プロペシアはAGA治療に絶大な効果をもたらす医薬品ですが、一部、副作用も報告されています。
プロペシアの添付文書によれば、プロペシアの副作用について以下のようにまとめられています。
(プロペシアジェネリックのフィンペシア、エフペシアも同じです)
キャプチャ3
この中で有名なのが「リビドー減退」、つまり、性欲の減退ですが、「リビドー減退」と「勃起機能不全」が副作用として現れるのは服用者全体の1.8%に過ぎません。
キャプチャ
また、頻度は不明ながら、肝機能障害も報告されています。
プロペシアは医薬品ですから、この点も仕方がないでしょう。
キャプチャ
そして、プロペシアには禁忌(タブーがあり、プロペシアの添付文書の一番最初の赤い囲みに記載されています。
キャプチャ
プロペシアは過敏症の人や妊娠をしている、あるいは妊娠の可能性のある女性、授乳中の女性への投与が禁止されています。
その理由は以下に示されています。
キャプチャ
妊婦がプロペシアを服用すると、プロペシアの薬理作用(DHT低下作用)によって、胎児の生殖器の発育に障害をもたらします。
プロペシアが粉砕、破損したりすることも注意が必要です。
プロペシアの破片が妊婦の皮膚などに付着し、女性の体内に取り込まれる可能性があるのです。

プロペシアを服用する際は、これらのことを守るようにしてください。

なお、プロペシアが体質に合わない人は、ミノキシジル系育毛剤の使用をおすすめします。
詳しくはこちらの記事ををどうぞ。


プロペシアの副作用が心配な方は、育毛サプリメントを試してみてはいかがでしょうか。
↓   ↓   ↓
育毛サプリメント

プロペシア(オーストラリア版)はこちらから通販できます
↓   ↓   ↓

>> プロペシアのご購入はこちらから(最安値) <<
>> 私はプロペシアで髪が生えました 証拠写真はこちら <<