プロペシア・フィンペシア通販個人輸入情報

薄毛、ハゲ効果のある発毛医薬品プロペシア、フィンペシア、ロゲイン、リアップ、ポラリス、ミノキシジルタブレット、ザガーロなどの口コミ情報をお届けします。100%正規品で成分検査を実施しているオオサカ堂(大阪堂)なら、送料無料で処方薬を安価に購入できます。

育毛に効果抜群、プロペシア

朝日新聞
2005年10月12日     朝刊     2経済     013     00390文字
    

日本初「飲む発毛薬」 万有製薬、来月末にも全国発売

 万有製薬は11日、国内初となる男性用の飲む発毛薬「プロペシア」を11月後半にも全国の皮膚科などの医療機関を通して発売すると発表した。発毛剤は頭皮につけるタイプが一般的だが、内服剤の投入で発毛・育毛剤市場の競争が激化しそうだ。
 プロペシアは錠剤で1ミリグラム、0・2ミリグラムの2種類。脱毛症の原因物質とされる男性ホルモンの一種「ジヒドロテストステロン」(DHT)の生成を抑制する。
 臨床試験で1年間、1ミリグラムの錠剤を投与したところ、58%の被験者で改善効果が認められた。ただ、4%の被験者に性機能障害などの副作用が出たという。
 プロペシアを購入するには医師の処方箋(しょほうせん)が必要で、保険給付の対象外となる。メーカー参考価格はいずれも1錠あたり250円(税抜き)。1日1回、内服する。
 プロペシアは万有製薬の親会社の米メルクが開発し、世界60カ国以上で販売されている。

プロペシアは、医薬品個人輸入サイト、オオサカ堂で通販できます
↓   ↓   ↓

>> プロペシアのご購入はこちらから(最安値) <<
>> 私はプロペシアで髪が生えました 証拠写真はこちら <<

育毛には錠剤治療薬プロペシアを

朝日新聞
2005年09月24日     朝刊     be週末e4     012     01356文字
   

(サザエさんをさがして)育毛剤 悩める人のカミのもと

 女性ならばシワ、男性ならば髪の毛。50年後の今も、悩みは同じだ。
 波平は、この作品掲載以前から「けはえぐすり」を使っていたようだ。マスオがひげそり後に、アフターシェーブローションと間違えてあごに塗り、ひげがはえてきたこともあった(52年1月)。
 昭和初期の32年に養毛剤を売り出した加美乃素本舗の生き字引、青柳大典さん(63)は、「戦争で途絶えた生産が51年に復活し、ラジオやテレビなどで宣伝したので、この漫画に出ているのもうちの製品でしょう。でも波平は、もう手遅れの状態」と厳しいご意見だ。
 波平の苦悩は続く。髪の毛がついた櫛(くし)が室内に落ちているのに気づいたフネが「だれです。クシをつかいっぱなしのひとは!!」と怒る。波平は「わしではないぞ!!」と答え、フネに「むろんです!」と言われて「さびしい」ともらす(55年11月)。
 さらに、ついに打つ手がないと悟ったのか、かつらをつけて帰宅し家族のブーイングを浴びる(67年9月)。
 そんな波平にも「ふさふさ」の時代はあった。押し入れにあった黒髪の若い男性の写真を見つけたワカメは、フネからお父さんの写真だと聞き、今の父親は2度目なのかと泣く。波平は「わしゃそれほどかわっとらんぞッ!」(65年8月)。
   *
 波平のため息に共感する人は今、どのぐらいいるのだろう。加美乃素本舗の青柳さんは、髪の悩みをもつ成人男性は1千万人と推測する。「若い頃から頭皮マッサージをしていれば、波平のようにはなりません。現に、私の父と兄は薄いですが、私はこの通り。カツオにも遺伝とあきらめず、毎日のお手入れを勧めたい」
   *
 80年代に入って、資生堂などが発売した育毛効果を高める商品がヒットし、参入するメーカーが相次いだ。中国製育毛剤もブームになった。そして今、若い男性や女性も髪に悩む。
 資生堂は、現在の育毛・養毛剤市場を350億円と推定、数千円以上の高額商品が主流と見ている。新成分を配合した話題の商品が出るたびに消費が伸び、悩める人たちの心情がうかがえる。
 頭髪医療に力を入れている東京・新宿の城西クリニックには月に2400人の患者が訪れる。男性の7割が20代、30代だ。女性は全体の2割で、30歳前後と50歳前後が多く、ここ2年ほどで急増したという。小林一広院長(43)は、欧米型の食事や不規則な生活習慣、ストレスなどが要因と話す。
 治療には、発毛剤プロペシアを使う。飲み薬で、97年に米食品医薬品局に認可され、日本でも近く厚生労働省から認可されるという。外用薬として日本でも商品化されている発毛を促進する成分ミノキシジルも併用。治療費は健康保険がきかず、1カ月1回の診察と薬代で月3万円ほどかかる。
 「波平の状態がマスオ並みになると、治療に期待する人が多い。改善が認められても、本人が治ったと思わないこともあるし、まだまだの状態でも本人は満足というケースもある」と、精神神経科が専門の小林院長はいう。「はげるメカニズムは、まだ分からないことが多い。カミのみぞ知るです」
 (吉野園子)
 <1958年11月16日朝日新聞朝刊 (C)長谷川町子美術館>

プロペシア(オーストラリア版)はこちらから通販できます
↓   ↓   ↓

>> プロペシアのご購入はこちらから(最安値) <<
>> 私はプロペシアで髪が生えました 証拠写真はこちら <<

薄毛、抜け毛が気になったら、プロペシアを

朝日新聞
2003年05月13日     朝刊     マリオン特集6     017     01129文字
   

育毛剤 脱毛原因の究明進み、効果高い新製品続々 マリオンプラス

 髪はおしゃれの大きなポイント。男だっていろいろ楽しみたい。そのためにも、「あぶないな」と思ったら即、対応を。育毛剤も、進歩しています。
    ◇
 東京の会社員Aさん(35)は、14年前の朝の出来事をきのうのことのように思い出す。目が覚めると、髪の毛がびっくりするほど枕にへばりついていた。
 「あわてて近所の薬局に走り、店にあった中でいちばん高い6千円の育毛剤を買いました」
 しかし、その後も抜け毛がひどく、頭部は見る見る薄くなっていった。「そのときは3カ月くらい使いました。でも、あまり効果がなかったみたいです」
 今は1本千円ほどの育毛剤を毎朝、頭全体に振りかけている。薬用シャンプーで洗髪も欠かさない。床屋さんに洗い方を教わって、ツメを立てずに頭皮をマッサージし、毛穴の汚れを取るよう心がけている。「頭皮を元気にするには、まず全身から」と、鉄分やカルシウムのサプリメントも飲んでいる。
 が、髪の後退は「見る見る」ほどではないが、「じわじわ」と着実に進んでいる。
 毛が薄くなっていくのはなぜか。毛髪は2~6年かけて伸び、その後、新しい毛に押し出されるように毛穴から抜け落ちる。しかし、男性型脱毛症では、抜けるまでの期間が1~2年程度に縮まり、毛髪は次第に細く短くなってしまう。
 分子生物学の進展で、こうした変化が起こる仕組みの解明が進んでいる。(1)頭皮の血行が悪くなって酸素や栄養が不足する(2)男性ホルモンの影響で発毛を抑制する物質ができる(3)毛髪を作る毛母細胞を再生する幹細胞の働きが衰える、といった要因が浮かび上がってきた。
 原因究明の成果を踏まえて、育毛剤も進歩が著しい。大正製薬が99年に発売して大ヒットした「リアップ」は、毛乳頭に直接作用し、血行も促進する。
 花王が2月に発売した「サクセス薬用フラバサイト」は、毛髪の成長にブレーキをかける「TGF-β」という物質の働きを抑制する。
 米国メルク社が98年から「プロペシア」などの商品名で販売している飲み薬(錠剤)は、男性ホルモンの活性化酵素を抑える。日本でも04年度中の発売が予定されている。東京医科大の坪井良治教授(皮膚科)は「従来の育毛剤とは効くメカニズムが違い、併用することでさらに大きな効果が期待できます」と話す。
 冒頭のAさんは独身。女性の目が気にならないと言えばウソになる。「本当に効くものなら、多少お金がかかっても試してみたい」と期待をかける。
 ただ、すっかり毛髪がなくなったところに毛を生やす薬は、まだない。坪井さんは「髪のボリューム感が減ったり、寝ぐせがつきにくくなったりするのは、毛髪が細くなり始めた兆候です。早めに育毛剤などの利用を考えた方がよいでしょう」と助言する。

プロペシアは、医薬品個人輸入サイト、オオサカ堂で通販できます
↓   ↓   ↓


>> プロペシアのご購入はこちらから(最安値) <<
>> 私はプロペシアで髪が生えました 証拠写真はこちら <<

AGA、薄毛に効果のあるフィナステリド

朝日新聞
1999年06月10日     夕刊     YU1     005     02843文字
   

育毛剤 研究所ルポ(週刊You・meジャーナル) 【大阪】

 「最強の発毛剤」とうたった週刊誌もあれば、「究極の毛生え薬?」と書いた新聞もあった。米国生まれの発毛剤ミノキシジルを配合した大正製薬の「RiUP(リアップ)」のことだ。三日の発売以来、薬局や薬店には客が殺到し品切れが相次いでいる。ハゲや薄毛で悩む男性は国内で一千万人を超すというのだから無理もないかもしれないが、どっこい日本の毛髪用薬の開発は世界の最前線を走っているのだ。業界トップシェアの「薬用不老林」で知られる資生堂の研究所を訪ねてみた。(諸岡亨)
 ◆ササニシキ
 ササニシキ、ヒノキ、冬虫夏草……これらが何の材料か分かるだろうか。
 横浜市港北区にある資生堂第一リサーチセンターの素材開発研究所では、こういった素材から抽出したエキスから薬効成分を見つけ出し、育毛剤の開発に役立ててきた。
 素材探しのため、研究員や契約商社の商社マンが国内はもとより、世界各地を飛び回っている。その土地の伝承や民間療法、薬草などの情報を収集し、発毛や脱毛予防に効きそうなものがあれば出向いて採集する。最近では東南アジアや中南米が「素材ハンター」らの主戦場なのだそうだ。
 ちょっとしたうわさのたぐいでも侮れない。例えば、一九八六年に発売した『薬用育毛エッセンス』。「稲穂で頭をたたいたら毛が生えてきた」という東北・宮城でのうわさをきっかけに、研究員が調べたところ、ササニシキから頭皮の保湿効果のあるエキスが見つかった。配合して売り出したところ大ヒットした。
 「日本人は外国に比べハゲを気にしている人が多く、新しい薬効情報にも敏感です」と主任研究員の田島正裕さん(四八)はいう。
 取り寄せた素材は成分分析して、毛髪細胞を使って効能を確かめる。十年ほど前は実際に人間で試していたが、ここ数年で毛髪細胞の培養技術が確立され、手軽に調べることが可能になった。美容整形で切り取られた頭皮を病院から譲り受け、培養して使ったりもするのだそうだ。
 ◆実証してこそ
 育毛剤が本当に効くかどうかを確かめるには臨床試験が不可欠だ。
 資生堂では通常、百人の被験者に育毛剤を六カ月間連続で使ってもらい、効能を調べている。被験者は機密保持のため社員から選んでいる。研究所や本社内に回覧を回してハゲている人を募集しているが、年齢によるものや円形など男性型脱毛でない場合もあるため、候補者全員の頭頂部の写真を撮って、男性型かどうかを確認して指名。研究員が大阪など各地の支社や営業所に出張し、頭の薄い社員をスカウトしてくることもあるという。
 同研究所によると、十年ほど前までは、データ収集のため被験者の行動を厳しく制約し、床屋へ行く日も決められていた。ひと月のうち定められた一週間は研究所で髪を洗ってもらい、ざるや布でこした抜け毛を一本一本ピンセットで拾って、本数や傷み具合などを調べていたが、髪のメカニズムの解明が進んだ今は、そうした制約は少なくなったという。
 手の込んだ実験では、研究者自らが実験台になることも珍しくない。二十代後半から髪が薄くなり始めたという主任研究員の田島さんは、カメラで自分の頭頂部を撮って研究資料にしている。「身をもって実証しているからこそ、自信をもって売り出せるんです」
 ◆ライバル
 「リアップ」人気について、資生堂は「発毛促進や養毛、脱毛予防など総合的な効果を狙うのがうちの製品の特長。リアップとは設計思想が違う」(広報室)と対抗心も見せる。研究所では、薬効をアップさせる化学物質の研究も進められている。昨年出した「薬用不老林ライブX」では、親水性、親油性両方の性質をもつ「デルアミド」という物質を使って薬効成分の浸透力を従来品の数千倍から数万倍に引き上げた。デルアミドは資生堂が試行錯誤の末、十年近くかけて合成したものだ。
 「リアップ」の販売決定で国内が騒然としていた先月二十六日、田島さんは地球の裏側のチリ・サンティアゴで開かれた国際化粧品技術者会連盟の国際会議でデルアミドの成果を発表した。この会場で質問攻めにあったという田島さんは「ミノキシジルの登場で毛髪の分野に大企業も動き出した。二十一世紀はメーカーが技術でしのぎを削る時代になる」と予測する。
 ◇「遺伝だから治らない」って本当? 阪大助教授の板見氏に聞く
 ハゲは治せるのだろうか。リアップを超える薬は出てくるのだろうか。脱毛のメカニズムに詳しい大阪大学医学部の板見智・助教授(皮膚科)に聞いた。
 Q ハゲといっても一口では説明できないのでしょうね。
 A ストレスをきっかけとした自己免疫疾患による円形脱毛症や出産後のホルモンバランスを崩したもの、甲状せんなどの内分泌異常によるもの、貧血によるものなどいろいろありますが、一番ポピュラーなのが、世の男性を悩ます男性型脱毛です。
 Q 男性型ではよく「ハゲは遺伝だから治らない」と絶望している人もいるようですが。
 A 確かに遺伝はあります。しかも単純な優性遺伝ではなくて、親が大丈夫でも隔世や隔々世の時もあるし、場合によっては家族がハゲてなくて、何代もさかのぼったら先祖にいた、なんてことも。男性ホルモンがかかわっていることも忘れてはなりません。子どもの時はハゲてないのに、第二次性徴が始まる思春期以降に出てくるのはそのためです。女性にもありますよ。いずれにしても、数年かけて徐々に頭皮の露出が進むので、早めに対策を講じれば多少の予防や改善は期待できると思います。
 Q 話題のリアップはハゲで悩む人には福音となりますか。
 A 有効成分であるミノキシジルには、毛包細胞の分裂・増殖を進めて成長期を延ばす作用がサルの実験で確認されていて、欧米ではヒトでの有用性も認められています。私自身もアメリカの市販薬を使ってますが、それなりに効果はありました。ただ薬だけに個人差があって、あまり効かなかった人もおり、過剰な期待をするのもどうかと思います。
 従来の育毛剤にもそれ相応の効果が認められているし、厚生省がリアップを承認する七年の間に改善も進んでいるでしょうから、単純には比較できません。本人の受け取り方にもよるでしょう。産毛が生えて「やったー」と喜ぶ人もいれば、「この程度ではダメ」という人もいますからね。
 Q 今後の見通しは。
 A 男性の性的不能用のバイアグラは心臓病の薬の開発中に見つかったし、ミノキシジルも高血圧の薬の副作用に発毛効果があったため生まれたわけで、第二、第三の特効薬誕生の可能性はあります。日本で承認されてませんが、脱毛を誘発する男性ホルモンに作用する酵素を阻害するプロペシアという飲み薬も米では効果を上げています。命にかかわらないハゲで遺伝子をいじるわけにはいかないでしょうが、脱毛の仕組みが解明されてきており、見通しは明るいと思います。

プロペシアは、医薬品個人輸入サイト、オオサカ堂で通販できます
↓   ↓   ↓


>> プロペシアのご購入はこちらから(最安値) <<
>> 私はプロペシアで髪が生えました 証拠写真はこちら <<

AGA対策に効果のあるプロペシア

話題の薬が続々上陸 インターネットで個人輸入

 輸入代行業者のホームページには世界の「秘薬」が百花繚乱の様相。
 この中から第二、第三のバイアグラが現れるのだろうか。
  
 都内の会社員Aさん(36)が外国の医薬品に興味を持ったのは、米国で暮らした七年ほど前に出合った下痢止め薬がきっかけだった。
 そのあまりの効き目に驚き、帰国してからも国内では認可されていない医薬品を、インターネットなどで個人輸入しては、いろいろと試している。今、一番気に入っているのはニュージーランドから取り寄せている育毛剤だという。
 だが、Aさん自身はFDA(米食品医薬品局)が認可した医薬品であっても絶対に安全だとは信じていない。入手した薬については、英語の服用法や注意書きを何度も読んで確認する。特に飲み薬は、一、二度試してみることはあっても、常用はしない。
 「効く薬には副作用はつきもの」
 というのが基本姿勢だ。
  
 ○バイアグラのライバル
 一年前からは「海外優良医薬品愛好会」というサイトを設け、使用体験談や薬品の注意書きの日本語訳、輸入代行業者のランキングなどを紹介している。
 「優れた商品が国境を越えるのは必然的。たとえ規制しても、ネット上の個人輸入はもう後戻りできない。むしろ、リスクを知ったうえで自己責任で使うという教育、情報提供をきちんとすべきだ」
 とAさんは話す。
 国内で未許可の医薬品であっても、個人使用が目的の場合、本人、あるいは代行業者を通じて一定量を輸入することは問題ない。そもそもこの規定は、外国で処方されていた薬を日本でも使いたいといったケースを想定していたようだが、深刻な悩みの末、あるいは好奇心で話題の薬を試してみようという人が多いのが現実だ。
 インターネットをのぞけば、バイアグラはもちろん、そのライバルといわれ、メキシコでしか販売されていない男性不能治療薬バソマックスや、飲む育毛剤として話題のプロペシア、ミノキシジル配合のヒット育毛剤、減量薬として欧州で認可されているゼニカル、抗うつ剤のプロザックといった医薬品が代行業者のページに並ぶ。
 ほかにもダイエット、老化防止、強壮などを謳った健康食品や合法ドラッグのたぐいなど、まさに百花繚乱の様相である。
 こうした状況に厚生省では警戒感を強めている。薬事法では、国内未承認薬の名称、効能、効果に関する広告を禁じており、監視指導課では、バイアグラブームが過熱したこの六月、各都道府県に対しインターネット上の輸入代行業者の広告に対し監視、指導を強めるよう指示したほか、問題ある業者に対して警告書を送っている。
 昨年、心肺に重大な障害を起こす危険性が判明し米国で販売が中止された食欲抑制剤フェンフルラミンや、この夏に麻薬及び向精神薬取締法による麻薬に指定された2C-Bを含んだ商品もネットを通じた個人輸入で出回っていた。
  
 ○徐々にトラブルも
 輸入代行業「海外通販顧客センター」では、インターネットでの広告はしていない。口コミ中心に約十年間、あらゆる商品を手掛けてきたが、最近では医薬品、健康食品の依頼が多いという。
 「バイアグラ騒ぎは特別ですが、がん、肝炎、関節炎、老人性痴呆症など、深刻なケースで医師のアドバイスなどを受けて依頼してくる人も少なくない」
 と徳力滋代表はいう。同社では、強い副作用が報告されている医薬品については、依頼があっても自主規制で断っているともいう。
 国民生活センターによればインターネットにおける個人輸入代行をめぐる相談は、昨年と今年で計五件。代金を振り込んだ後、業者と連絡が取れなくなったというバイアグラ関連の相談も一件あった。今のところ、数は少ないが今後増える可能性があるとみている。
 「副作用などの被害にあった場合、交渉相手は外国となり困難が予想されるだけに、慎重に」
 と注意を促している。

『アエラ』(1998年09月07日号)

プロペシアは、医薬品個人輸入サイト、オオサカ堂で通販できます
↓   ↓   ↓


>> プロペシアのご購入はこちらから(最安値) <<
>> 私はプロペシアで髪が生えました 証拠写真はこちら <<

AGAとは? どうすれば克服できる?

朝日新聞
1998年06月13日     夕刊     夕刊経済特集     003     03867文字
   
薬の個人輸入“狂奏曲” ツアーに、米国からの往診、代行業…

 日本では販売が認められていない医薬品が話題になっています。米国で四月に発売された性的不能治療薬「バイアグラ」が、その代表です。米国に行って入手するツアーが登場、逆に米国から日本へ医師の“往診”も。インターネットを通じて個人輸入を代行する業者も目立ちます。しかし、医薬品に副作用の危険はつきもの。米国では、バイアグラを服用した人が二十人以上、因果関係は不明ながら死亡しています。専門家は「素人が医師の診察なしに未承認薬を個人輸入するのは危険」と警告しています。(増田洋一)
  
 十七万九千円。都内の独身男性(五〇)がバイアグラ三十錠を手に入れるのにかかった費用だ。ひし形で水色の錠剤。一錠約六千円の計算だ。
 この男性は五月末、東京都港区の旅行会社が企画した「バイアグラツアー」でハワイに行った。旅行の目的は同居の家族にはないしょだ。個人輸入という方法があることも知っていたが、ニセ物をつかまされることを恐れてツアーを選んだ。
 ツアーといっても参加者は一人だけ。ホノルルに着いた翌朝、現地の日本人ガイドがホテルから車で三十分ほどの診療所に連れて行ってくれた。日本人の内科医に、日本から持参した血液検査結果を渡し、「十年前からこんな症状で、六、七年前に糖尿病と診断された」と話した。聴診器を当てられ、血圧測定と問診を受けて、十五分ほどで診察が終わった。
 もらった処方せんを同じビルにある薬局に出して、三十錠入りの瓶をひとつ受け取った。内科医には「二瓶欲しい」と言ったが、「血圧がやや高い」と一瓶しか処方してくれなかったという。
 薬代と診察料を合わせて六百ドル(約八万四千円)。このほか往復航空運賃とホテル代、ガイド代が計九万五千円かかった。日程は三泊五日。診察以外の時間は買い物をしたり映画を見たりしたが、「やはり十八万円は高かった」というのが感想だ。
 この旅行会社にはテレビや週刊誌などからの取材が相次いでいるが、実際に参加した人はまだ三十人足らず。同社の社長は「話題だけが先行しちゃって」と苦笑する。
 逆のケースもある。米国在住の日本人神経内科医(六六)は近く来日し、十日間ほどで五百人を診察する。七割がバイアグラ目当て、ほかの患者も日本では未承認の経口育毛剤や抗うつ剤が目当て。医師が米国に戻ってから処方せんを書き、薬を患者に送るという段取りだ。カリフォルニア州と日本両方の医師免許を持っているという。
 きっかけは三年前。ロサンゼルスで診察したうつ病などの日本人患者たちが駐在勤務や留学を終えて帰国した後、「これまで飲んでいた薬が日本では未承認のため処方してもらえない。引き続き世話してほしい」と求めてきたのにこたえて始めた。三―四カ月に一回来日し、ホテルなどで百人前後の患者を診てきた。
 今回から診察対象に性的不能と脱毛症を加え、インターネットで広告を始めた。診察料は二万円。このほか、事前の問診票の診察料が三千円。さらに薬代と手数料が、バイアグラなら三十錠で九万四千五百円かかる。診察料とあわせて十二万円近くになる。
  
 ○「診察なし」に懸念も
 医師の診察を受けずに未承認の医薬品を入手する方法もある。薬事法によると、医薬品を輸入するには厚相の輸入販売業許可が必要だ。しかし、自分が使う目的で輸入する個人輸入の場合は、二カ月分以内(外用薬なら二十四個以内)なら許可がいらないことになっている。
 その個人輸入の代行業者もおり、インターネットを検索すると、未承認薬の輸入代行広告が数十もある。バイアグラが多い。米国の薬局では一錠十ドル(約千四百円)ほどだが、広告では七千円という高値も出ている。
 しかし、個人輸入した医薬品を自分で使わずに、他人に売ったりあげたりすることは違法だ。代行業者は、客がする輸入を代行するだけであって、自分が買って輸入した物を転売するのは「代行」ではない。それなのに、「一錠五千円で譲ります」という広告まである。
 東京の代行業者によると、大まかな仕組みはこうだ。注文を受けると客に質問票を送る。客は持病や使っている医薬品などを記入して返送。回答に問題がなければ代行業者は海外の仲介業者に送り、仲介業者は医師に質問票を見せて処方せんを書いてもらう。それを薬局に持参して薬を買い、日本の客に送る。米国で買うには処方せんが必要とされているが、処方せんなしに薬を入手している業者もいるという。
 個人輸入には、お金を払ったのに品物が届かないといったトラブルが起こる恐れもあるが、医薬品で重大なのは副作用や誤用の危険だ。「薬には使用上の注意が書かれた文書が添えられているが、専門用語まじりの英語。普通の人は読んでも分からないのではないか」と、ある製薬会社幹部。
 薬害に詳しい杉山真一弁護士は「未承認の医薬品を個人輸入して使うことには大きなリスクがある」という。杉山さんによると、副作用の被害が出たとき、海外の製薬会社に損害賠償を求める訴訟を起こすことは理論上は可能だが、実際には非常に難しい。「日米双方の弁護士に依頼して裁判を進めることになるだろうが、日米の制度の違いを調整するのに大変な手間がかかる。そんな面倒を引き受けてくれる弁護士を見つけられずに泣き寝入り、という恐れが大きい」
  
 ○時間かかる国内発売 臨床試験や審査、発展途上
 新薬が米国で承認されてから日本で承認されるまでに、何年もかかることは珍しくない。薬買いツアーや個人輸入代行がはやる一因だ。その背景には、行政の姿勢や医療習慣の違いがあると関係者は口をそろえる。萬有製薬の明楽(あけら)泰研究開発本部長は「『いい薬は早く患者に』という米国に対し、サリドマイド事件などに懲りた日本は薬害について非常に慎重だ」と話す。
 エーザイが米国で昨年発売したアルツハイマー型痴ほう治療薬「アリセプト」は、米国で臨床試験(治験)が始まったのが一九九一年。日本ではその二年前に治験が始められていたのに、まだ終わっていない。患者への投与量を日本ではほんの少しずつ増やしていくやり方。米国では思い切って増量することができ、効果的な投与量が早く分かったからだという。
 「新薬発売が遅れるのは、日本が世界一、治験を進めにくい国だから。治験を担当する医師が忙しすぎることも原因のひとつ」。こう話す外資系製薬会社の幹部もいる。欧米では、治験を患者に説明したり結果を記録したりする支援スタッフがいるのに対し、日本の医者は診察の傍ら、こうした事務を一人でこなさなければならない。
 さらに、昨年四月に実施基準が改められたことが「治験の“大不況”を招いている」(同幹部)。新実施基準は支援スタッフの配置や文書による患者同意などを求めているのに、まだ病院側の態勢が整っていない。病院に治験を頼んで得られる症例の数がこのところ、以前の一割以下に急減しているという。
 スピードアップへの動きもある。厚生省の姿勢がエイズ薬害事件をきっかけに変わりつつあるからだ。来日したギルマーティン米国製薬工業協会会長は九日、東京での講演会で、日本が新薬承認の標準的審査期間を半年縮めて十二カ月にする約束をしたことと、その前の治験の段階で海外データの受け入れを拡大したことを挙げ、「努力を評価します」と述べた。
 実際、米メルク社が米国で九六年三月に売り出したエイズ治療薬「クリキシバン」を、子会社の萬有製薬が厚生省に輸入承認申請したのは同年六月。申請に必要な治験結果に米国のデータがほぼそのまま認められ、日本での治験を最小限にできたことが早期申請につながった。承認は九カ月後。以前は申請から六―十二カ月もたたないと実質審査が始まらなかったのに比べ大幅にはやくなった。
 「一連の改革の方向は望ましいが、医療現場や行政の態勢整備には、まだまだ時間がかかるだろう」。製薬業界関係者の一致した見方だ。
  
 ○中国育毛剤「一〇一」の場合 開発者「秘伝」で断念
 中国の育毛剤「一〇一」は十年前にブームになり、購入ツアーに多くの人が参加した。実はこの一〇一を日本で売り出そうという動きがあった。中国側と交渉したのは、大手かつらメーカーのアデランス。研究開発担当の社員が個人輸入して試してみたところ、さほど効かないケースもあったが、円形脱毛症には効果があったためだという。
 ところが、交渉担当者が中国の工場に行くと、薬草をアルコールに浸し、溶け出した成分をひしゃくですくい瓶に詰めるという製造法で、開発者は「私の秘伝が盗まれてしまう」と、薬草の配合方法を七割ほどしか明かさなかった。アデランス側が特許権や権利の使用料を説明しても分かってもらえず、「これでは日本で臨床試験をすることもできない」と、同社は日本での販売を断念したそうだ。
  
 <日本で未承認の医薬品の例>
                  米国での発売 日本での動き
 バイアグラ(性的不能治療薬)   今年4月   臨床試験を実施中
 プロペシア(男性型脱毛症治療薬) 今年1月   臨床試験実施を検討中
 ロゲイン(育毛促進剤)      1988年  1992年に製造承認を
                         申請
 プロザック(抗うつ剤)      1988年  臨床試験や承認申請の
                         予定なし

医薬品は医師の処方がなくとも個人輸入で購入できます。
医薬品の通販は100%正規品保証、成分検査をしているオオサカ堂がおすすめです。

プロペシアは、医薬品個人輸入サイト、オオサカ堂で通販できます
↓   ↓   ↓

>> プロペシアのご購入はこちらから(最安値) <<
>> 私はプロペシアで髪が生えました 証拠写真はこちら <<

テスト

test

>> プロペシアのご購入はこちらから(最安値) <<
>> 私はプロペシアで髪が生えました 証拠写真はこちら <<

医薬品個人輸入のアフィリエイトは儲かります!

「オオサカ堂」(http://www.osakado.com/)は日本人向け医薬品個人輸入代行サイト大手です。

オオサカ堂を利用すると、発毛薬や勃起薬、睡眠薬、筋肉増強薬、禁煙補助薬など、様々な生活改善薬を医師の処方なしで通販できますが、アフィリエイトプログラムで報酬を得ることも可能です。
私はもともと発毛薬を個人輸入していましたが、オオサカ堂でアフィリエイトプログラムを提供していることを知って,試しにアフィリエイトブログを立ち上げたところ、かなりの成果を上げることができました。
下の画像はオオサカ堂のアフィリエイトの管理画面です。
(クリックすると拡大します)
キャプチャ
私はアフィリエイトの初心者で、アフィリエイトブログを作ったのもオオサカ堂が初めてです。
本格的にSEOの勉強を始めたの:も最近のことですが、みるみるうちに成果が出てきました。
記事の大半はコピペ、副業ですから作業は片手間です。
それでも、これだけの実績が出たのですから、オオサカ堂のアフィリエイトは初心者でも儲けやすいのではないかと思います。
特にクッキーが1年間有効で、そのためコンバージョン率も高いのがオオサカ堂のアフィリエイトの魅力だと思います。
さらに自己アフィリエイトも報酬に加算されます。
オオサカ堂はありとあらゆる医薬品が用意されているので競合の少ない穴場商品を見つけやすいです。
また、報酬率も高く設定され、新規登録で1000円プレゼン、月間報酬1000円でシルバーランク、5000円でゴールドランクへ昇格できるなど、成果を出しやすいプログラムになっています。

オオサカ堂のアフィリエイトに関心がある人は、こちらをご覧下さい。
↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

>> プロペシアのご購入はこちらから(最安値) <<
>> 私はプロペシアで髪が生えました 証拠写真はこちら <<

相互リンク

―――――――――――――――
サイト名:効く 育毛剤
サイトURL:http://www.smilinjakes.com/
サイト説明:効く育毛剤について開設しています。
―――――――――――――――

>> プロペシアのご購入はこちらから(最安値) <<
>> 私はプロペシアで髪が生えました 証拠写真はこちら <<


オオサカ堂で人気のオススメ発毛薬
医師の処方が必要ない、医薬品の個人輸入なら1997年設立、全品メーカー純正、成分検査実施、送料無料の「オオサカ堂(大阪堂)」がおすすめです。
リンク先の商品ページの下の方に使用者のレビューが掲載されています。参考にしてください。
「オオサカ堂」はまとめ買いがお得です。

>>オオサカ堂の購入体験記はコチラ!

◆◆◆フィナステリド系

アメリカ版プロペシア
 AGAで悩む多くの人に効果が確認され、世界でもっとも普及している人気ナンバー1発毛薬です。発毛成分フィナステリドを含有。1日1錠、半年ほどの服用で効果を実感できるようになります。個人輸入でのプロペシアのご購入は、国内最安値の「オオサカ堂」がおすすめです。上のプロペシアの画像をクリックすると販売ページに進みます。詳しくは、こちらの記事もどうぞ。


オーストラリア版プロペシア
 今、もっともおすすめのプロペシア。2015年8月からオオサカ堂に登場しました。成分・メーカーはアメリカ版と変わりませんが、価格が安いです。詳しくは、こちらの記事をどうぞ。


フィンペシア
 プロペシアと同じ発毛効果がありながら、処方された「プロペシア」の10分の1の価格でお買い求めできます。インドのシプラ社が販売。当ブログ管理人もフィンペシアを毎日、飲んで、AGAを克服しました。おすすめします。オオサカ堂は、まとめ買いがお得なので、私はいつも3箱、買っています。
その他のプロペシア・ジェネリックについては、こちらの記事をどうぞ。


フィナロイド
 フィナステリド配合のAGA治療薬。フィンペシアと同成分でsぐあ、値段が安いです。今後、プロペシア・ジェネリックの新定番商品になりそうです。 詳しくはこちらの記事をどうぞ。

◆◆◆デュタステリド系

アボダート
 プロペシアを超えるAGA治療薬の最終兵器です。有効成分のデュタステリドは、男性型脱毛症の原因である5α還元酵素の1型、2型ともに抑制します。2型5α還元酵素しか抑制できないプロペシアの1.5倍の発毛効果があるとされています。デュタステリドは日本でAGA治療薬として認可され、ザガーロとして発売されました。詳しくは、こちらの記事をどうぞ。


爆毛根
 新AGA治療薬デュタステリドとミノキシジルを配合した外用育毛剤。詳しくは、こちらの記事をどうぞ。

◆◆◆ミノキシジル系

ミノキシジルタブレット
 タブレット状の飲むミノキシジル。劇的な発毛効果があったという報告が多数ある発毛最終兵器です。効果は抜群ですが、人によっては心臓に負担がかかる場合があります。異変を感じたら服用を中止しましょう。ミノキシジルタブレットはプロペシアとは発毛作用が異なるので、プロペシアとの併用で相乗効果があります。詳しくは、こちらの記事をどうぞ。


ロゲイン
 外用発毛薬、リアップのアメリカ版ブランドです。発毛成分ミノキシジル含有。プロペシアとの併用で、発毛効果がアップします。また、値段はリアップの1/3ですから、お買い得です。


カークランド・ミノキシジル5%
 リアップ、ロゲインより安価な外用ミノキシジルのジェネリック品です。ミノキシジル配合なので、成分と発毛効果はリアップ、ロゲインと同等です。「カークランド」は量販店コストコのプライベートブランドで信頼性が高いです。詳しくは、こちらの記事をどうぞ。


フォリックスFR02
 ミノキシジル2%、アデノシン、プロシアニジンB2、プロキャピルなどを配合した外用育毛剤。


フォリックスFR05
ミノキシジル5%、アデノシン、プロシアニジンB2、プロキャピルなどを配合した外用育毛剤。


フォリックスFR07
ミノキシジル7%、アデノシン、プロシアニジンB2、プロキャピルなどを配合した外用育毛剤。


フォリックスFR12
 ミノキシジル硫酸塩12%、フィナステリド、アルファトラジオール、アデノシン、フォリックサンを配合した外用育毛剤。


フォリックスFR15
 ミノキシジル15%、アデノシン、プロシアニジンB2、プロキャピルなどを配合した外用育毛剤。


フォリックスFR16
 ミノキシジル16%、フィナステリド、アデノシン、トリペプチド-1銅、プロキャピルを配合した外用育毛剤。

◆◆◆その他

L-リジン
 育毛に効くサプリメント。L-リジンは体内で生成できず、外部からの摂取が必要な必須アミノ酸の一つですが、薄毛を予防し、育毛効果を促進し、リアップやロゲイン等のミノキシジルの効果を増加させる働きがあります。ミノキシジルを使用している人は、併用するといいでしょう。詳しくは、こちらの記事をどうぞ。


ニナゾルシャンプー
 抜け毛及びフケ防止に効果的な成分「ケトコナゾール」を配合したシャンプー。薬用のため、個人輸入でしか購入できない特別なシャンプーです。詳しくは、こちらの記事をどうぞ。

お支払いはポイントを貯めやすい楽天カードをおすすめします! 今なら新規お申し込みでポイント大量プレゼント中! 私も使ってます♪
コメント(何でも聞いてください。管理人が答えます)
ブログランキング
ブログランキング
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター

    タグクラウド