に発売された男性型脱毛症(Androgenetic Alopecia、AGA)の進行を遅延させる内用剤である。

 AGAとは頭頂部や前頭部の硬毛が徐々に軟らかく、細く短くなり、最終的には額の生え際や頭頂部の頭髪が消失してしまう疾患である。思春期以降に始まり、進行していく。女性にも、まれに認められる。

 AGAの罹患率は、30歳代で約10%、60歳代で50%、平均すると30%になるといわれている。潜在的に将来の脱毛に不安を感じる人を含めると、相当な数になると考えられている。

 AGAの主な原因物質はジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンと考えられている。DHTは5α-還元酵素によってテストステロンから作られる化学物質で、男性ホルモン受容体に結合すると、脱毛シグナルを放出して毛の成長を終了させる作用がある。DHTが何らかの原因で過剰に分泌されると、長く太い毛に成長せずに抜ける毛髪が多くなる。

 プロペシアは5α-還元酵素を阻害し、DHT産生を抑制することで、脱毛を抑制する。もともとは前立腺肥大症の治療薬で、使用した患者から「毛が生えた」という報告が相次ぎ、改めて育毛剤として開発された。

 服用方法は1日0.2mgからスタートし、必要に応じて適宜増量できるが、1日1mgを上限とする。また、効果が確認できるまでの目安は6カ月である。これは国内の臨床試験で、服薬開始から6カ月でプラセボとの有意差が認められたことによる。6カ月服用してもAGAの進行遅延に効果が認められない場合は、処方を中止する。

 本剤の適応は男性のみであり、女性の脱毛には効果がないとされている。海外での閉経後女性の男性型脱毛症を対象とした12カ月間のプラセボ対照二重盲検比較試験において、プロペシアの有効性は認められなかった。また、AGAと診断された男女で、前頭部と後頭部の5α-還元酵素の活性を比較したところ、濃度の高い前頭部でも女性では男性の3分の1程度であった。このことに加え、血清中のDHT濃度と5α-還元酵素の活性が低いことなどから、女性の脱毛には効果がないと考えられる。

 なお、添付文書には「本剤投与中の男性型脱毛症患者に対し前立腺がん診断の目的で血清PSA濃度を測定する場合は2倍した値を目安として評価すること」と記載されている。これは、プロペシアを服用している男性型脱毛症患者では、前立腺特異抗原(PSA)の濃度が約40%低下した試験結果があるためだ。さらに、海外の臨床試験では、前立腺肥大症患者へのプロペシア投与で、血清PSA濃度が約50%低下した報告がある。高齢者では比較的高頻度に行われる検査なので、プロペシアを服用していることを医師に伝えるよう指示する必要がある。

男性型脱毛症は、男性ホルモンによって髪の毛がだんだん細く、少なくなっていく病気です。
プロペシアは原因になるホルモンを抑えるため、脱毛症に効果があるとされています。
髪の毛が増えるという効果も期待できますが、どちらかと言うと現状を維持するような薬剤です。
また、この薬を飲んでいると、一部の前立腺の検査で測定される値が低く出てしまいます。前立腺肥大という病気にかかっているとさらに低くなります。
そのため、前立腺の検査を受ける際には、医師にプロペシアを飲んでいることを必ず伝えてください。この薬は最低でも半年飲み続けないと効果が出ません。
最初は0.2mgで、最も少ない量ですが、効果によっては薬の量を増やすことも考えられます。
飲むのをやめてしまうと効果がなくなってしまいますので注意してください。

プロペシアは、医薬品個人輸入サイト、オオサカ堂で通販できます
↓   ↓   ↓


>> プロペシアのご購入はこちらから(最安値) <<
>> 私はプロペシアで髪が生えました 証拠写真はこちら <<

発毛保険外診療

手軽に取り組む保険外診療 発毛や痔の治療、サプリメントも
保険と自由診療の組み合わせに工夫、患者ニーズに応える

患者ニーズの多様化や診療報酬の相次ぐ引き下げで、診療所でも保険外診療への関心が高まってきている。それでは一般のクリニックは、どんな自由診療メニューを提供すればいいのか。また保険診療と両立させる上での留点は─。診療内容が異なる三つの診療所のケースを通じて、ノウハウを探った。取材E文◎井上 俊明(医療局編集委員)

 「これから医療機関は、保険診療だけでは絶対に食べてはいけない。病医院の個性は保険外診療で出すしかないから、患者が喜び、医師が儲かるサービスを提供していく必要がある」─。2月上旬、東京都内で開催された保険外診療に関するセミナーで、講師を務めた大学助教授はこう力説した。

 こうした認識は診療所の間でも広がりつつあるようだ。一昔前まで、診療所の保険外診療の取り組みといえば、美容整形や眼科の近視矯正手術などが中心だった。最近では、皮膚科でケミカルピーリングが広がりつつあり、内科系では「アンチエイジング」を看板に掲げる診療所も増えてきている。

 これら様々な自由診療メニューの中で、診療所が比較的手軽に取り組めるものに、勃起不全の治療薬「バイアグラ」に代表される生活改善薬の処方・投与がある。こうした薬の多くは、医師の処方せんがないと患者は使用できないが、保険適用外である場合が多い。

 まず、このタイプの自由診療に取り組む診療所のケースを紹介しよう。

城西クリニック(東京都)
脱毛症の総合医療を展開

 東京・新宿にある医療法人ウェルエイジング・城西クリニックは、皮膚科・形成外科をメーンとして、精神神経科や婦人科も標榜し、脱毛症に様々な角度からアプローチする「総合頭髪医療」を手がける無床診療所。月に3000人を超える来院患者の9割は自由診療だ。

 具体的な診療は、写真撮影で毛髪の状態をチェックし、血液検査や血圧測定で薬の投与に問題がないかどうかを確認した後で、経口のプロペシア(成分名:フィナステリド)、外用のミノキシジルの2種類の発毛剤を投与する。

 フィナステリドは、1997年に米国で男性の脱毛症の薬として認可された。城西クリニックは輸入して使用していたが、一昨年12月に医師の処方せんがないと購入できない薬(薬価未収載)として、万有製薬がプロペシアを発売してからは、そちらも使っている。また、ミノキシジルはドラッグストアでも購入できる大正製薬の「リアップ」の成分だが、同クリニックは、有効成分濃度が高く、外国で医療用医薬品として売られているミノキシジルを輸入して投与している。

 「今はインターネットなどで、外国製の強い市販薬も簡単に買える。でも、副作用やトラブルを心配しつつ、使っている患者もいる。当クリニックは、こうした患者の不安の解消に一役買っている」と、院長の小林一広氏は語る。

 脱毛症の治療は、原則として保険診療の対象にならないため、1カ月間の治療費は、薬代と診察代を合わせて3万円前後と安くはない。それでも新患は月220人を数えている。「プロペシア」が国内で発売されたことも、増患につながっているという。

原因疾患があれば保険診療も

 こうした生活改善薬を投与している診療所はそれほど珍しくはない。城西クリニックの特徴は、脱毛症の原因を探って、多角的にその治療に取り組んでいるところにある。

 例えば、髪の毛はフサフサしているのに、将来の脱毛を心配して来院する神経症的な患者がいる。また、患者の約2割を占める女性の中には、更年期によるホルモンの減少が原因となっている場合もある。

 こうした要因が脱毛症に関係しているとみられる場合には、小林氏の専門である精神神経科や、女性医師による婦人科の保険診療で対応する。SSRIなどの向精神薬を投与したり、婦人科の専門医を紹介したりする場合もある。

 ただし、一つの疾患の治療を、保険と自由診療を併用して行うと、日本では原則として禁止されている「混合診療」になってしまう。そこで城西クリニックは、それを避けるための工夫をしている。

 具体的には、自由診療の頭髪医療は皮膚科・形成外科、保険診療は精神神経科や婦人科と科目を分け、診察室や診療時間をきちんと区分している。さらに患者のカルテも、自費の分と保険請求する分を別にしている。

 小林氏は、「これまでトラブルは何もない。保険診療だけでは、個々の患者のニーズに応えるのが難しい以上、医療機関は様々な選択肢を提供する必要があると思う」と語っている。

八子医院(福島県)
先進医療のPPHに取り組む

 保険と自費の併用が例外的に認められているのが保険外併用療養費(旧特定療養費)の制度。差額ベッドに代表される「選定療養」と、保険適用の可否を判断するための「評価療養」で構成されている。

 これらのうち、医療技術に関するものが評価療養だ。治療代は自費だが入院や検査、診察の費用は保険で賄われる。その一つである「先進医療」は、113の医療技術が対象となっている。

 以前から、大学病院などが手がける「高度先進医療」は、保険診療と自費との組み合わせが認められていた。2005年に高度でない先進技術も「先進医療」としてその対象に含めることになり、これをきっかけに、民間病院、中には診療所が承認を受ける例も出てきている。

 福島市の医療法人桜樹会八子(やご)医院が実施している「自動吻合器を用いた直腸粘膜脱または内痔核手術」(PPH)は、そのうちの一つ(図参照)。2005年秋に先進医療に認定されてから承認施設は増え続け、現在全国80施設超に上る。うちは7施設は診療所だ。

 八子医院では、2000年ごろから、体への負担が少ないことに注目して自由診療でPPHを導入、これまで110例以上実施している。通常の手術だと7日程度入院が必要だが、PPHだと4日ほどで済み、傷口の痛みも少ないからだ。

 PPHの治療費のうち、自由診療の部分は、厚生労働省の規定に従って原価を積み上げて実施施設が決定する。八子医院は、現在10万1180円でPPHを実施している。全国的に見て安い方だが、患者がその3割を負担する入院費用を含めれば全体で13万円前後になる。これに対し、保険診療である痔核結紮手術は6万円程度の自己負担だ。

症例と患者の希望で治療法選択

 そのほか、痔の治療法では2005年3月に、硫酸アルミニウムカリウム・タンニン酸の注射薬が発売され、四段階注射法による硬化療法(2800点)として既に保険適用されている。

 この注射薬は、今のところ内痔核治療法研究会の講習を受けた医師にしか販売されていないが、八子医院も既に導入済みだ。こちらの入院期間は2日ほど。患者負担は2万~3万円だ。

 現在、八子医院には、週5、6例は外科的治療の対象となる痔の患者がいる。治療法の内訳は、外科手術が最も多く7割を占め、硬化療法が2割、PPHは1割ほどだ。

 より低価格で体への負担が少ない治療法が登場した中、PPHも診療メニューに加えておくのは、硬化療法にも、術後の再発や直腸筋層壊死の合併症など、問題点があるからだ。もちろん、PPHにも出血の危険性などがある。

 こうした状況を踏まえて八子氏は、「全周性の病変で肛門管が狭くないなどよい適用症例か、患者の強いリクエストがある場合にPPHを実施することにしている。体に負担の少ない痔の治療法は増えてきており、患者に多様な選択肢を提示することは医療機関の務めだと思う」と語っている。

クリニックぎのわん(沖縄県)
サプリや体質改善の治療も

 沖縄県宜野湾市。海を臨む海岸沿いにあるのが、統合医療センター・クリニックぎのわんだ。診療所は建物の1階で、2階には有限会社が入居し、デイサービスセンターや「トータルケアサロン・ウェルネス」を開設している。開院して6年目のこの医院では、通常の保険診療に加え、「代替療法」として様々な自由診療メニューを提供している。

 医師が患者と面接して健康状態を把握した上で、その患者に合った栄養補助食品を選ぶ「オーダーメイド・サプリメント」もその一つだ。クリニックの玄関を入ると、コエンザイムQ10や各種ビタミンなど80種類を超えるサプリメントが展示されている。

 更年期を迎え不定愁訴を訴える女性には、栄養に富んだヒトの胎盤由来の物質を注射や錠剤で提供する「プラセンタ療法」で、体質改善も図っている。

プラセンタは保険薬にもなっているが、適応が肝疾患に限られていたり、患者の年齢に制限があったりするため、希望する患者に自由診療で実施している。料金は、筋肉注射の場合でプラセンタ1本1500円だ。

 また、癌患者から免疫細胞の一種のNK細胞を採取し、増殖させて体内に戻す癌の免疫療法にも取り組んでいる。

 院長の天願勇氏は、沖縄県内の民間病院の院長を務めていた当時から、漢方や鍼灸といった東洋医学も診療メニューに取り入れていたが、それだけでは、患者ニーズに十分応えられないと感じていた。そこでクリニックぎのわんでは、東洋医学以外にも様々な治療法を提供することにした。

 そのために重要な役割を果たしているのが、「トータルケアサロン・ウェルネス」だ。生活習慣病患者に対する運動療法や整体師の手によるマッサージ、さらにアロマテラピーなども提供している。

診療所と有限会社で役割分担

 では、クリニックとサロンはどのような役割分担をしているのか。

 例えばサプリメントでは、1階の診療所でその患者に合ったサプリの紹介はするが、実際の販売は2階のサロンで行っている。プラセンタの場合、注射は1階の診療所で自由診療で行い、そのエキスが入った化粧品やサプリの販売はやはり2階で行っている。

 開業当初クリニックは赤字だったが、代替医療に取り組み始めてから、集患にもよい影響があったという。今、保険診療と自由診療の患者の割合はほぼ同じ。収支トントンの状態まで来ている。

 天願氏は、「クリニックとサロンは別組織だが、両者を統括するスタッフを配置したり、打ち合わせを綿密にしたりしている。今後も、地域に根ざした統合医療に取り組みたい」と語る。

「混合診療か否かは個別に判断」

 保険診療だけでは、多様な患者ニーズに十分応えられないことは、今や多くの医療関係者が認識している。しかし、インフルエンザなどの予防接種程度しか、保険外診療を行っていない診療所がまだ多数派だろう。

 その背景には、「混合診療」が、原則禁止とされていることが影響している。

 だが、健康保険法や療養担当規則が直接これを禁じているわけではない。厚生労働省保険局医療課は、「一連の診療行為で保険と自由診療の併用を禁じたのが混合診療の禁止。ただし、『一連』の定義は法令上定められておらず、個別に判断するしかない」と説明する。

 そこで、紹介してきたように、診療科やカルテを厳密に区分したり、組織・スペースを分けるなどの工夫をして、保険と自由診療の両立を図る診療所が出てくるわけだ。こうしたやり方について同課は、「直ちに違法とは言えない」とする。

 安倍政権でも混合診療の是非は議論に上りそうだが、すぐに解禁に結びつくとは考えにくい。それだけに、自由診療で患者満足度の一層の向上を図ろうとするのなら、実行力に加え、今後も、保険診療と両立させるための工夫が求められるだろう。

総合的な頭髪医療を手がけている城西クリニック。院長の小林一広氏の専門は、精神科だ

経口のプロペシア(右)、外用のミノキシジル(中)の発毛剤に加え、亜鉛を用いたオリジナルサプリメントなどを発毛治療で投与している

八子医院と院長の八子直樹氏

※ジョンソン・エンド・ジョンソンのリーフレットより、一部改変

先進医療に認定されている自動吻合器(写真上)。進行した内痔核(水色の部分)では、健康な直腸粘膜が伸びて痔核と一緒に肛門外に脱出する。そこでこの器械を肛門から挿入して痔核の上の直腸粘膜と血管を挟んで切除し、痔核を直腸内のより高い位置に針で止めて固定し、血流を遮断して痔核を縮小させる。

統合医療センター「クリニックぎのわん」と院長の天願勇氏。院内には、患者の状態に合わせて投与するサプリメントや、プラセンタ療法などの自由診療メニューが掲示されている(写真左)

高度技術が売り物の企業立診療所7カ月で23件の乳房再建手がける

 自由診療を行っている診療所で今一番注目されているのは、昨年7月、横浜市中区にオープンした「セルポートクリニック横浜」だろう。バイオマスターという大学発ベンチャー企業が、「高度医療」「自由診療」という枠組みの中で、構造改革特別区域を利用して開設した有床診だ。同クリニックは、「CAL組織増大術」というバイオテクノロジーを用いて、乳癌手術後の乳房再建や豊胸術などの美容外科医療を提供している。これは患者の腹部などから「幹細胞」を取り出し、特殊な処理を施して乳房に注入する技術。幹細胞は移植場所の組織になる性質があるため、乳房がふくらんでくる。3、4時間で終了するが、念のため1泊2日で行っている。料金はすべて込みで、乳房再建(片側)が140万円、豊胸術が300万円。今年2月初めまでに23例の手術を行ったという。社長の桑名隆滋氏は、「遠くはハワイや九州から来院した人もいた。3月末までは、院内の体制づくりのために週1例ペースで実施したい」と語る。ここまでの経験から桑名氏は、保険外の医療に対する患者のニーズが低くはないことを実感している。「保険診療が患者に必要な範囲をカバーしていても、それが十分かどうかは別。そこに高額な自由診療に対するニーズも出てくる」と語る。料金が高いだけに初診時の医師の説明にはたっぷり1時間かけている。オープン直後はマスコミで知って来院する患者が多かったが、3カ月を過ぎるとホームページを見て来院する患者が増えてきたため、その内容の充実には留意しているという。なお、桑名氏は、「医療を行う現場と技術開発の現場が密接になるので、株式会社が診療所を運営するメリットは大きい。CAL組織増大術は、手術の器具やテクニックにはまだ改良の余地があるので、なおさらだ」と語っている。

構造改革特区を利用し、自由診療で高度な美容外科医療を提供する「セルポートクリニック横浜」と、株式会社バイオマスターの代表取締役・桑名隆滋氏

プロペシアは、医薬品個人輸入サイト、オオサカ堂で通販できます
↓   ↓   ↓


>> プロペシアのご購入はこちらから(最安値) <<
>> 私はプロペシアで髪が生えました 証拠写真はこちら <<

プロペシア、添付文書追記(副作用)

男性型脱毛症用薬|フィナステリド

商品名:プロペシア(万有)

重大な副作用として、「肝機能障害:肝機能障害があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行うこと」を追記。


>> プロペシアのご購入はこちらから(最安値) <<
>> 私はプロペシアで髪が生えました 証拠写真はこちら <<

前立腺肥大症治療薬のフィナステリド(プロペシア)

加齢に伴うホルモン変化により発症する前立腺肥大症。60歳超の男性の半数以上に、70歳では90%に認められ、膀胱からの尿流が妨害されることで 頻尿や尿意切迫、夜間多尿などの症状が表れる。発症には、テストステロンをジヒドロテストステロンに変換する5α-還元酵素の活性低下や、膀胱頸部および 前立腺部尿道の過剰な緊張が関与しており、ソーパルメットやピジウムなどのサプリメントによる症状の緩和が報告されている。


患者さんからサプリメントのことをよく聞かれるけれど、どう答えていいかわからない──。そんな経験はありませんか? この講座では、「メ ディカルサプリメントアドバイザー認定講座」の教材から、サプリメントの安全性や有効性、作用機序、副作用、禁忌、相互作用などに関する最新情報をピック アップして、薬局窓口でサプリメントに関する中立的なアドバイスを行うために必要な基礎知識を学んでいきます。


サプリメント選定のヒント

【ソーパルメット(ノコギリヤシ)】

 ソーパルメット(ノコギリヤシ)は、アメリカ東沿岸に自生する低木のヤシ。その熟した果実からの抽出物がサプリメントとして市販されてい る。ソーパルメットは欧州などで、病期-機銑供雰攵匹覆い恵翕y症)の良性前立腺肥大症の治療に使用されており、夜間頻尿や尿勢低下など前立腺肥大症の症 状に対する改善効果が、複数の臨床試験で検証されている。

 臨床研究を網羅的に評価する国際プロジェクト、コクラン共同計画は、ソーパルメットをプラセボや前立腺肥大症治療薬と比較したランダム化 試験の系統的レビューを行っている1)。ランダム化比較試験21件(対象患者総数:3139人、試験期間:4~48週)を集積し、メタアナリシスを行った 結果、プラセボと比較してソーパルメット服用群では尿路症状や尿勢(尿流動態)、自覚症状のいずれにおいても、改善度が有意に高いことがわかった。また、 前立腺肥大症治療薬のフィナステリド(日本での商品名:プロペシア、日本では前立腺肥大症への適応はない)と比較した試験では、国際前立腺症状スコア (IPSS)で評価した尿路症状とピーク尿流のいずれも、ソーパルメットの服用群でフィナステリド服用群とほぼ同等の改善効果が認められることが明らかに なった。

 以上より、ソーパルメットは尿路症状と尿流量に軽度から中等度の改善をもたらすと結論付けられているが、前立腺肥大症の重症度が高いと効 果が見られないことがある。患者にソーパルメットの使用を相談された場合は、まず重症度を確認し、必要に応じて医療機関の受診を勧奨すべきである。また、 夜間頻尿の緩和や尿流量の増加など生活の質(QOL)の改善が生じるまでには、摂取を開始してから通常1~2カ月を要することをあらかじめ説明すべきだろ う。なお、ソーパルメットを前立腺肥大症の症状改善に用いる場合は、ステロールと脂肪酸の含有量(リポステロリック含量)が80~95%になるよう規格化 した抽出物の使用が推奨されている。

【β-シトステロール】

 β-シトステロールは、植物に含まれるステロール(ステロイド骨格を持つアルコール)の一つ。構造的にはコレステロールと類似しており、 果物や野菜、大豆、パン、ピーナツ、オリーブオイル、亜麻仁などに含有されている。先に紹介したソーパルメットの抽出物にも主成分の一つとしてβ-シトス テロールが含まれており、前立腺肥大症の症状改善に関与する成分の一つと考えられている。

 良性前立腺肥大症患者177人を対象に、ドイツで行われた多施設共同試験では、β-シトステロールを主成分とするマツ科植物抽出物(商品 名:Azuprostat)130mg/日またはプラセボを連日、6カ月間投与して、症状などの変化を調べた2)。その結果、β-シトステロール群ではプ ラセボ群よりも有意にIPSSやQOLスコアが改善、最大尿流量の増加や排尿後の残尿量の減少も認められた。

 なお、β-シトステロールには血清コレステロール値の低下作用があることも報告されており、日本では、脂質異常症(高脂血症)の患者向け 商品として販売されていることが多い。ただし、この場合の1日量の目安は800mg(分2~3で摂取)であり、前立腺肥大症の改善目的で用いる場合よりも 多いことに注意が必要である。

【ピジウム】

 ピジウム(Pygeum africanum、Prunus africanum)は、アフリカに自生する高木常緑樹。その樹皮から抽出 した成分は、古来から全身性の尿路障害や炎症、腎臓病、胃腸障害の改善や解熱に使用されてきた。前立腺肥大症の諸症状に対する改善効果が注目されるハーブ の一つであり、複数のランダム化比較試験で臨床症状の改善効果が報告されている。

 コクラン共同計画による系統的レビューでは、18件のランダム化比較試験(患者総数:1562人)のメタアナリシスが行われている3)。 それによると、ピジウム群では全般的な自覚症状の改善を報告する人がプラセボ群の2倍以上あり(相対リスク:2.1、95%信頼区間:1.4~3.1)、 夜間頻尿は19%、残尿は24%減少し、最大尿流量は23%増加することがわかった。

 日本では、パイゲウムあるいはアフリカプルーンとも呼ばれており、前立腺肥大症向けのサプリメントに、ソーパルメットやパンプキンシード(Cucurbita pepo)、ネトル、ビタミンAなどとともに配合されていることが多い。


▲ソーパルメットが向く人
・病期-機銑供雰攵匹覆い恵翕y症)の良性前立腺肥大症
▲ソーパルメットが不向きな人
・出血リスクが高い・血圧が高く、不安定・ホルモン治療を受けている・手術の予定がある


▲β-シトステロールが向く人・コレステロールが高めの人▲β-シトステロールが不向きな人・マツ科アレルギー


▲ピジウムが向く人・病期-機銑供雰攵匹覆い恵翕y症)の良性前立腺肥大症
▲ピジウムが不向きな人・特になし


プロペシアは、医薬品個人輸入サイト、オオサカ堂で通販できます
↓   ↓   ↓


>> プロペシアのご購入はこちらから(最安値) <<
>> 私はプロペシアで髪が生えました 証拠写真はこちら <<

プロペシアを服用している前立腺肥大症患者

男性ホルモンを減らしたい方へ。

男性ホルモンが原因で薄毛になっている方には、プロペシアの服用をおすすめします。
プロペシアに含まれている発毛物質、フィナステリドは脱毛の原因となる男性ホルモンを抑制し、薄毛に効果絶大です。
このブログの上の写真のように長年、薄毛で悩んでいた私も、フサフサになりました。

プロペシアはこちらです
↓  ↓  ↓  ↓  ↓


男性ホルモンを減らして、女性化を望んでいる方には、女性ホルモン剤人気ナンバーワンのエストロモンをオススメします。
多くのニューハーフ女性がエストロモンを服用し、心も体も女性になっています。

エストロモンはこちらです
↓  ↓  ↓  ↓  ↓

『日経ドラッグインフォメーション』(2008年07月号)

プロペシアを服用している前立腺肥大症患者

半年前に前立腺肥大症と診断され、総合病院の泌尿器科に通院している
53歳の男性Mさんが、受診した帰りに薬局を訪れました。
病状を確認すると、次のように話しました。

今日、おしっこの出がいまひとつなので先生に相談したら、今までの薬と働きが違う薬を出すと言われました。ほかに飲んでいる薬はないかと聞かれたので、プロペシアを先週から飲み始めたと答えたら、「それなら薬を追加せずにこのまま様子を見ましょう」と言われました。どういうことでしょうか。

処方せん

1 エビプロスタット錠 6錠
セルニルトン錠 6錠
1日3回 毎食後 28日分
2 ハルナールD錠0.2mg 1錠
1日1回 朝食後 28日分

※Mさんには、1週間前に皮膚科診療所からプロペシア(一般名:フィナステリド)が処方された。

Q 医師が当初、追加しようと考えていた薬剤は次のうちどれだと考えられるか。

1 β2刺激剤
2 抗ムスカリン剤
3 α1遮断剤
4 抗アンドロゲン剤

処方せんを読むの答

A
4 抗アンドロゲン剤
出題と解答 ● 東風平 秀博(田辺薬局株式会社)

 前立腺肥大症は、前立腺結節の肥大と前立腺平滑筋の緊張により尿道が閉塞し、尿の排泄障害を来す疾患である。治療は重症の場合を除き、α1遮断剤や抗アンドロゲン剤を中心とした薬物療法が行われる。

 中でもα1遮断剤は、前立腺平滑筋を弛緩させ尿道の抵抗を低下させる作用を持ち、即効性があるため第一選択薬として用いられることが多い。抗アンドロゲン剤は前立腺結節を直接縮小させる働きを有するが、-)峙/不全などの副作用がある-"効果発現までに1~2カ月ほど要する-A偉)腺癌をマスクする─などの欠点がある。Mさんの主治医も、まずα1遮断剤であるタムスロシン塩酸塩(商品名:ハルナールほか)や植物エキス製剤などを投与することで、症状の改善を図ったと考えられる。

 一方、1週間前からMさんが服用を始めたフィナステリド(プロペシア)は2005年に発売された男性型脱毛症の進行を遅らせる抗アンドロゲン剤である。男性ホルモンの一つであるテストステロンを、ジヒドロテストステロンに変換する酵素の働きを阻害することで脱毛を抑制する。本来は前立腺肥大症の治療薬で、肥大した前立腺の縮小効果をもたらす薬剤として、欧米で広く用いられている。使用した患者から「毛が生えた」という報告が相次ぎ、改めて発毛剤として開発されたという経緯がある。

 フィナステリドは前立腺肥大症に対して単独で用いるには効果が弱いため、海外ではα1遮断剤と併用されることが多い。α1遮断剤とフィナステリドとの併用の効果を調べた海外の臨床試験では、それぞれの単独投与よりも両剤を併用した方が症状進行のリスクを有意に低下させることが報告されている。

 また、国内の二重盲検比較試験では、フィナステリド(5mg/日)の前立腺肥大症に対する有用性は、わが国で前立腺肥大症への適応がある抗アンドロゲン剤のクロルマジノン酢酸エステル徐放錠(プロスタールLほか)とほぼ同等であることが示されている。フィナステリドは勃起不全などの副作用が少なく安全性にも優れている。

 従ってMさんの主治医は、前立腺の縮小効果がある抗アンドロゲン剤をさらに追加してMさんの症状改善を図ろうとしたが、フィナステリドに同様の作用が期待できるとして、経過を見ることにしたと考えられる。

 なお、Mさんに対しては、フィナステリドの服用は前立腺肥大症にも効果があることを説明し、自己判断で服用を中止しないよう指導する必要がある。また、フィナステリドを処方している皮膚科医にも、前立腺肥大症の治療を受けていることを伝えるべきであろう。

参考文献

1)臨床泌尿器科 2006;60(8):555-561.

2)泌尿器外科 1996;9(4):335-342.

こんな服薬指導を

先生が今回、新しいお薬を追加しなかったのは、Mさんが1週間前からプロペシアを飲み始めたからだと思います。プロペシアの成分は男性ホルモンを抑える働きがあり、前立腺を小さくして尿の通りを良くすることが確認されています。これまでMさんがお飲みになっていた前立腺肥大症のお薬と一緒に飲むことで、より高い効果が期待できます。先生は、Mさんがプロペシアを飲んでいなかったら、男性ホルモンを抑える働きを持つ、別の薬を追加しようとお考えになったのだと思います。飲むのをやめてしまうと、前立腺肥大症への効果が下がってしまいますので注意してください。また、前立腺肥大症の治療を受けていることを、皮膚科医の先生にもお話しするようにしてください。

>> プロペシアのご購入はこちらから(最安値) <<
>> 私はプロペシアで髪が生えました 証拠写真はこちら <<

リアップはプロペシアとの併用で効果が促進される



薄毛リアッププラスは〝発毛成分〞に進展なし 効果が高まるのは「プロペシアとの併用」


 男性型脱毛症(壮年性脱毛症)による薄毛。市販の発毛・育毛剤は多いが、今年のトピックは何といっても、ダイレクトOTC薬として大ヒットした「リアップ」(大正製薬)が9年ぶりに刷新され、「リアッププラス」として発売されたことだ。
 リアッププラスは、頭皮ケアなどの3つの成分を新たに配合したのが特徴。しかし、発毛の主成分であるミノキシジルの濃度は、従来品のリアップと同じ1%のままだ。「新成分によって頭皮環境が整うなど、従来のリアップに
比べて相乗効果があると考えられる。
ただし、リアップリアッププラスの効果を比べた試験は行っていない」(大正製薬)という。
 海外に目を転じると、リアップより濃度が高い2〜5%のミノキシジルが市販の薬に配合されている。濃度1%
と2%では「リアップの臨床試験で比べた際には、日本人への効果には大きな差がなかった」(同)。ただし欧米では、1%より2〜5%の濃度のほうが効果が高いことを示唆する報告や論文があるといわれている。リアッププラスの濃度が1%に据え置かれていることを考えると、リアップと比べて発毛効果が大幅に上がったわけではなさそうだ。
 市販の発毛・育毛剤は、リアッププラスや「NFカロヤンガッシュ」(第一三共ヘルスケア)など医薬品と、「サ
あなたの“常識”は非常識「皮脂が増えると、薄毛が進行する」皮脂の量が増える春夏でも抜け毛の量はほかの季節と変わらないなど、「皮脂の多さや毛穴の汚れと、髪の成長とは関係がない」(大阪大学医学部皮膚・毛髪再
生医学講座准教授の乾重樹氏)
「 発毛、発毛促進、脱毛の予防など効能の違いによって製品を選ぶべき」
髪の毛は発毛、成長、退行、脱毛という一連のサイクルを繰り返している。そのため「発毛」や「抜け毛予防」など効能書きが異なっても、程度の差はあれど効果には変わりない「 カラーリングによって抜け毛が増える」
これも俗説だが、「カラーリングが原因で抜け毛が増えることはあり得ない」(乾氏)。刺激が強くて皮膚炎を起こした場合でも、また髪は生えてくるという
 99年の発売当時に大ヒットしたリアップ。今でも、発毛・育毛剤市場でトップシェアを占めるブランドだ。今年1月、その後継製品である「リアッププラス」が発売された。ブランドの刷新で、新製品に飛び付くユーザーや回帰ユーザーの獲得を狙う。

●「プロペシア」が

 ひそかに市場拡大るのが、医療用医薬品「プロペシア」。売り上げは今や年間約110億円に上ると見られ、約300億円の市販品市場をも脅かす勢いで伸びている。

●育毛剤も“低価格路線”へ

 4割安い新製品登場 医薬部外品でも新製品が発売。今年2月に発売した花王の「サクセス 薬用バイタルチャージ」は、従来の同社高級育毛剤が約5000円だったところを2900円前後と大幅に安い。思い切って低価格にす
ることで、若いころから予防感覚で製品を使い続けてもらうよう促す戦略だ。
「AGA(エージーエー、男性型脱毛症)の大々的なテレビCMを行う万有製薬が販売す新製品が相次いだ発毛・育毛剤市場

●トップブランド「リアップ」が 今年モデルチェンジ

サクセス 薬用バイタルチャージ」(花王)、「薬用毛髪力ZZ」(ライオン)、「薬用アデノゲン」(資生堂)などの医薬部外品とに分かれている。医薬品であれば、「発毛剤」などと厚労省に申請した新しい効能・効果をうたえ、臨床試験のデータも広告に使える。医薬部外品は、決められた表現でしか効能・効果を表示できない。
 ただし、各社とも他社製品との比較試験はしていない、もしくは公表していない。医薬品、医薬部外品という違いだけでは、効果の差を客観的に比較できないのが実情だ。
 一方、医療の現場では、男性型脱毛症の治療に世界的に使われており、エビデンスも確かな成分は、前述したミノキシジルフィナステリドだけだといわれている。後者のフィナステリドを配合しているのが、医師が処方する内服薬「プロペシア」(万有製薬)。日本でも大々的な広告宣伝で、大衆薬に匹敵する知名度を得つつある。
 ミノキシジルなど市販の発毛・育毛剤の成分は、髪の毛が生えるもとになる毛乳頭を活性化させるものが多い。
一方、プロペシアに配合されているフィナステリドは、男性型脱毛症の原因である男性ホルモンに関連する酵素に働きかけるなど、働き方のメカニズムが異なるのが特徴だ。月間数千人の患者を治療している頭髪治療専門医院、城西クリニック院長の小林一広氏は
「今までの育毛剤成分よりも、高濃度のミノキシジルの実力は一段上のレベル。そしてフィナステリドは、さらにその上を行く」と説明する。やはり市販の発毛・育毛剤よりも、プロペシアのほうが効果が高いのは確かなようだ。
 ただし前述したように、プロペシアは働き方のメカニズムが市販の発毛・育毛剤の成分とは異なる。そのため、プロペシアと市販の発毛・育毛剤を併用することで効果がより上がるのではというのが、医師やメーカーの意見だ。
実際、城西クリニックでも、治療ではフィナステリドミノキシジル(2%)とを併用している。プロペシアミノキシジルについては、併用によって効果がより上がったというデータがある。他製品でも働き方がプロペシアと異なるため、併用を試みてもよいのではないか」(大阪大学医学部皮膚・毛髪再生医学講座准教授の乾重樹氏)。
 軽度改善は、本人には気づきにくいが、他人が見ると髪が増えたとわかる程度の効果。「他人だけでなく、本人も髪が増えたと自覚できる境目は中等度改善と著明改善」(乾氏)。リアップやカロヤンガッシュ、プロペシアで公開されているデータによれば、中等度・著明改善の割合は約3 ~ 4割だ。
なお、男性型脱毛症は放っておくと進行することから、「不変」であっても効果として認められている。

リアッププラス
(大正製薬)
●実勢価格/ 5500円(60㎖)
 ミノキシジルには発毛を促進する因子を作り出す働きがあり、海外でも広く使われている成分。右図は、濃度が同じ1%であるリアップの臨床試験データ。リアップは発売後も約4年間の効果調査が行われているが、右図
とほぼ同じ結果だという。

主成分:ミノキシジル

プロペシア
(万有製薬)
●参考価格/ 1錠約250円
 臨床試験では1年間投与での改善率は約6割、3年間投与(左下図)では約8割と、長く飲み続ければ高い効果が得られる傾向にある。男性ホルモンにかかわる薬だが、「3年間の投
与試験では性機能に関する副作用報告は見られなかった」(万有製薬)。
プロペシアを飲む場合の費用は、診察料込みで月1万円前後が目安。

成分:フィナステリド
リアップの海外版ブランド「ロゲイン」のご購入はこちらから
値段はリアップの3分の1とお買い得です!
↓   ↓   ↓


リアップ、ロゲインよりもさらにお買い得な
カークランド・ミノキシジル5%のご購入はこちら
↓   ↓   ↓


>> プロペシアのご購入はこちらから(最安値) <<
>> 私はプロペシアで髪が生えました 証拠写真はこちら <<

男性型脱毛症治療薬フィナステリドの使い方

男性型脱毛症治療薬フィナステリドの使い方

効果判定の目安は服用開始6カ月後

NTT東日本関東病院(東京都品川区)皮膚科部長 五十嵐  敦之


 フィナステリド(商品名プロペシア)は、前立腺肥大症治療薬の研究中に発毛作用が認められたことをきっかけに開発された経口薬で、男性型脱毛症に効果を示す。男性型脱毛症は、壮年性脱毛とも呼ばれ、前頭部と頭頂部の頭髪が薄くなり、最終的には後頭部と側頭部を除いて脱毛が進行するタイプの脱毛症である。その本体は、成長期毛の減少と、毛髪の軟毛化である。

毛母細胞のアポトーシスを防ぐ

 男性型脱毛症の患者では、血中の主な男性ホルモンであるテストステロンが、前頭部や頭頂部の毛乳頭細胞に入ると、2型5α-還元酵素によってより強力な男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)に変換される。すると、毛乳頭細胞でTGF-β1の産生が亢進し、毛母細胞がアポトーシスを起こす。その結果、毛母細胞が休止期へ移行して毛の発育が抑制され、徐々に毛髪が軟毛化する。

 フィナステリドの作用機序は、2型5α-還元酵素を阻害し、テストステロンがDHTへ変換されるのを阻害することである。具体的には、成長期毛の増加や、毛髪の伸長や太さの改善、毛髪量の増加などの効果が期待できる(図1)。なお、フィナステリド自体にはホルモン様作用はなく、DHT以外の全身のホルモンには影響を与えない。

 フィナステリドは1日1回の内服薬で、日本では、2005年12月に0.2mg錠と1mg錠が発売された。海外では、1997年に1mg錠が米食品医薬品局(FDA)に承認されて以来、現在までに66カ国、計260万人以上の使用経験がある。

 国内におけるフィナステリドのプラセボ対照二重盲険比較試験において、投与1年後の頭頂部写真判定で軽度改善以上の改善が認められた割合は、1mg錠で58%、0.2mg錠で54%であった。さらに、不変以上、すなわち服薬開始時の状態を維持することができたケースを含めると、9割以上の被験者で効果が確認された。頭頂部、前頭部ともに有効であるが、頭頂部の方がやや改善度が高かった。

 この臨床試験では、フィナステリド0.2mg群と1mg群の間で、有効性に有意差が認められなかった1)。そのため、世界標準は1mg錠であるが、わが国では0.2mg錠と1mg錠の2剤形が発売されることになった。

 発売後に行われたフィナステリド1mgを3年間投与した長期投与試験の結果、時間が経過するほど、抜け毛の進行抑制や改善効果が実感されることが明らかになっている。また、この試験では長期間投与しても副作用発現率が低いことも確認された2)。治療目標は脱毛の進行遅延に

 フィナステリドは、薄毛が気になり始めたときに服用を開始するのが最も有効である。患者には、まずは脱毛の進行を抑制し現状を維持することが目標であり、その次の目標が髪の毛を増やすことであると説明すべきである。また、抜け毛が減ったかどうかは患者が実感する最初の効果の目安だが、薬剤の効果が確認できるまでには通常6カ月の服薬が必要である。6カ月投与しても脱毛の進行遅延が見られない場合は、継続投与について検討する必要がある。

 薬剤の選択については、副作用発現率が比較的低いことから、0.2mg錠と1mg錠のどちらを選択してもよいと考える。いずれにせよ、念のために、初回は2週間から1カ月分程度の処方を行い、問題がないことを確認した上で、長期間の処方を検討する。90錠入りのボトルも発売されている。

 なお、フィナステリドには健康保険は適用されない。1錠当たりの価格は250円前後であり、1カ月の医療費は薬剤費込みで1万円前後が標準のようである。血清PSA値は低下

 副作用に関しては、当初、性欲減退など性機能に関連するものが懸念されたが、日本における臨床試験では、フィナステリド1mg群で、139例中7例(5.0%)、0.2mg群で137例中2例(1.5%)。プラセボ群では、138例中3例(2.2%)であり、各群での副作用発現率に差はなく、副作用のために投与を中止した症例はなかった。

 性機能関連以外の副作用では、脂質異常症(高脂血症)、下痢、胃不快感、熱感、腸内ガスが認められた1)。また、国内臨床試験における24歳から50歳の男性型脱毛症患者において、血清前立腺特異抗原(PSA)濃度が約40%低下した。

 これについては、海外で行われた臨床試験でも高年齢層の前立腺肥大症患者へのフィナステリド投与により血清PSA濃度が約50%低下していた。そのため、本剤を投与中の患者に対して前立腺癌のスクリーニングの目的で血清PSA濃度を測定する場合は、2倍した値を目安として評価する必要がある。

 男性型脱毛症は女性にも認められるが、閉経前の妊娠可能な女性が妊娠中に服用すると、男子胎児の外性器の発育に影響を及ぼす可能性があるため、フィナステリドの使用は避けるべきである。また、閉経後女性の男性型脱毛症においても、海外臨床試験で有用性が認められなかったことから使用すべきではない。

 フィナステリドは既存の外用発毛剤に比べて有効性が高いが、失われた毛髪が昔のようによみがえるというものではない。来院した時点で脱毛がかなり進行した患者には、過度な期待感を抱かせないよう注意が必要である。効果およびその限界について十分説明し、適切なインフォームド・コンセントにより処方することが大切である。


図1 男性ホルモンの代謝とプロペシアの作用部位

フィナステリドは、2型5α-還元酵素を阻害し、テストステロンがジヒドロテストステロンに変換されるのを阻害して、脱毛の進展を抑制する。

プロペシアは、医薬品個人輸入サイト、オオサカ堂で通販できます
↓   ↓   ↓


>> プロペシアのご購入はこちらから(最安値) <<
>> 私はプロペシアで髪が生えました 証拠写真はこちら <<

アボルブ、5α還元酵素を阻害して前立腺肥大症を改善

アボルブは海外でアボダートという名前で販売されています。

本来は前立腺肥大の治療薬として使われていましたが、近年は発毛効果が注目されています。

詳しくはこちらの記事をご覧下さい。


アボダートは、医薬品通販サイト「オオサカ堂」で購入できます。

薬価は1箱(30錠) 4,913円から。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓


 前立腺肥大症治療薬のデュタステリド(商品名:アボルブ)は、男性ホルモンの一種であるテストステロンを、より活性の高いジヒドロテストステロンに変換する5α還元酵素を阻害する薬剤であり、その作用機序から「5α還元酵素阻害剤」に分類されている。

 同じ5α還元酵素阻害剤に分類される薬剤として、既に本邦ではフィナステリド(プロペシア、薬価基準未収載)が「男性における男性型脱毛 症の進行遅延」の適応で臨床使用されているが、前立腺肥大症に適応を持つ5α還元酵素阻害剤としては、今回承認されたデュタステリドが日本初となる。

 前立腺肥大症の薬物療法では、タムスロシン塩酸塩(ハルナールDほか)に代表されるα1受容体遮断剤を中心に、クロルマジノン酢酸エステル(プロスタールほか)などの抗アンドロゲン剤、植物エキス配合剤、漢方製剤などが使用される。

 中でも、α1受容体遮断剤は、前立腺の平滑筋を弛緩することで尿道抵抗を低下させ、排尿障害を改善する薬剤として、現在、前立腺肥大症の第一選択薬となっている。だが同剤は、自覚症状は改善するものの、前立腺を縮小する作用は持っていない。

 一方、抗アンドロゲン剤は、前立腺の縮小効果はあるが、勃起不全を引き起こしたり、前立腺癌のマーカーである血清PSA(前立腺特異抗原)値を低下させ、前立腺癌の早期診断を困難にするという問題が指摘されてきた。

 今回、承認されたデュタステリドは、5α還元酵素の阻害により、肥大した前立腺の縮小を図るとともに、下部尿路症状を軽減したり、尿流を改善する効果が確認されている。承認された用法・用量は「1回0.5mg(1錠)を1日1 回経口投与」である。

 国内臨床試験では、副作用(臨床検査値異常を含む)が10.9%に報告されている。主な副作用は、勃起不全(3.2%)、リビドー減退(1.7%)、乳房障害(1.5%)などである。

 海外では、2001年11月に米国、2002年7月に欧州で承認されて以降、2009年3月現在、世界85カ国で承認されている。


>> プロペシアのご購入はこちらから(最安値) <<
>> 私はプロペシアで髪が生えました 証拠写真はこちら <<

脱毛は受診してプロペシアで改善

 洗髪するたびに抜け毛が増えていると感じているDさん(39歳)。妻にも薄毛を指摘され、他人の目も気になって仕方がない。育毛剤を使ってみようかと悩んでいる。

 毛髪は、外界からの刺激や直射日光などから頭部を守り、体内にたまった水銀などの有害物質を体外へ排出する役割を果たしている。

 1つの毛穴から2~5本ほど生えており、総本数は平均10万本程度。髪の毛1本1本には寿命があり、1日平均50~70本は自然に抜け落 ちる。だが、通常は再び生えては抜けることを繰り返している(ヘアサイクル)。毛髪を作る毛包は、成長期(2~6年)、退行期(2週間)、休止期(3~4 カ月)という経過をたどっているのが一般的だ。

 しかし、何らかの原因でヘアサイクルが崩れると、新しい毛が生えてこなかったり、コシが弱くて細い産毛の状態から成長せずに抜け落ちたり することがある。成人男性に一番多い、このような脱毛を「AGA(男性型脱毛症)」と言う。AGAの人は全国で1260万人、そのうち気にかけている人は 800万人、何らかのケアを行ったことのある人は650万人と言われている。

 代表的な原因は、遺伝のほかに、男性ホルモンの影響が大きい。AGAの脱毛部には、活性型男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステ ロン)が高濃度に見られる。DHTは、受容体(レセプター)と呼ばれるたんぱく質と結合し、髪を生み出すもとである毛母細胞に髪の成長を抑制する信号を発 信。毛母細胞は髪の成長期を数カ月~1年に短縮させてしまい、髪の毛は長く太く成長する前に抜けてしまう。

 AGAは、思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなっていくのが特徴だ。具体的には、洗髪やブラッシング時に抜け毛が多い、太くてコシがあった髪が産毛のような細い髪になってしまうといったことが起こってくる。

悩みを話すだけでも受診は有効

 AGAは進行性なので、何もせずに放っておくと髪の毛の数は減り続け、徐々に薄くなっていく。気になった時は、市販の育毛剤を使うことも1つの方法だが、皮膚科などで専門医に診てもらうという選択肢もある。

 診察では問診と視診が行われる。視診で重要なのは、本当にAGAかを見極めることだ。一言で脱毛と言っても、円形や卵形に髪の毛が抜ける円形脱毛症、フケや抜け毛が増える粃糠性脱毛症、ストレスなどで自分の髪の毛を抜いてしまう抜毛症など様々ある。

 AGAと診断がつけば、市販の育毛剤の説明をされたり、希望すれば薬が処方されるだろう。近年、飲むタイプの治療薬フィナステリド(商品 名プロペシア)が登場したことで、脱毛抑制効果が期待されている。塗り薬のミノキシジルは血管拡張作用があり、発毛の促進に役立つ。これらを併用すると効 果が高まる。1カ月ごとに通院し半年くらいすると、初診から比べて、脱毛抑制や遅延、髪にコシが出るなど、何らかの効果が得られる人が多い。

 洗髪時はシャンプーを泡立て、頭皮をマッサージするように優しく洗う。強すぎたり、1日に何度も洗ったりすると毛穴の油脂まで取れてしま い、皮膚のバリア機能が弱くなる。日常生活では、過度のストレスを感じると血管の筋肉が収縮して細くなり、毛根部に栄養が十分運ばれなくなるので注意した い。禁煙も重要だ。また、食事の栄養バランスに気を配りたい。亜鉛やビタミンが不足すると髪にコシがなくなるので、特に摂取してほしい。

 脱毛が気にかかり始めると、仕事の能率が下がり、自分に自信がなくなるといった精神的苦痛が深刻な人も多い。今までは「脱毛なんかで受診 していいのか」「恥ずかしくて相談できない」などの理由で、病院の敷居は高かったかもしれない。しかし、人に言えない脱毛の悩みを医師に吐き出せば、気持 ちが楽になるだろう。それだけでも、受診の意味は大きいはずだ。

(談話まとめ:内藤 綾子=医療ジャーナリスト)


プロペシアは、医薬品個人輸入サイト、オオサカ堂で通販できます
↓   ↓   ↓


>> プロペシアのご購入はこちらから(最安値) <<
>> 私はプロペシアで髪が生えました 証拠写真はこちら <<


オオサカ堂で人気のオススメ発毛薬
医師の処方が必要ない、医薬品の個人輸入なら1997年設立、全品メーカー純正、成分検査実施、送料無料の「オオサカ堂(大阪堂)」がおすすめです。
リンク先の商品ページの下の方に使用者のレビューが掲載されています。参考にしてください。
「オオサカ堂」はまとめ買いがお得です。

>>オオサカ堂の購入体験記はコチラ!

◆◆◆フィナステリド系

アメリカ版プロペシア
 AGAで悩む多くの人に効果が確認され、世界でもっとも普及している人気ナンバー1発毛薬です。発毛成分フィナステリドを含有。1日1錠、半年ほどの服用で効果を実感できるようになります。個人輸入でのプロペシアのご購入は、国内最安値の「オオサカ堂」がおすすめです。上のプロペシアの画像をクリックすると販売ページに進みます。詳しくは、こちらの記事もどうぞ。


オーストラリア版プロペシア
 今、もっともおすすめのプロペシア。2015年8月からオオサカ堂に登場しました。成分・メーカーはアメリカ版と変わりませんが、価格が安いです。詳しくは、こちらの記事をどうぞ。


フィンペシア
 プロペシアと同じ発毛効果がありながら、処方された「プロペシア」の10分の1の価格でお買い求めできます。インドのシプラ社が販売。当ブログ管理人もフィンペシアを毎日、飲んで、AGAを克服しました。おすすめします。オオサカ堂は、まとめ買いがお得なので、私はいつも3箱、買っています。
その他のプロペシア・ジェネリックについては、こちらの記事をどうぞ。


フィナロイド
 フィナステリド配合のAGA治療薬。フィンペシアと同成分でsぐあ、値段が安いです。今後、プロペシア・ジェネリックの新定番商品になりそうです。 詳しくはこちらの記事をどうぞ。

◆◆◆デュタステリド系

アボダート
 プロペシアを超えるAGA治療薬の最終兵器です。有効成分のデュタステリドは、男性型脱毛症の原因である5α還元酵素の1型、2型ともに抑制します。2型5α還元酵素しか抑制できないプロペシアの1.5倍の発毛効果があるとされています。デュタステリドは日本でAGA治療薬として認可され、ザガーロとして発売されました。詳しくは、こちらの記事をどうぞ。


爆毛根
 新AGA治療薬デュタステリドとミノキシジルを配合した外用育毛剤。詳しくは、こちらの記事をどうぞ。

◆◆◆ミノキシジル系

ミノキシジルタブレット
 タブレット状の飲むミノキシジル。劇的な発毛効果があったという報告が多数ある発毛最終兵器です。効果は抜群ですが、人によっては心臓に負担がかかる場合があります。異変を感じたら服用を中止しましょう。ミノキシジルタブレットはプロペシアとは発毛作用が異なるので、プロペシアとの併用で相乗効果があります。詳しくは、こちらの記事をどうぞ。


ロゲイン
 外用発毛薬、リアップのアメリカ版ブランドです。発毛成分ミノキシジル含有。プロペシアとの併用で、発毛効果がアップします。また、値段はリアップの1/3ですから、お買い得です。


カークランド・ミノキシジル5%
 リアップ、ロゲインより安価な外用ミノキシジルのジェネリック品です。ミノキシジル配合なので、成分と発毛効果はリアップ、ロゲインと同等です。「カークランド」は量販店コストコのプライベートブランドで信頼性が高いです。詳しくは、こちらの記事をどうぞ。


フォリックスFR02
 ミノキシジル2%、アデノシン、プロシアニジンB2、プロキャピルなどを配合した外用育毛剤。


フォリックスFR05
ミノキシジル5%、アデノシン、プロシアニジンB2、プロキャピルなどを配合した外用育毛剤。


フォリックスFR07
ミノキシジル7%、アデノシン、プロシアニジンB2、プロキャピルなどを配合した外用育毛剤。


フォリックスFR12
 ミノキシジル硫酸塩12%、フィナステリド、アルファトラジオール、アデノシン、フォリックサンを配合した外用育毛剤。


フォリックスFR15
 ミノキシジル15%、アデノシン、プロシアニジンB2、プロキャピルなどを配合した外用育毛剤。


フォリックスFR16
 ミノキシジル16%、フィナステリド、アデノシン、トリペプチド-1銅、プロキャピルを配合した外用育毛剤。

◆◆◆その他

L-リジン
 育毛に効くサプリメント。L-リジンは体内で生成できず、外部からの摂取が必要な必須アミノ酸の一つですが、薄毛を予防し、育毛効果を促進し、リアップやロゲイン等のミノキシジルの効果を増加させる働きがあります。ミノキシジルを使用している人は、併用するといいでしょう。詳しくは、こちらの記事をどうぞ。


ニナゾルシャンプー
 抜け毛及びフケ防止に効果的な成分「ケトコナゾール」を配合したシャンプー。薬用のため、個人輸入でしか購入できない特別なシャンプーです。詳しくは、こちらの記事をどうぞ。

お支払いはポイントを貯めやすい楽天カードをおすすめします! 今なら新規お申し込みでポイント大量プレゼント中! 私も使ってます♪
コメント(何でも聞いてください。管理人が答えます)
ブログランキング
ブログランキング
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター

    タグクラウド