意外と知られていませんが、AGA治療薬、プロペシアには、肝臓に対する副作用が報告されています。
プロペシアの添付文書によれば、【使用上の注意】に「肝機能障害のある患者に投与した場合の安全性は確認されていない」との記載があります。
キャプチャ
そして、肝機能障害が現れることもあるので、その場合、投与の中止などの処置が必要となります。
キャプチャ
具体的な副作用としては、「AST(GOT)の上昇」「ALT(GTP)の上昇」「γ-GTPの上昇」が挙げられています。
キャプチャ2
では、プロペシアの服用で肝機能障害になると、どのような症状が現れるでしょうか。
薬の影響のために肝臓細胞が障害を受けて炎症状態になることを、薬剤性肝炎と言います。
症状としては、白目や皮膚が黄色くなる黄疸(おうだん)や発熱、倦怠感、発疹、食欲不振、悪心(吐き気)などがあります。
とはいえ、一般的にほとんどの薬は肝臓で代謝されるので、肝臓に負担がかかり、大なり小なり肝障害を持っているものです。
プロペシアもその例外ではないというだけに過ぎません。
薬を中止すればほとんどの場合は回復します。
ほとんどの人は、深刻に考える必要はないでしょうが、まれに肝機能が悪化し、薬剤性肝炎になるケースがあります。

プロペシアの副作用が心配な方は、育毛サプリメント「BOSTON(ボストン)」を試してみてはいかがでしょうか。

プロペシア(オーストラリア版)はこちらから通販できます
↓   ↓   ↓

>> プロペシアのご購入はこちらから(最安値) <<
>> 私はプロペシアで髪が生えました 証拠写真はこちら <<