2010.04.14     薄毛治療法ランク付け 男性型を5段階 初の診療指針 日本皮膚科学会      東京朝刊

 額の生え際や頭頂部の髪が薄くなる男性型脱毛症について、日本皮膚科学会が初の診療指針をまとめた。治療薬や育毛剤成分、植毛などの対処法を5段階で評価し、塗り薬「リアップ」(成分名・ミノキシジル)と、飲み薬「プロペシア」(成分名・フィナステリド)の2種を最も高いA評価とした。
 脱毛症の治療は、科学的な根拠が十分でない手法もあるため、学会として国内外の論文をもとに検証。A、B、C1、C2、Dの5段階に分けた。
 自分の後頭部の毛組織を移植する自毛植毛はB、化粧品メーカーが商品化する育毛剤などに含まれる成分はC1とした。
 飲み薬の1種類は、効果について十分な評価ができなかったためC2に含め、化学繊維を使った人工毛植毛は、拒絶反応などの報告が多くDとした。ただ、女性が男性型脱毛症になった場合、プロペシアはDとされた。その上で、対処はAとC1をまず推奨し、1年経過後に効果が表れない場合はBを勧める。
 
 〈男性型脱毛症〉
 思春期以降、前頭部と後頭部の毛が徐々に細く短くなり、額の生え際が後退し、最終的には頭頂部の髪がなくなる症状。男性ホルモンの関与が指摘されている。症状に悩む男性は国内に約800万人いるとされる。

プロペシアは医薬品個人輸入サイトのオオサカ堂で通販できます
↓   ↓   ↓


>> プロペシアのご購入はこちらから(最安値) <<
>> 私はプロペシアで髪が生えました 証拠写真はこちら <<