2010.10.17     [いくら?かかるの]男性型脱毛症 お勧め錠剤1日1錠250円     大阪朝刊     生活C     18頁     456字     03段     写真

 推定約800万人の日本人男性を悩ませているのが、額の生え際や頭頂部の髪が薄くなる男性型脱毛症。健康に影響がないとはいえ、進行性で放っておくと髪がどんどん抜けていくため、本人にとっては深刻だ。
 日本皮膚科学会は今年4月に発表した診療指針で、錠剤タイプの「プロペシア」を、5段階の最高ランク「A=強く勧められる」と評価した。2005年12月、国内初の服用する育毛剤として発売。有効性の高さに加え、1日1錠を好きな時間に飲むだけの手軽さも売りの一つになっている。
 服用には医師の処方せんが必要。保険が適用されない自由診療の薬のため、医療機関によって薬代はまちまちで、診療費や調剤費なども患者の全額負担となる。目安は1錠250円(メーカー参考価格)で、専門医らによると、診療費などを含めて1か月分で1万円前後が相場という。
 製造販売元のMSD社によると、効果には個人差があり、通常は半年間以上の服用が必要。対象は原則的に成人男性のみで、女性に対する効果は認められていない。円形脱毛症など他の脱毛症には効かないので注意が必要だ。

プロペシアは医薬品個人輸入サイトのオオサカ堂で通販できます
↓   ↓   ↓


>> プロペシアのご購入はこちらから(最安値) <<
>> 私はプロペシアで髪が生えました 証拠写真はこちら <<