プロペシア・フィンペシア通販個人輸入情報

薄毛、ハゲ効果のある発毛医薬品プロペシア(有効成分、フィナステリド)、フィンペシア(同)、ロゲイン(ミノキシジル)、リアップ(同)ポラリス(同)、ミノキシジルタブレット(同)、ザガーロ(デュタステリド)などの口コミ情報をお届けします。最強のAGA(男性型脱毛症)治療薬はどれか? 100%正規品で成分検査を実施しているオオサカ堂(大阪堂)なら、送料無料で処方薬を安価に通販で購入できます。

「プロペシア通販」に関する記事

プロペシア(フィナステリド)を最安値で通販・購入ならこちら


MSD(旧万有製薬)が販売している「プロペシア」は育毛に劇的な効果をもたらします。
その理由はプロペシアに含まれているフィナステリドという物質が脱毛の原因となる男性ホルモンをブロックし、発毛を促進するからです。
その効果の高さから、プロペシアは世界60ヶ国以上で承認され、多くの利用者がいます。
(プロペシアの発毛効果についてはこちらの記事をどうぞ)

では、どうしたらプロペシアを入手できるでしょうか。
通常、プロペシアを購入するには、発毛専門病院に行って、処方箋を書いてもらう必要があります。
その場合、28錠、1ヶ月分のプロペシア代7000円~1万円になります。
そして、健康保険の適用外ですから、一般に処方される薬よりも割高です。
いくら髪が生えてくるといっても、結構な出費ではないでしょうか。
しかも、処方してもらうために病院に通院しなければなりません。

そこでおすすめなのが、ネット通販です。
医薬品のネット通販サイトを利用すれば、安くプロペシアを購入できますが、医薬品通販サイトは数多くあります。
私がオススメするのは、オオサカ堂です。
医薬品通販サイトはたくさんありますが、オオサカ堂ではプロペシアを最安値で提供しています。

オオサカ堂で一番安いアメリカ製プロペシアは、5448円、2箱で9888円(1箱あたり4944円)でした。

プロペシアはオオサカ堂で購入するのが、断然お得です。

また、オオサカ堂なら10箱までのまとめ買いが可能ですが、他のサイトでは1箱分までしか購入できないところもあります。

そして、オオサカ堂のプロペシアの販売ページには、専門の第三者機関による成分鑑定表が掲載されています。 

プロペシアの有効成分である「フィナステリド」が検出されています。
本物に間違いありません。

また、オオサカ堂のプロペシアの販売ページ最下部には、利用者からのレビューコメントが掲載されているので、参考にしてください。
2015年2月16日現在、プロペシアのレビューは1768件もあります。

私もオオサカ堂を利用していますが、信頼できるサイトです。
オオサカ堂の信頼性については、こちらの記事をどうぞ。


オオサカ堂でプロペシアをご購入されるカラはこちらをクリック!

(まとめ買いがお得です)
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 

日本でプロペシアを販売しているのは、万有製薬ですが、ネット通販で購入できるプロペシア:メルク(Merck)社のものです。
日本ではメルク社と聞いても、知らない人が多いと思いますが、万有製薬はメルク社はの日本法人であり、メルク社こそがプロペシアの本家のメーカーですので、品質はまったく問題ありません。

関連記事
プロペシアはミノキシジル系育毛剤との併用で相乗効果を得られます。
プロペシアの初期脱毛について気になる方はこちらの記事をどうぞ。
プロペシアの副作用は?

以下はプロペシアの関連記事です。プロペシアの効果は科学的に証明されているものです。
『朝日新聞』(2004年1月26日付、東京夕刊 科学面)
「毛髪、抜ける前に先手 効果競う60品目 自分に合う商品を」

 脱毛や薄毛で悩む男性は一千万人以上に上るといわれる。だが発毛の仕組みはまだよくわかっておらず、万人に効く決定的な育毛・発毛薬はまだない。こうした中、新製品は次々登場しており、約四十社の六十ブランドが商品棚のスペースを争っている。はたしてどれほど効くのだろうか。(木村達矢)
 毛髪は約十万―十五万本ある。一日に約〇・三五ミリ成長し、平均約百本抜ける。髪がちゃんと成長する前に抜け、薄くなるのが男性型脱毛症だ。
 ライオンは遺伝子解析技術を駆使し、脱毛部位では発毛促進物質が少ないことを発見。この物質を増やすサイトプリンを主成分とした育毛剤「イノベート」(医薬部外品)を“新世代育毛剤”として昨年十月に発売した。一か月で二十五万本を売り上げ、育毛剤全体の一割に達した。
 同社によると、脱毛部の毛乳頭細胞は、細胞の成長を促す遺伝子の働きが弱くなり、毛母細胞の増殖が抑えられている。サイトプリンは植物の成長にかかわる物質だが、この遺伝子を活性化させる効果がある。開発に携わった吉野輝彦主任研究員は「発毛の新しい仕組みを解明したことで、消費者から信頼された」とヒットの理由を指摘する。
 一方、大正製薬の発毛剤「リアップ」は一九九九年の登場以来売れ続け、今も売り上げ全体の三割を占める。「外用剤としては、リアップを超える製品は当分出てこないだろう」と豪語するのは同社の畑中伸治・商品開発推進部長だ。主成分ミノキシジルはもともと血圧を下げる薬。ところが薬を飲んだ患者の頭髪がぐんぐん伸びたことから米企業が育毛剤として注目。同社が日本での開発権を得た。
 ミノキシジルは、サイトプリンと同様、毛乳頭細胞に働きかけ、毛母細胞の増殖を促進する効果がある。
 手軽な飲み薬もある。田村治照堂の「ハツモール」は、リアップや第一製薬の「カロヤン」と並び医薬品認可を受けている。ハツモール内服薬の主成分セファランチンは副交感神経に働き、頭皮の血行を改善し発毛を促す。毛母細胞の増殖を活発化する効果もある。
 さらに今業界が注目するのは、万有製薬が来年三月までの発売を目指す「プロペシア」だ。この内服薬は、店頭販売ではなく医師の処方が必要となる。
 男性ホルモンは一般に体毛の成長を促すが、頭髪だけは抑える。米メルク社が開発したプロペシアは、この働きを抑えることで頭髪の発毛促進、脱毛抑制の効果があり、四十数か国で販売中。海外ではプロペシアとミノキシジルの併用で相乗効果があるとのデータも発表されている。
 東京医科大の坪井良治教授(皮膚科)は「育毛剤はそれぞれ作用が違うので、自分に合った製品を使うことが重要。この五年間で毛髪の成長を制御する物質が多く見つかっており、今後商品化されるものもあるだろう」と話している。
 〈男性型脱毛症〉
 思春期を過ぎた男性の脱毛が徐々に進む病気。毛髪の根元には毛包と呼ばれる膨らみがあり、中心部には毛乳頭細胞、その周囲には髪になるケラチンを作る毛母細胞がある。男性型脱毛症では、毛包が委縮し、髪が硬く太く成長できなくなり、軟らかく細い状態で抜ける。

>> プロペシアのご購入はこちらから(最安値) <<
>> 私はプロペシアで髪が生えました 証拠写真はこちら <<

フィンペシア輸入代行

フィンペシアの個人輸入はこちらから
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
朝日新聞 1998.07.20     検証・未承認薬「ネット商法」 急増する輸入代行 育毛剤、合法ドラッグ     東京朝刊     社会

 ◆バイアグラでは死者も
 日本ではまだ承認されていない海外の医薬品類が、続々と国内に流れ込んでいる。育毛剤や強壮剤から“合法ドラッグ”などまで、その量と種類は膨れ上がるばかりだ。背景にあるのが、インターネットを通じた個人輸入代行業の普及だが、先週には性的不能治療薬「バイアグラ」の服用者が死亡していたことが発覚して波紋を広げた。規制が及びにくい、未承認薬の“インターネットビジネス”の問題点を検証する。

 ◆副作用、ニセモノ横行 届かぬ監視の目
 「いつかはこういう事態が起こると思っていた」
 バイアグラの服用者の死亡が公表された先週十五日、厚生省幹部はそう漏らした。同省に病院から死亡例の報告が届いたのはこの日午前十時。省内では「国が未承認薬の死亡例を公表する必要があるのか」との声も出たが、「広く警鐘を鳴らすのが最優先」(医薬安全局)と、急きょ夕方に発表に踏み切った。
 バイアグラは今年三月米国で承認されたばかり。日本ではまだ承認見通しは立っていないが、すでにかなりの量が流れ込んでいる。
 薬事法は、許可を受けていない者が「業」として医薬品を輸入することを禁じているが、個人が自分で使う分を輸入することまでは禁じてはいない。それに目をつけたのが個人輸入の代行業だ。日本では新薬承認まで何年もかかる。税関手続きなど煩雑な事務を請け負う代行業は、インターネットという武器を得て有力ビジネスとなりつつある。
 インターネットで海外の医薬品類を検索してみた。業者が設けたホームページがずらりと並んでいる。ある検索サービス会社を通じただけで、不眠症向けホルモン剤「メラトニン」は約四十件、育毛剤「ロゲイン」は約五十件、強壮剤「DHEA」は十三件、バイアグラでは七件が表示された。日本では未承認の医薬品や健康食品ばかりだ。
 多くは薬事法の広告規制を無視するかのように「あなたの悩みはこれで解決!」などと効能を強調。問診票を添えている場合もあるが、副作用の説明はほとんどない。
 未承認薬の個人輸入代行業者は「今年に入って急増した」(医療関係者)とみられる。厚生省の担当者は「バブル時代に話題となった海外ブランド品の個人輸入ブームがそもそもの発端ではないか」と指摘する。不況下でも人々の関心が根強い医療・健康の分野が新たなターゲットになりつつあるというわけだ。
 兵庫県内の自営業者は「友人に頼まれて輸入してみたら簡単だったので」、副業として五月から輸入代行業を始めた。バイアグラや飲む育毛剤「プロペシア」、抗うつ剤「プロザック」など「予想以上の売り上げ」だが、「私には薬の知識はない。客自身が説明書を読んで判断して欲しい」。
 東京都豊島区の海外雑貨の輸入代行業者の場合、昨年までの売れ筋だったスニーカー靴に、医薬品がとって代わった形だ。食品小売業から二年前に医薬品の輸入代行に参入し、今では月間一千万円以上の売り上げがあるという港区の会社社長は、「他社にニセモノをつかまされたという相談が絶えない」と、モラルの低い業者の横行を嘆く。
 代行業者は「副作用の苦情はない」と口をそろえるが、「日本中毒情報センター」の大阪中毒一一〇番には未承認の「メラトニン」による中毒の相談が今年はすでに十件を数えている。他の薬や酒と併用して錯乱状態や意識不明になるケースが多いという。同センターには海外のダイエット食品や入浴剤なども含めた被害情報も、昨年一年間に六十九件寄せられた。後藤京子施設次長は「インターネットの一方的な情報をうのみにするのは危険」と指摘する。
 さらにインターネットには幻覚・妄想作用などがある「合法ドラッグ」も登場するようになった。さすがに同省は先月、こうした薬物の一種「2C―B」を麻薬に指定した。「薬事法で禁じる広告の概念があいまい」という指摘を受け、「特定商品名を出して、購入へと誘引するもの」と基準を厳しくすることも決めた。
 だが、規制をかいくぐるように新種の未承認薬を扱う業者は後を絶たない。同省も「監視の目が行き届かない」と頭を抱えている。

 ◆放置すれば大変な事態
 ◇日本内科学会専門医会でインターネット委員を務める伊地知信二医師「インターネットを通じた購入に慣れている米国でさえ、被害が問題化している。日本では『インターネットの情報は偏っている』という認識が薄い上、英文の説明書を読み違えたりする危険性もある。このまま放置すれば大変なことになる」
 ◇薬害問題に詳しい別府宏圀・都立府中療育センター副院長「厚生省は未承認薬でもインターネットなどで海外の情報をもっと積極的に提供するべきだ。取り締まるか、あるいは野放しかという従来の手法は通用しない」
とはいっても、ネット通販は便利なのは事実……。
ネット通販なら、医師の処方はいらず、通院する必要もなく、しかも薬代も安いのです。
発毛剤のプロペシア、フィンペシアは副作用は、基本的にありませんから、処方箋をもらう必要はないと思います……。

こちらで私が利用している、医薬品個人輸入の老舗サイト「オオサカ堂」の購入体験記を掲載しています。


オオサカ堂は、100%正規品保証、専門調査会社による成分検査を実施しています。

フィンペシアの個人輸入はこちらから
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

>> プロペシアのご購入はこちらから(最安値) <<
>> 私はプロペシアで髪が生えました 証拠写真はこちら <<

薄毛でお悩みの方はチェック! よくできた育毛剤ガイドです!
↓   ↓   ↓


オオサカ堂で人気のオススメ発毛薬
医師の処方が必要ない、医薬品の個人輸入なら1997年設立、全品メーカー純正、成分検査実施、送料無料の「オオサカ堂(大阪堂)」がおすすめです。
リンク先の商品ページの下の方に使用者のレビューが掲載されています。参考にしてください。
「オオサカ堂」はまとめ買いがお得です。

>>オオサカ堂の購入体験記はコチラ!

◆◆◆フィナステリド系

アメリカ版プロペシア
 AGAで悩む多くの人に効果が確認され、世界でもっとも普及している人気ナンバー1発毛薬です。発毛成分フィナステリドを含有。1日1錠、半年ほどの服用で効果を実感できるようになります。個人輸入でのプロペシアのご購入は、国内最安値の「オオサカ堂」がおすすめです。上のプロペシアの画像をクリックすると販売ページに進みます。詳しくは、こちらの記事もどうぞ。


オーストラリア版プロペシア
 今、もっともおすすめのプロペシア。2015年8月からオオサカ堂に登場しました。成分・メーカーはアメリカ版と変わりませんが、価格が安いです。詳しくは、こちらの記事をどうぞ。


フィンペシア
 プロペシアと同じ発毛効果がありながら、処方された「プロペシア」の10分の1の価格でお買い求めできます。インドのシプラ社が販売。当ブログ管理人もフィンペシアを毎日、飲んで、AGAを克服しました。おすすめします。オオサカ堂は、まとめ買いがお得なので、私はいつも3箱、買っています。
その他のプロペシア・ジェネリックについては、こちらの記事をどうぞ。


フィナロイド
 フィナステリド配合のAGA治療薬。フィンペシアと同成分でsぐあ、値段が安いです。今後、プロペシア・ジェネリックの新定番商品になりそうです。 詳しくはこちらの記事をどうぞ。

◆◆◆デュタステリド系

アボダート
 プロペシアを超えるAGA治療薬の最終兵器です。有効成分のデュタステリドは、男性型脱毛症の原因である5α還元酵素の1型、2型ともに抑制します。2型5α還元酵素しか抑制できないプロペシアの1.5倍の発毛効果があるとされています。デュタステリドは日本でAGA治療薬として認可され、ザガーロとして発売されました。詳しくは、こちらの記事をどうぞ。


爆毛根
 新AGA治療薬デュタステリドとミノキシジルを配合した外用育毛剤。詳しくは、こちらの記事をどうぞ。

◆◆◆ミノキシジル系

ミノキシジルタブレット
 タブレット状の飲むミノキシジル。劇的な発毛効果があったという報告が多数ある発毛最終兵器です。効果は抜群ですが、人によっては心臓に負担がかかる場合があります。異変を感じたら服用を中止しましょう。ミノキシジルタブレットはプロペシアとは発毛作用が異なるので、プロペシアとの併用で相乗効果があります。詳しくは、こちらの記事をどうぞ。


ロゲイン
 外用発毛薬、リアップのアメリカ版ブランドです。発毛成分ミノキシジル含有。プロペシアとの併用で、発毛効果がアップします。また、値段はリアップの1/3ですから、お買い得です。


カークランド・ミノキシジル5%
 リアップ、ロゲインより安価な外用ミノキシジルのジェネリック品です。ミノキシジル配合なので、成分と発毛効果はリアップ、ロゲインと同等です。「カークランド」は量販店コストコのプライベートブランドで信頼性が高いです。詳しくは、こちらの記事をどうぞ。


フォリックスFR02
 ミノキシジル2%、アデノシン、プロシアニジンB2、プロキャピルなどを配合した外用育毛剤。


フォリックスFR05
ミノキシジル5%、アデノシン、プロシアニジンB2、プロキャピルなどを配合した外用育毛剤。


フォリックスFR07
ミノキシジル7%、アデノシン、プロシアニジンB2、プロキャピルなどを配合した外用育毛剤。


フォリックスFR12
 ミノキシジル硫酸塩12%、フィナステリド、アルファトラジオール、アデノシン、フォリックサンを配合した外用育毛剤。


フォリックスFR15
 ミノキシジル15%、アデノシン、プロシアニジンB2、プロキャピルなどを配合した外用育毛剤。


フォリックスFR16
 ミノキシジル16%、フィナステリド、アデノシン、トリペプチド-1銅、プロキャピルを配合した外用育毛剤。


ジェンヘアー・ミノキシジル15%ローション
 ミノキシジル濃度15%、L-アルギニン配合の最新強力育毛剤。溶液がサラッとしていてべたつかず、ニオイも気になりません。使い勝手が評判です。詳しくは、こちらの記事をどうぞ。

◆◆◆その他

L-リジン
 育毛に効くサプリメント。L-リジンは体内で生成できず、外部からの摂取が必要な必須アミノ酸の一つですが、薄毛を予防し、育毛効果を促進し、リアップやロゲイン等のミノキシジルの効果を増加させる働きがあります。ミノキシジルを使用している人は、併用するといいでしょう。詳しくは、こちらの記事をどうぞ。


ニナゾルシャンプー
 抜け毛及びフケ防止に効果的な成分「ケトコナゾール」を配合したシャンプー。薬用のため、個人輸入でしか購入できない特別なシャンプーです。詳しくは、こちらの記事をどうぞ。

お支払いはポイントを貯めやすい楽天カードをおすすめします! 今なら新規お申し込みでポイント大量プレゼント中! 私も使ってます♪
コメント(何でも聞いてください。管理人が答えます)
ブログランキング
blogramで人気ブログを分析 ブログランキング
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター

    タグクラウド