シプラ(Cipla)社は、1935年創業のインドの老舗製薬会社です。
シプラ社の2012年3月期の売上高は702億ルピー(約1200億円)、営業利益は144億ルピーで、それぞれインド4位、3位という大手です。
シプラ社はジェネリック薬の製薬会社として有名です。
一般にジェネリックというと、先発薬の成分を少し変えたもので、効果が低いものだと思われがちですが、シプラ社のジェネリックは先発薬とまったく同一成分です。
というのも、インドでは2005年まで医薬品の物質特許が認められず、製法特許しか認められていませんでした。
つまり、まったく同一成分の医薬品でも製法が異なれば、先発薬の製薬会社に許可を得ずに、製造できるのです。
ジェネリックというよりは、コピー薬ですね。
そのため、インドの製薬メーカーは医薬品に開発コストを上乗せせず、安い価格で効果の高い医薬品を販売しています。
その代表格にあたるのが、シプラ社なのです。

日本国内でも個人輸入という手段でシプラ社の医薬品を購入できます。

シプラ社の医薬品で有名なものには、以下のようなものがあります。

フィンペシア
 
AGA治療薬プロペシアのジェネリック。
プロペシアと同じ発毛成分、フィナステリド1mg配合。
値段はプロペシアの10分の1。とにかく安いです。
私もフィンペシアを服用していますが、効果を実感しています。

エフペシア

日本向けのプロペシアのジェネリック。
フィンペシアには日本で禁止薬物に指定されているキノリンイエローというコーティング剤を使用していますが、エフペシアでは使用していません。

フィンカー
 
フィナステリド5mg配合。AGA治療薬として服用する場合は、ピルカッターで4分割しましょう。

シラグラ


米国ファイザー社のED治療薬バイアグラ」のジェネリック医薬品。
バイアグラと同じ有効成分であるシルデナフィルクエン酸塩を含んでおり、効果もバイアグラと同じです。

医薬品個人輸入サイトのオオサカ堂では、それ以外にもシプラ社の医薬品を扱っています。
オオサカ堂のホームページで「シプラ」と検索すると、多数の商品が出てきますのでご自分で調べて下さい。
 
ジェネリック薬の個人輸入はオオサカ堂でどうぞ!
(リンク先ページ左上のオオサカ堂ロゴか「ホーム」をクリックするとオオサカ堂のホームページが開きます)
 ↓   ↓   ↓

>> プロペシアのご購入はこちらから(最安値) <<
>> 私はプロペシアで髪が生えました 証拠写真はこちら <<