2010年4月、10人の専門医によって構成される「日本皮膚科学会」が「男性型脱毛症診療ガイドライン」をまとめ、医薬品メーカーやクリニックに通達を出しました。
これは、巷にあふれる科学的根拠の乏しい育毛商品やサービスが横行し、それに伴う健康被害や金銭トラブルが多発した現実を改善する目的で制定されたものです。
この「AGAの診療指針」では、現在、日本国内で提供されている育毛の対処法や治療法を精査し、5段階で評価していますが、「A(行なうよう強く勧められる)」にランクされたものは、プロペシアのフィナステリドとリアップやロゲインのミノキシジルだけでした。
キャプチャ

医学的に効果が実証されているのは、ミノキシジルかフィナステリド配合の医薬品だけなのです。
ちまたにあふれる育毛剤のほとんどは、ろくな発毛効果もない詐欺まがいの商品だと言っても過言ではないでしょう。

では、ミノキシジルの効果を3倍にするにはどうすればよいでしょうか?
その答えは、ミノキシジルの濃度を3倍にすることです。

通常、リアップなどの外用ミノキシジルのミノキシジル濃度は5%ですが、医薬品個人輸入サイトのオオサカ堂には、もっとミノキシジル濃度の高い商品が販売されています。

フォリックスFR07

ミノキシジル7%、アデノシン、プロシアニジンB2、プロキャピルなどを配合した外用育毛剤。

フォリックスFR12

ミノキシジル硫酸塩12%、フィナステリド、アルファトラジオール、アデノシン、フォリックサンを配合した外用育毛剤。

フォリックスFR15

ミノキシジル15%、アデノシン、プロシアニジンB2、プロキャピルなどを配合した外用育毛剤。

フォリックスFR16

ミノキシジル16%、フィナステリド、アデノシン、トリペプチド-1銅、プロキャピルを配合した外用育毛剤。

しかし、このほど、ミノキシジルの3倍もの育毛効果があるというキャピキシルという物質が発見され、育毛業界で話題となっています。
このキャピキシルは、インターネット百科事典『ウィキペディア』にも項目が収録されている信頼性の高い育毛成分です。ウィキペディアには、以下のように記述されています。
LUCAS MEYER COSMETICS社(カナダ)で開発された育毛成分。
『アカツメクサ花エキス』と『アセチルテトラペプチド-3』という育毛成分によって構成されている。
アカツメクサは、別名レッドクローバーとも呼ばれ、欧州では伝承薬として受け継がれていた歴史もある。
アカツメクサに含まれるビオカニンA(イソフラボンの一種)は、男性型脱毛症(AGA)の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)の生成を促す、5αリダクターゼに対し、強い抑制力を持っている。
また、アセチルテトラペプチド-3は4種類のアミノ酸により構成されており、細胞外の超分子構造体である細胞外マトリックスを修復する効果を持っているため、毛包の構造維持に働きかける。
脱毛を抑えるアカツメクサ花エキス、育毛環境を整えるアセチルテトラペプチド-3の相乗効果により、育毛効果は、同じ育毛成分であるミノキシジルの3倍に相当すると言われている。
医学的に効果が実証されているミノキシジルの3倍もの育毛効果とは、凄いですね。
では、キャピキシルは、どのような商品があるでしょうか。
現在までのところ、キャピキシル配合商品は、外用育毛剤と育毛シャンプーがあります。
ぜひ試してみて下さい。

キャピキシル配合外用育毛剤「THE SCALP 5.0C(スカルプローション)」
↓   ↓   ↓


キャピキシル配合育毛シャンプー「【haru】黒髪スカルプ・プロ」
↓   ↓   ↓


>> プロペシアのご購入はこちらから(最安値) <<
>> 私はプロペシアで髪が生えました 証拠写真はこちら <<