AGA(男性型脱毛症)治療薬、プロペシアは医薬品です。
医薬品ですから、副作用は付きものです。
では、プロペシアにはどんな副作用があるでしょうか。

プロペシアについての正しい知識は、プロペシアの添付文書を読みましょう。
プロペシアの添付文書は、こちらで読めます。

プロペシアの添付文書の「副作用」の項目を見てみましょう。
キャプチャ

プロペシアの主な副作用は、リビドー減退(1.1%)と勃起機能不全(0.7%)です。
それ以外だと、「肝機能障害」がありますが、薬ですからこれはしょうがないですね。

また、他の副作用については、以下の表にまとめられています。
キャプチャ2

プロペシアの副作用が現れるかどうかは、飲んでみなければ分かりません。
プロペシアで有名な副作用である、「リビドー減退」(1.1%)と「勃起機能不全」(0.7%)は、ほとんどの服用者に見られませんから、それほど心配する必要はないでしょう。

なお、現在、科学的に効果が証明されているAGA(男性型脱毛症)治療薬は、プロペシアのフィナステリドとリアップやロゲインに配合されているミノキシジルだけです。

2010年4月、10人の専門医によって構成される「日本皮膚科学会」が「男性型脱毛症診療ガイドライン」をまとめ、医薬品メーカーやクリニックに通達を出しました。
これは、巷にあふれる科学的根拠の乏しい育毛商品やサービスが横行し、それに伴う健康被害や金銭トラブルが多発した現実を改善する目的で制定されたものです。
この「AGAの診療指針」では、現在、日本国内で提供されている育毛の対処法や治療法を精査し、5段階で評価していますが、「A(行なうよう強く勧められる)」にランクされたものは、プロペシアのフィナステリドとリアップやロゲインのミノキシジルだけでした。
キャプチャ

プロペシアは副作用が少なく、効果も科学的に証明されている数少ないAGA治療薬です。
薄毛が気になる男性は、まず、プロペシアの服用をおすすめします。

プロペシアのご購入は、医薬品個人輸入サイト、ナンバーワンのオオサカ堂をオススメします。

オオサカ堂のプロペシア販売ページはコチラです
↓   ↓   ↓

>> プロペシアのご購入はこちらから(最安値) <<
>> 私はプロペシアで髪が生えました 証拠写真はこちら <<