プロペシア・フィンペシア通販個人輸入情報

薄毛、ハゲ効果のある発毛医薬品プロペシア(有効成分、フィナステリド)、フィンペシア(同)、ロゲイン(ミノキシジル)、リアップ(同)ポラリス(同)、ミノキシジルタブレット(同)、ザガーロ(デュタステリド)などの口コミ情報をお届けします。最強のAGA(男性型脱毛症)治療薬はどれか? 100%正規品で成分検査を実施しているオオサカ堂(大阪堂)なら、送料無料で処方薬を安価に通販で購入できます。

「プロペシア」に関する記事

プロペシアによるAGA治療最前線!!<動画>




>> プロペシアのご購入はこちらから(最安値) <<
>> 私はプロペシアで髪が生えました 証拠写真はこちら <<

プロペシア 継続服用が重要

2008.03.20     [健康プラス]髪を元気に(3)「育毛剤」使用継続で効果      東京朝刊

 薄毛に悩む人が望むのは増毛効果のある薬だろう。ある製薬会社の調査では、成人男性の19%が「育毛剤を使ったことがある」と回答する。
 育毛剤の多くは店頭で購入できる医薬部外品だが、治験を経て発毛や脱毛予防の効果が認められた医薬品が登場している。
 初の医薬品として注目されたのが、1999年発売の「リアップ」(大正製薬)。主成分(ミノキシジル)は降圧作用のある薬として開発されたが、体毛が増えるという副作用が報告されたことから育毛剤になった経緯がある。
 少量頭皮に塗るだけという手軽さが受け、世界90か国以上で使われる。通常、医薬品は発売当初、医師の処方のもとで使われるが、「副作用も心配ない」などの理由で、異例の一般薬として店頭販売された。使用1年後に70%の人が改善したという。ただ、毛穴に皮脂やほこりが詰まっていると、薬が作用する毛根部に届かない。使用前に頭皮を清潔にしておくことが重要となる。
 忙しい生活の中で塗り忘れも多い。「歯磨きの後に使うなど、習慣づけることが大事」と、同社広報室の浜野裕哉さん(46)は強調する。2005年には、成分が全く同じ女性向けの薬も発売された。
 万有製薬が05年に発売した飲み薬「プロペシア」も話題を集めた。こちらは医師の処方が必要な医薬品だが、世界60か国以上で使われる。
 有効成分(フィナステリド)は抜け毛を促進する悪玉の男性ホルモンを抑制する。3年間継続した98%の人が抜け毛の進行抑制や増毛の効果があった。ただ、作用する仕組みが男性ホルモン抑制のため、女性には効かず、適応対象外だ。
 育毛専門の城西クリニック(東京・新宿区)の小林一広院長は「医薬品も個人差はあり、即効性はない。最低6か月間は継続使用する必要がある。慌てず焦らず取り組んでほしい」と話している。

プロペシアは医薬品個人輸入サイトのオオサカ堂で通販できます
↓   ↓   ↓


>> プロペシアのご購入はこちらから(最安値) <<
>> 私はプロペシアで髪が生えました 証拠写真はこちら <<

男性型脱毛症にプロペシア

2010.04.14     薄毛治療法ランク付け 男性型を5段階 初の診療指針 日本皮膚科学会      東京朝刊

 額の生え際や頭頂部の髪が薄くなる男性型脱毛症について、日本皮膚科学会が初の診療指針をまとめた。治療薬や育毛剤成分、植毛などの対処法を5段階で評価し、塗り薬「リアップ」(成分名・ミノキシジル)と、飲み薬「プロペシア」(成分名・フィナステリド)の2種を最も高いA評価とした。
 脱毛症の治療は、科学的な根拠が十分でない手法もあるため、学会として国内外の論文をもとに検証。A、B、C1、C2、Dの5段階に分けた。
 自分の後頭部の毛組織を移植する自毛植毛はB、化粧品メーカーが商品化する育毛剤などに含まれる成分はC1とした。
 飲み薬の1種類は、効果について十分な評価ができなかったためC2に含め、化学繊維を使った人工毛植毛は、拒絶反応などの報告が多くDとした。ただ、女性が男性型脱毛症になった場合、プロペシアはDとされた。その上で、対処はAとC1をまず推奨し、1年経過後に効果が表れない場合はBを勧める。
 
 〈男性型脱毛症〉
 思春期以降、前頭部と後頭部の毛が徐々に細く短くなり、額の生え際が後退し、最終的には頭頂部の髪がなくなる症状。男性ホルモンの関与が指摘されている。症状に悩む男性は国内に約800万人いるとされる。

プロペシアは医薬品個人輸入サイトのオオサカ堂で通販できます
↓   ↓   ↓


>> プロペシアのご購入はこちらから(最安値) <<
>> 私はプロペシアで髪が生えました 証拠写真はこちら <<

前立腺肥大症の治療薬プロペシアが発毛にも効果

『読売新聞』1997.12.30     [今日のノート]瓢箪から頭髪     大阪朝刊

 「瓢箪(ひょうたん)から駒が出る」「棚からボタモチ」とは予期せぬ幸運に巡り合うことだ。数百万はあろう薬品のごく一部に、医師の手に負えない不治の病や身体の改善に役立つもののあることが、ひょんなきっかけで分かることがある。
 我慢できない胸痛の発作に見舞われ、時には命を落とす狭心症や心筋梗塞について、十九世紀前半までの医学は「この症状は、ほとんど何もなすすべがない」とお手上げだった。
 ところが一八四七年、イタリアの化学者が爆薬のニトログリセリンを合成中、オリーブ油のようなものが出来た。いたずら半分になめてみたところ、こめかみがズキズキし、激しい頭痛に襲われた。爆弾の材料に、血管を拡張し、血流を劇的に改善する作用があったのである。
 その後、ニトログリセリンは心臓発作の特効薬として数えきれない人々を救うことになる。まさしく瓢箪から駒の類いだった。
 男性のかなりが高齢とともに前立腺肥大症になる。老化が原因とされるものの発症の経緯は不明である。これを治療するのにプロペシアという薬が開発された。患者が使ううち、ハゲていた頭に髪の毛がはえてきた。薄いのが濃くなったなどの思わぬ効果が見つかった。製薬会社が「画期的毛はえ薬」として本腰を入れたのは言うまでもない。

 米食品医薬品局が先日認可した男性用育毛剤は、そんな経過で悩める男子が服用することになる。臨床試験で八三%に発毛効果というから本物だろう。でも人間万事塞翁が馬、これがニトロのように定着したらカツラメーカーはどうなるのか。でも理髪店は新たな顧客増殖にニンマリだろう。とかくこの世はゴム風船、こちら凹(へこ)めばあちら膨らむで今年も暮れる。

プロペシアは医薬品個人輸入サイトのオオサカ堂で通販できます
↓   ↓   ↓


>> プロペシアのご購入はこちらから(最安値) <<
>> 私はプロペシアで髪が生えました 証拠写真はこちら <<

副作用のない発毛薬、プロペシア発売

2005.12.14     世界唯一 “飲む発毛剤”きょう発売 毎日1錠、月7500円/万有製薬     東京朝刊     3社     37頁

 万有製薬は13日、世界で唯一の飲み薬の発毛剤「プロペシア」を、日本でも14日に発売すると発表した。親会社の米製薬大手メルクが開発した男性型脱毛症治療薬で、脱毛を促す男性ホルモンをつくる酵素の働きを防ぐ。1998年にアメリカで最初に発売され、世界60か国以上で年間約300億円の販売実績がある。
 医師の処方せんが必要な医療用医薬品だが、診療も薬代も保険診療の対象外となる。1錠250円(参考価格)で、毎日1錠ずつ服用するため、月7500円の薬代がかかる計算だ。発表会では、国内の男性を対象に臨床試験を行った東京女子医大の川島真教授が「副作用も少なく、58%の患者の髪の毛が増えるなど、効果が確認された」と報告した。

オオサカ堂では、医師の処方がなくとも、プロペシアやプロペシアのジェネリック品のフィンペシアを個人輸入できます。

オオサカ堂は、100%正規品保証、成分検査を実施しています。

プロペシアは医薬品個人輸入サイトのオオサカ堂で通販できます
↓   ↓   ↓

>> プロペシアのご購入はこちらから(最安値) <<
>> 私はプロペシアで髪が生えました 証拠写真はこちら <<

脱毛症に効果のあるプロペシアの発毛メカニズム

2005.10.03     飲む脱毛治療薬 国内でも承認へ 効果には限界も     東京夕刊     医療

 髪が抜けて薄くなるのを気にしている男性は多い。脱毛を抑える外用育毛剤の新製品が次々に登場しているが、これに加え、初の「飲む脱毛治療薬」が今月にも、厚生労働省から製造承認されることになった。これまで経口薬は、一部の医師が個人輸入して使っていたが、早ければ年内にも医療機関での処方薬として発売される見込みだ。
 外用育毛剤は、頭皮からしみ込ませ、血行を促進することで、髪の毛を作る毛母細胞を活性化するのが主流だ。これと全く異なる仕組みで作用するのが、飲む脱毛治療薬「フィナステリド」(商品名・プロペシア)。
 男性の脱毛症の一因は、精巣などから分泌される男性ホルモンの一種、テストステロンにある。全身の骨や筋肉の成長を促すが、髪の毛を作る毛母細胞では、酵素(5α―リダクターゼ)によって、ジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンに変わる。このDHTが、毛母細胞の働きを抑えるたんぱく質を作るため、毛母細胞が死に、脱毛が起きる。
 フィナステリドは、酵素の5α―リダクターゼの分泌を抑える働きがある。米製薬会社メルクが、まず男性ホルモンによって進行する前立腺肥大症の治療薬として発売したが、脱毛を抑える効果にも注目し、開発した。初の経口の脱毛治療薬として、既に世界60か国以上で使われている。国内では未承認で、一部の医療機関が個人輸入して使っていた。
 その一つ、東京都新宿区の城西クリニック(小林一広院長)では、既存の外用薬と併用し、フィナステリドの錠剤1個を毎日1回服用する。
 メルク社の日本法人・万有製薬によると、国内の20~50歳の男性を対象に、フィナステリドの効果を、薬効のないプラセボ(偽薬)と比べた治験では、この薬を1年間使った132人の頭頂部の写真を撮影して評価したところ、58%の人が脱毛部分に頭髪が増え、40%は現状維持だった。一方、プラセボでは現状維持が7割だったが、2割の人は脱毛が進んだ。
 治験に携わった東京医大皮膚科教授の坪井良治さんは、「外用育毛剤でも、ある程度効果は見られる。外用育毛剤との比較は難しいが、目に見えて頭髪量が増えるという意味では、フィナステリドの方が高い効果が期待できる」と話す。
 ただ、効果の程度には個人差がある。坪井さんは「根本的な治療ではなく、服用をやめると脱毛が始まる。顕著な効果が期待できるのは半年までで、その後はあまり改善は見込めない」と話す。決して“夢の薬”ではない。
 この薬の処方は男性に限定される。米食品医薬品局は「妊娠中の女性が飲むと、胎児に先天異常などが現れる可能性がある」と警告している。
 製造承認後、製薬会社が保険適用を申請するかどうか未定だが、適用されない場合、医療費は全額自己負担になる。城西クリニックでは、1か月に1回の診察で3万円程度かかるという。
 脱毛症は、食生活など生活習慣、ストレスなどもかかわっていると考えられており、生活習慣を見直すことも、髪の健康には大切だ。(科学部 安田幸一) 

プロペシアの通販はこちらからどうぞ
↓   ↓   ↓

>> プロペシアのご購入はこちらから(最安値) <<
>> 私はプロペシアで髪が生えました 証拠写真はこちら <<

プロペシアで薄毛克服

2007.04.12     [元気をつくる]医療の力(2)うす毛克服 心は前向き(連載)     東京朝刊

 ◇第2部
 長寿番組「NHKのど自慢」の司会を2年間務め、今月からフリーになった元NHKアナウンサー、宮本隆治さん(56)。
 民放レギュラー番組の司会も決まり、好調な再スタートを切ったが、実は、10年以上前から人知れず悩みを抱え続けていた。
 「うす毛」である。
 久々に会った知人の視線が一瞬、自分の頭に移動する気がする。「人に会うのに気後れするようになります」。人に会うのが嫌になったこともある。良い薬やシャンプーがあると聞けば試す。しかし効果は今ひとつだった。
 2001年、東京・西新宿にある「城西クリニック」を受診。飲み薬や塗り薬などを欠かさず使った。一進一退の末、3年ほど前から幾分、毛髪が増え、太くなってきた。
 宮本さんも使うフィナステリド(商品名・プロペシア)は、初登場の飲む発毛剤。男性ホルモンの作用で進む前立腺肥大症の治療薬だったが、脱毛を抑える効果が見つかり、男性型脱毛症の薬になった。日本では一昨年末、医師の処方薬として発売された。だれにでも効くわけではなく、薬をやめれば効果は消える。健康保険は使えない。
 同クリニックの患者で多いのは20、30歳代。団塊の世代となると、「老化現象の一つ」と受け入れる傾向がある。それでも昨年から、中高年も口コミで徐々に増えてきたという。
 ある全国調査では、抜け毛やうす毛を自認する50歳代男性の55%、60歳代の44%が、「気にしている」と回答。くすぶる思いに、医療が火を付けたのか。
 「男だから外見を気にするな、という考えもあるが、髪が戻ると心も若返って、アナウンサー寿命が延びたと思う。治療も一つの選択肢ではないでしょうか」と宮本さんは言う。
 男性で外見の老化を感じさせるのがうす毛なら、女性はしわやしみ、たるみかもしれない。美容医療には、様々な手段がある。レーザーや薬によるしみやくすみ取り、皮膚をひっぱりあげたり、切ったりしてしわやたるみを取る手術……。
 そして最先端の再生医療。心臓など臓器を再生できれば、提供者不足の臓器移植に頼る必要がなくなる。これは夢の医療だが、皮膚や脂肪組織再生の取り組みはすでに始まっている。
 横浜市の「セルポートクリニック横浜」は昨年、あらゆる細胞の元となる「幹細胞」を用いて、しわ取りや乳房をふっくらさせる治療を始めた。太ももや腹部から吸引した脂肪組織から、特殊な技術で幹細胞のみを抽出、脂肪組織と混ぜ合わせて顔などに注入する。
 同クリニックの佐藤克二郎院長は「幹細胞が血管や脂肪組織として再生する」と説明する。東大形成外科との共同開発だ。
 アンチエイジングネットワーク理事長の塩谷信幸・北里大名誉教授(形成外科)は「毛根の再生研究も含め再生医療は試行錯誤の段階。美容的な治療は、気持ちを元気にする効果もあります。満足のいく外見を得る治療も重要な研究領域です」と話している。

プロペシアは、医薬品個人輸入サイトのオオサカ堂で通販できます
↓   ↓   ↓

>> プロペシアのご購入はこちらから(最安値) <<
>> 私はプロペシアで髪が生えました 証拠写真はこちら <<

おすすめの海外医薬品通販サイトはどこ?

「ドラッグ・ラグ」という言葉がある。すなわち諸外国では処方が承認されているのに日本では承認が遅れ、必要としている患者の手に届かないという薬の問題だ。
 ところが、今はこの問題もインターネットの普及でクリアされつつある。海外で承認されている薬であれば、ネット通販で海外から取り寄せることが容易なのだ。
 もちろん覚醒剤などの違法薬物は別だが、海外で承認されている薬を個人が輸入することは合法だ。日本で処方されている薬も健康保険で購入するより、海外からネット通販で購入した方が安い場合も多い。早ければ注文から1週間程度で配達されるので、緊急を要さないのであれば、病院に行く手間もかからない海外ネット通販の利便性は大きいと言えるだろう。
 頭を良くする薬、スマートドラッグを日本で手に入れるにしてもネット通販が便利だ。とはいえ「医師の処方がなければ、本物かどうかも分からない」と思われる向きもあろう。海外医薬品の通販サイトは無数に存在するが、そのうちのどれが信頼に足るのか見極めるのは難しい。実際、バイアグラのネット通販では55%が偽薬だったという調査結果が公表されている。
 偽造業者がつくる模造品は巧妙にできていて、一見しただけでは偽薬とは分からず、本物と並べてみて、よく見比べなければ真贋がハッキリしないのが実情だ。中国などの偽造工場は衛生面や製造工程に問題があったり、時に毒物が混入しているケースさえある。
 では、どんなサイトを選べばよいか。まず、「ネットのことはネットに聞け」である。2ちゃんねるなどの掲示板で利用者から口コミで評判になっているサイトなら、とりあえず安心であろう。そして、歴史のある大手サイトならば、信頼性はより高まる。
 たとえば海外医薬品通販サイト「オオサカ堂」では最強の育毛剤として知られるプロペシアが日本で医師から処方される場合の7000円に対して、1箱、4931円(28錠、1ヶ月分)と安価に販売されているが、第三者機関による成分証明書も公開されていて、サイトの設立も1998年と古い。2ちゃんねるでもたびたび話題になっている。

オオサカ堂のホームページはこちらです!
(クリック先ページ左上のオオサカ堂ロゴか「ホーム」をクリックするとオオサカ堂のホームページが開きます)
↓   ↓   ↓



>> プロペシアのご購入はこちらから(最安値) <<
>> 私はプロペシアで髪が生えました 証拠写真はこちら <<

ハゲを克服する方法

神様は不公平である。一方では髪がフサフサの人間を創っておきながら、もう一方ではハゲハゲの人間も創ってしまった。もちろん、人間として生きる上でハゲは圧倒的に不利である。

 とにかくハゲは見苦しい存在である。一見してハゲはダサく、頼りなく見えてしまう。もちろん、ハゲの当人にとって重大な問題だ。ハゲていることで人前に出るのが気恥ずかしくなり、自信を失い、行動も消極的になりがちだ。

 よってハゲは出世できないし、女にもモテない。さらにはこんな話もある。役所の社会福祉課の担当者が言う。
「弁護士や司法書士に連れられて、生活保護の申請に訪れる人の80%以上がハゲています。うつろな目でトツトツと生い立ちから語ってもらうと、ハゲの多くはこれまで定職にも就けず、結婚暦も身寄りもいません」

 人はハゲになると、幸せを望めず、惨めな人生を送るしかなくなるのである。

 最近の政界で台風の目となっている橋下徹大阪府知事にしても髪はフサフサ。同じく改革派知事として辣腕を振るっていたハゲの東国原英夫元宮崎県知事が宮崎での高支持率から調子に乗り、うっかり東京都知事選に立候補し、石原慎太郎現都知事にあえなく返り討ちに遭ったのといかにいも対照的だ。小泉純一郎元首相だって、ハゲていたら改革は断行できたか。答えは「否」だ。

 だが、数は少ないものの、ハゲでも成功者は存在する。ハゲの成功者の筆頭格と言えば、ソフトバンクの孫正義社長だろう。世界を変革した夢の電話、iPhoneを日本で提供し、ソフトバンクを大躍進させた。経済誌『フォーブス』の世界長者番付2011年版によると孫社長の総資産は6723億円とされている。孫社長は日本の歴史上、もっとも成功したハゲと言って間違いないだろう。

 だが、孫の成功の起爆剤となったiPhoneの日本における独占販売は、同じくハゲのアップルのスティーブ・ジョブズ社長との特別な関係があったからこそ実現できたものだ。ジョブズ社長と孫社長は、古くからの友人関係だったというが、ハゲ同士というものは仲良くなりやすいものだ。「亜鉛が効くらしいですよ」「イソフラボン飲んでます?」などと、ハゲは常に互いの薄毛改善情報を交換し合っており、友情も芽生えやすい。携帯電話シェアがトップで実績のあるNTTドコモを押しのけて電波が繋がりにくいソフトバンクがiPhoneを獲得できたのは、ジョブズ社長と孫社長の親密なハゲコネクションがあったからである。

 ところが、そのソフトバンク成長の原動力だったiPhoneもauから販売されるようになった。この判断を下したのは、ジョブズ社長が病気で体調を崩したために昨年からアップルの実権を握ることになったティム・クックだ。クックはハゲではない。フサがハゲを見限った格好となった。iPhone独占を失ったソフトバンクは、これから業績の急降下が懸念されている。やっぱりハゲはツ詰めが甘かった。

 ちなみに孫社長は自身がハゲていることをかなり気にしているようだ。以前、孫社長がツイッターで明らかにしたところによると、アイスクリームの「ハーゲンダッツ」のことを家族に「ダッツ」と呼ばせているそうだ。理由は「名前が良くないので」とのこと。

 孫社長のような億万長者になっても、ハゲはNOなのである。ハゲたら、すべてが終わる。すでにハゲてしまっているならば、治すべきだ。ハゲていなくとも、ハゲを未然に防止するすべを知っておくべきである。
 では、ハゲはどうすれば、治るのか。億万長者の孫社長ですら、ハゲを退治できないのである。庶民のわれわれにできることはあるのか。

 実はかく言う筆者も長年、薄毛で悩み、これまでに様々なハゲ対策を試みてきた。
 まず、若いころに飛びついたのが、花王の育毛トニック「サクセス」。値段が安いので使ったことがある人は多いと思う。頭にスプレーすると、地肌がスーッとして気持ちがいいが、効果は実感できず。こんなものは気休めである。

 次に試したのは、育毛シャンプーの「スカルプD」。吉本のお笑い芸人やSMAPの草薙くんや中居くんのCMでおなじみだろう。シャンプーということで入手しやすく、また、値段が高いこともあって「効きそう」という印象を持ったが、効果は実感できず。最近のバージョンのものは分からないが、以前、使った際は、髪がキシキシして、くせ毛が強調されるなど、筆者の髪には合わなかった。

 本格的に頭髪を気にし始めてから、使ったのが「リアップ」である。派手にCMが流されていることもあり、知名度から言うとナンバーワンの発毛薬だろう。だが、頭に毎日2回、薬をすり込むという作業はかなり面倒だ。さらに、筆者の場合、毛髪が細く猫っ毛であるため、頭皮に薬剤を塗り込むことで皮脂が髪にまとわりつくせいか、髪全体がペタっとして余計に薄毛が目立ってしまう。リアップの効果は医学的に実証されているとのことだが、筆者には向いていなかったようだ。

 お笑いタレントの水道橋博士が推奨しているのが育毛シャンプーの「プログノ」だ。発売元はヘアコンタクトで知られるプロピアで、配合されているプロテインが髪に効果があるという。使ってみると、髪がふわっとして、ボリュームが出た気がしたが、使い続けても目立った効果は感じられなかった。知り合いが試して「抜け毛が減った」と話しているので、人によってはいいのかもしれない。

 育毛シャンプーでは、韓国で話題の「デンギモリシャンプー」がおすすめだ。キャッチコピーは「育毛大国韓国で生まれたシャンプー」。「デンギモリ」とは、三つ編みという意味だそうだが、なかなかインパクトのあるネーミングだ。高麗人参などの漢方薬が配合されていて、地肌に栄養を染みこませ、血行を改善し、発毛を促すという触れ込みだ。使い始めてから間もないので、発毛効果の方は分からないが、使ってすぐに髪にコシが出てボリュームが増した。だが、床屋のヘアトニックのようなニオイがかなり強烈だ。1週間も使っていれば慣れてくるが、本人は慣れても周囲にはオッサン臭さをまきちらすことになる。ニオイを抑えた日本仕様の「デンギモリ氣シャンプー」があるので、そちらを使った方が賢明だろう。

 その他、薄毛対策グッズは山のようにあるが、その大半は怪しげで、効果は実感できず、1つ1つ試していると金ばかりかかってしょうがない。何かいいものはないのか。一番いいのは、実際にハゲの治療に成功した人から、秘密を聞き出すことだ。

 実は私の知人H氏は、ハゲを完全克服したひとりである。どうやって、ハゲを治したのか。
 筆者は半年ほど前、喫茶店での打ち合わせの際、H氏を前にこんこんと説教をしたことがある。
「キミね、若ハゲでは出世できないんだよ!」

 当時のH氏は、30代前半というのにかなり頭頂部が薄くなり、ほぼカッパ状態。だが、H氏は「ボクの親もハゲています。遺伝の影響でハゲの進行は止められません」とあきらめ顔であった。

 ところが、それから3ヶ月ほどして筆者はH氏と再会して驚いた。以前のハゲは影も形もなくなり、見事に頭髪が復活し、フサフサになっていたのだ。一体、どうしたのかと筆者も問いただしたくもなったが、あまりにも堂々としていたため、「ハゲって何ですか、汚らわしい。ハゲなんて見たこともないです」と言われかねないと思い、聞くのを思いとどまった。

 一体、H氏の髪に何があったのか。筆者から活を入れられたH氏は、すぐさま薄毛で悩む編集部関係者数人と連れだって薄毛治療の病院に駆け込んだという。それで処方されたのが、プロペシアという治療薬だった。

 H氏とともにプロペシアで薄毛治療に取り組んだもう1人の関係者も見事にハゲが治っている。現代医療はついにハゲを退治することに成功しつつあるのだ。

 とはいえ、「プロペシアが劇的に効くのは、4人に1人に過ぎない」(治療医)とも言われ、その効果には個人差がある。人によっては、現状維持にとどまるだけだったり、まったく効かないケースも少なくない。

 だが、プロペシアを超える発毛力がある、現時点でもっとも有効なハゲ治療の最終兵器とされる薬が世の中には存在している。その名も「ミノキシジルタブレット」。略して「ミノタブ」である。ミノキシジルとは、画期的発毛薬として一時期、注目されたリアップの成分で、ミノタブはそれを内服薬としてタブレット(錠剤)にしたもの。

 ネット上には、何を試してもハゲが治らなかったという人がミノタブを服用してフサフサになったという報告が多くアップされている。俳優の温水洋一クラスのハゲから完全回復したケースも少なくなく、匿名掲示板では「このままの調子で髪が生えてくると額がなくなってしまう」「飲んで朝起きたら、狼男になっていた」などという体験談が書き込まれている。

 だが、うまい話には必ずワナが付きものだ。ミノタブもその例に漏れない。ミノタブの問題は副作用が強烈すぎるということだ。そのため、厚生省は発毛薬として認可しておらず、日本ではインターネットで海外から個人輸入しなければ手に入らない。

 では、ミノタブにはどんな副作用があるのか。頭髪だけでなく全身の体毛が濃くなる、顔などがむくむなどの副作用が報告されているが、最大の問題は心臓に負担がかかりすぎるということだ。ミノタブはもともと高血圧の患者が一時的に飲む血圧降下剤だ。血管を拡張して、血圧を低下させる作用があり、低血圧の人が飲むと、心臓に負担がかかってしまう。そのため、吐き気や動悸、息切れ、めまいに襲われる場合がある。ミノタブは別名「死の発毛薬」とも呼ばれており、最悪の場合、心臓発作で救急車に運ばれたというケースもあるという。

 実は筆者も薄毛で悩んでおり、ミノタブを服用したことがある。ところが、3日間服用しただけで異常な動悸に襲われ、ダウンしてしまった。血管が過度に拡張したためか、運動もしていないのに、心臓がフルに活動し、血液を循環させようとする。これが丸1日以上も続くのだから、心臓が悲鳴を上げてしまった。ミノタブの服用をストップしても、心臓の疲労は収まらず、何日も心臓に違和感が残り、仕事にも支障を来した。

 ところが、である。気が付くと、腕の体毛が妙にフサフサになっているではないか。毛の根元が立って、長くなっているのだ。頭髪の方は有意な変化はなかったが、あのまま服用を続けていれば、発毛が頭髪にも飛び火していフサフサになっていたかもしれない。その前に心臓が破裂して、死んでいる可能性も高いが、使用量を抑えれば何とかなるかもしれない……。

 と、「たら」「れば」をいくら考えてもキリはないが、ともかく強力な薬なのである。厚生省の認可が下りていないこともあり、ハッキリ言って、おすすめはできない。だが、「ハゲのまま生きるくらいなら、死んだ方がマシ」と思い詰めている人が自己責任で使用することは否定できない。

 いずれ医療の進歩によって、ハゲ問題が完全に解決され、この世からハゲがいなくなる日が来ることを祈りたい。

●コラム

・プロペシア
「AGA」のCMで「お薬があります」と言っているのは、基本的にはこれのことを指している。抜け毛の原因である男性ホルモンを抑制し、発毛を促進する。1mgを1日1錠、服用する「飲む発毛薬」であり、続けやすい。

・フィンペシア
一般的に知られる発毛薬として、もっとも普及しているのがプロペシアだが、通院して医者に処方箋を書いてもらう必要があって面倒だし、月の薬代は1万円以上もかかり、経済的な負担も大きい。そこでおすすめしたいのが、フィンペシアだ。フィンペシアはプロペシアと同じ発毛成分が含まれるインドの薬で、インターネットで個人輸入できる。値段は300錠で5000円程度。医者から処方される最も安いプロペシアと比べても、10分の1以下とお手頃だ。

・ミノキシジルタブレット
リアップにも含まれている成分、ミノキシジル。効果は立証されているが、どうして効果があるのかについてはまだ解明されていない。ミノキシジルは頭皮に注射するのが一番効果があるとも言われるが、治療費も高いし、しょっちゅうクリニックに行くわけにもいかないので、タブレットで飲むのが現実的。とはいえ、内服薬としてのミノキシジルはかなりの劇薬であり、副作用が気になる。動物実験で犬に投与したところ、心臓が破裂して死亡し、内服薬として売り出せなかったとも言われている。いろいろな意味で心臓の強い人にしかおすすめはできない。

プロペシアは医薬品個人輸入サイトのオオサカ堂で通販できます
↓   ↓   ↓

>> プロペシアのご購入はこちらから(最安値) <<
>> 私はプロペシアで髪が生えました 証拠写真はこちら <<

プロペシア、ドーピング検査で陽性反応

2007.08.11     プロ野球薬物違反 ガトームソン「隠ぺい目的ではない」 球団は処分軽減要求へ     東京朝刊     スポA     21頁     1975字     04段     写真

 ◆ガトームソン広報通じ
 ソフトバンクのガトームソン投手の薬物違反が10日、明らかになり、球団は終日、対応に追われた。〈本文記事31面〉
 チームに帯同して神戸入りしていたガトームソンは、球団広報を通じて「やるべきことをやったのに罰則を受けたのは残念でならない。(筋肉増強剤などの)隠ぺい目的で服用していたわけではない」と20日間の出場停止を不満とした。王監督も複雑な胸中をのぞかせた。先発陣の一角が出場停止となり、「球界としての(厳しい)考え方を示そうとしているのだろう。意図的なものはない。胸を張って言える」と話した。
 球団は緊急の持ち回り懲罰委員会で球団幹部の処分を決定。竹内孝規・最高執行責任者をけん責処分、角田雅司球団代表を出勤停止7日間と減俸10%1か月、福地経人管理部長を減俸10%1か月とした。
 試合前に記者会見した角田代表は、「私の管理不行き届きと認識している。今後は管理部門の指導、報告ルートの確立を徹底したい」と陳謝した。しかし、「選手に責任はない」として出場停止処分の軽減を求めて日本プロフェッショナル野球組織(NPB)に異議申し立てする意向を明らかにした。
 根来泰周(ねごろ・やすちか)・コミッショナー代行「去年1年、啓蒙(けいもう)期間を置き、キャンプでも説明して、十分理解してもらっていると思っていたが、非常に残念。さらに注意喚起する必要がある」
 小池唯夫パ・リーグ会長「管理面での慎重さに欠けたことが一因とはいえ、誠に遺憾。再発防止について、各球団とも管理、監督を一層徹底してほしい」
 ◆薬物検査昨年開始 今年から罰則導入
 日本プロ野球のドーピング検査は、五輪やWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)などプロ選手の国際大会出場が多くなったことなどから2006年にスタート。「啓蒙期間」とした昨年は約100選手から107検体を採取、今年からは罰則を伴う制度として導入され、9日現在で84検体が採取されている。
 検査は2月1日から11月30日までのキャンプ、オープン戦、公式戦のほか、試合がない日に抜き打ち的に行う「競技外検査」も実施している。公式戦では試合開始60分前に、検査対象試合であることを両チームに通知、五回終了時に、くじ引きで検査する選手を数人選び、試合後、採尿する。禁止薬物が検出された(陽性反応)場合、球団代表、選手本人に通知され、72時間以内に再分析の申請がない場合、陽性と認定する。
 違反者には程度に応じ、〈1〉けん責〈2〉10試合以下の出場停止〈3〉1年以下の出場停止〈4〉無期限出場停止――が科されるほか、関係者の関与が認められた場合、所属球団にも1000万円以下の制裁金が科される。
 検査結果などに納得できない場合、選手は10日以内に異議申し立てができ、弁明の機会が与えられる。
 ◆経口発毛剤「フィナステリド」 筋肉増強剤の「マスキング」効果 五輪米代表やNHL選手も
 今回、問題となった薬物「フィナステリド」は、欧米などで広く使われている経口発毛剤の成分で、これまでにも多くの選手を泣かせてきた。「プロペシア」などの名で、日本でも近年出回っている。
 過去の陽性事例では、トリノ五輪代表だった米国トップの男子スケルトン選手が、2005年11月の検査で陽性となり、五輪開幕日の06年2月10日、スポーツ仲裁裁判所(CAS)で1年間の資格停止処分が確定。メダル獲得の夢がついえた。また、同五輪に向けた選手選考の予備薬物検査で、北米アイスホッケーリーグ(NHL)カナディアンズのGKも陽性となった。サッカーの元豪州代表やイタリアのプロゴルフ選手の事例もある。
 フィナステリドは、筋肉増強剤の使用痕跡をごまかす効果を持つ「マスキング剤」として、2005年から世界反ドーピング規約の禁止薬物リストに加えられた。男性ホルモンのテストステロンに関与する酵素の働きを阻害する働きがあり、フィナステリドの代謝物が尿中にあると、テストステロンなど複数の筋肉増強剤の使用痕跡が分析困難か不能になる。誤用したのか、故意にマスキング剤として使ったのかの判別がつきにくいため、同規約では現在、陽性者は原則2年の出場資格停止と定めている。
 
 ◇リック・ガトームソン 1977年、米国生まれ。97年、パドレスと契約。2005年、マリナーズ傘下の3Aタコマからヤクルトに入団。昨年5月25日の楽天戦で、ノーヒットノーランを達成。ヤクルト2年間で17勝(15敗)を挙げ、今季からソフトバンクに移籍した。契約は2年総額2億5000万円(推定)。今季はこれまで5勝6敗。1メートル82、95キロ。右投げ右打ち。

プロペシアは医薬品個人輸入サイトのオオサカ堂で通販できます
↓   ↓   ↓


>> プロペシアのご購入はこちらから(最安値) <<
>> 私はプロペシアで髪が生えました 証拠写真はこちら <<

薄毛でお悩みの方はチェック! よくできた育毛剤ガイドです!
↓   ↓   ↓


オオサカ堂で人気のオススメ発毛薬
医師の処方が必要ない、医薬品の個人輸入なら1997年設立、全品メーカー純正、成分検査実施、送料無料の「オオサカ堂(大阪堂)」がおすすめです。
リンク先の商品ページの下の方に使用者のレビューが掲載されています。参考にしてください。
「オオサカ堂」はまとめ買いがお得です。

>>オオサカ堂の購入体験記はコチラ!

◆◆◆フィナステリド系

アメリカ版プロペシア
 AGAで悩む多くの人に効果が確認され、世界でもっとも普及している人気ナンバー1発毛薬です。発毛成分フィナステリドを含有。1日1錠、半年ほどの服用で効果を実感できるようになります。個人輸入でのプロペシアのご購入は、国内最安値の「オオサカ堂」がおすすめです。上のプロペシアの画像をクリックすると販売ページに進みます。詳しくは、こちらの記事もどうぞ。


オーストラリア版プロペシア
 今、もっともおすすめのプロペシア。2015年8月からオオサカ堂に登場しました。成分・メーカーはアメリカ版と変わりませんが、価格が安いです。詳しくは、こちらの記事をどうぞ。


フィンペシア
 プロペシアと同じ発毛効果がありながら、処方された「プロペシア」の10分の1の価格でお買い求めできます。インドのシプラ社が販売。当ブログ管理人もフィンペシアを毎日、飲んで、AGAを克服しました。おすすめします。オオサカ堂は、まとめ買いがお得なので、私はいつも3箱、買っています。
その他のプロペシア・ジェネリックについては、こちらの記事をどうぞ。


フィナロイド
 フィナステリド配合のAGA治療薬。フィンペシアと同成分でsぐあ、値段が安いです。今後、プロペシア・ジェネリックの新定番商品になりそうです。 詳しくはこちらの記事をどうぞ。

◆◆◆デュタステリド系

アボダート
 プロペシアを超えるAGA治療薬の最終兵器です。有効成分のデュタステリドは、男性型脱毛症の原因である5α還元酵素の1型、2型ともに抑制します。2型5α還元酵素しか抑制できないプロペシアの1.5倍の発毛効果があるとされています。デュタステリドは日本でAGA治療薬として認可され、ザガーロとして発売されました。詳しくは、こちらの記事をどうぞ。


爆毛根
 新AGA治療薬デュタステリドとミノキシジルを配合した外用育毛剤。詳しくは、こちらの記事をどうぞ。

◆◆◆ミノキシジル系

ミノキシジルタブレット
 タブレット状の飲むミノキシジル。劇的な発毛効果があったという報告が多数ある発毛最終兵器です。効果は抜群ですが、人によっては心臓に負担がかかる場合があります。異変を感じたら服用を中止しましょう。ミノキシジルタブレットはプロペシアとは発毛作用が異なるので、プロペシアとの併用で相乗効果があります。詳しくは、こちらの記事をどうぞ。


ロゲイン
 外用発毛薬、リアップのアメリカ版ブランドです。発毛成分ミノキシジル含有。プロペシアとの併用で、発毛効果がアップします。また、値段はリアップの1/3ですから、お買い得です。


カークランド・ミノキシジル5%
 リアップ、ロゲインより安価な外用ミノキシジルのジェネリック品です。ミノキシジル配合なので、成分と発毛効果はリアップ、ロゲインと同等です。「カークランド」は量販店コストコのプライベートブランドで信頼性が高いです。詳しくは、こちらの記事をどうぞ。


ポラリスNR-08
 リアップ(ロゲイン)のパワーアップ版。リアップに含まれる発毛成分のミノキシジルが7%、薄毛の原因となる男性ホルモンDHT(デヒドロテストステロン)を抑制する効アゼライク酸5%、生え際の育毛効果があるリンゴポリフェノール、ミノキシジルの効果を促進するLリジンなどの各種アミノ酸を配合した外用育毛剤です。ポラリスシリーズで最も人気が高い商品です。詳しくは、こちらの記事をどうぞ。


ポラリスNR-09
 リアップに含まれる発毛成分、ミノキシジルをリアップの3倍の15%、抜け毛を促進する酵素を抑制するプロシアニジンB2と銅ペプチド、発毛促進因子を補助するアデノシン、頭皮の血管形成を促進するサイモシンb4-ポリペプチド成長因子など、様々な補助成分を配合し、高い発毛効果を実現した外用薬です。詳しくは、こちらの記事をどうぞ。


ポラリスNR-10
 ミノキシジル最高濃度16%、プロペシアに含まれるフィナステリド0.1%、その他の補助成分を配合。5年以上の長期にわたって薄毛が進行した男性向けの外用ミノキシジルです。詳しくは、こちらの記事をどうぞ。


ジェンヘアー・ミノキシジル15%ローション
 ミノキシジル濃度15%、L-アルギニン配合の最新強力育毛剤。溶液がサラッとしていてべたつかず、ニオイも気になりません。使い勝手が評判です。詳しくは、こちらの記事をどうぞ。

◆◆◆その他

L-リジン
 育毛に効くサプリメント。L-リジンは体内で生成できず、外部からの摂取が必要な必須アミノ酸の一つですが、薄毛を予防し、育毛効果を促進し、リアップやロゲイン等のミノキシジルの効果を増加させる働きがあります。ミノキシジルを使用している人は、併用するといいでしょう。詳しくは、こちらの記事をどうぞ。


ニナゾルシャンプー
 抜け毛及びフケ防止に効果的な成分「ケトコナゾール」を配合したシャンプー。薬用のため、個人輸入でしか購入できない特別なシャンプーです。詳しくは、こちらの記事をどうぞ。

お支払いはポイントを貯めやすい楽天カードをおすすめします! 今なら新規お申し込みでポイント大量プレゼント中! 私も使ってます♪
コメント(何でも聞いてください。管理人が答えます)
ブログランキング
blogramで人気ブログを分析 ブログランキング
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター

    タグクラウド