AGA治療薬のプロペシアと煙草の関係について調べてみました。

まず、煙草が薄毛の原因になるというのはよく知られた話です。

煙草に含まれているニコチンにより、血管が細くなり、栄養を運ぶ効率が低下し、また、血流が遮断され、必要な栄養が運べにくくなります。
当然、頭皮にも同じ影響が及ぶので、毛穴まで栄養が行き届かなくなり、抜け毛お原因となります。

また、喫煙は体温を低下させる。
1本につき2時間、体温低下が持続するといわれています。
体の温低は体内の血行を悪くさせる。
結果、毛根に十分な栄養が行き渡らなくなり、毛髪を作っている細胞も弱まり、結果的に毛根が収縮し抜け毛につながる。

なお、煙草を吸うとビタミンCを大量に消費する(タバコ1本で約25mg消費。1箱で500mgも消費)のは、よく知られているが、実はビタミンCだけではなく、ビタミンB群やビタミンEまで消費されます。

さらに、喫煙は男性ホルモンを増加させるという研究もあります。
ハーバード大学の調査によると、喫煙によりAGAの原因である「ジヒドロテストステロン」(DHT)10~30%も増加し、抜け毛が促進される可能性があります。

実際、アメリカ人約1200人をタバコを吸う人と吸わない人に分けて男性ホルモンの 量を調査したところ、吸う人の方が吸わない人よりも テストステロンは9%、そしてDHT(ジヒドロテストステロン)は13%高い値を示したという。

プロペシアは、そのDHTの発生を抑え、育毛につなげる薬です。

プロペシアを服用している人が喫煙するということは、プロペシアでせっかく減少したDHTを、喫煙によって増加させてしまうことになってしまいます。

では、プロペシアを服用しながら喫煙すると、薄毛は改善しないのかといえば、そんなことはありません。
私自身、喫煙者ですが、プロペシアの服用を始めたところ、みるみるうちに薄毛が治ってゆきました。

プロペシアによるDHTを抑える力は、喫煙によるDHTを増加を上回るようです。

詳しくはこちらの記事をどうぞ。

なお、プロペシアは医薬品個人輸入サイトのオオサカ堂で通販できます。
医師の処方は必要なく、業界最安値で購入できます。

オオサカ堂のプロペシア(オーストラリア版)の販売ページはこちらです
↓   ↓   ↓
ただし、喫煙は頭髪に悪影響をもたらすのは確実ですので、できれば禁煙にチャレンジしたほうがいいでしょう。
オオサカ堂では、禁煙補助薬のチャンピックスも扱っています。

オオサカ堂のチャンピックスの販売ページはこちらです
↓   ↓   ↓

>> プロペシアのご購入はこちらから(最安値) <<
>> 私はプロペシアで髪が生えました 証拠写真はこちら <<