プロペシア・フィンペシア通販個人輸入情報

薄毛、ハゲ効果のある発毛医薬品プロペシア、フィンペシア、ロゲイン、リアップ、ポラリス、ミノキシジルタブレット、ザガーロなどの口コミ情報をお届けします。100%正規品で成分検査を実施しているオオサカ堂(大阪堂)なら、送料無料で処方薬を安価に購入できます。

「プロペシア」に関する記事

プロペシアの費用

2010.10.17     [いくら?かかるの]男性型脱毛症 お勧め錠剤1日1錠250円     大阪朝刊     生活C     18頁     456字     03段     写真

 推定約800万人の日本人男性を悩ませているのが、額の生え際や頭頂部の髪が薄くなる男性型脱毛症。健康に影響がないとはいえ、進行性で放っておくと髪がどんどん抜けていくため、本人にとっては深刻だ。
 日本皮膚科学会は今年4月に発表した診療指針で、錠剤タイプの「プロペシア」を、5段階の最高ランク「A=強く勧められる」と評価した。2005年12月、国内初の服用する育毛剤として発売。有効性の高さに加え、1日1錠を好きな時間に飲むだけの手軽さも売りの一つになっている。
 服用には医師の処方せんが必要。保険が適用されない自由診療の薬のため、医療機関によって薬代はまちまちで、診療費や調剤費なども患者の全額負担となる。目安は1錠250円(メーカー参考価格)で、専門医らによると、診療費などを含めて1か月分で1万円前後が相場という。
 製造販売元のMSD社によると、効果には個人差があり、通常は半年間以上の服用が必要。対象は原則的に成人男性のみで、女性に対する効果は認められていない。円形脱毛症など他の脱毛症には効かないので注意が必要だ。

プロペシアは医薬品個人輸入サイトのオオサカ堂で通販できます
↓   ↓   ↓


>> プロペシアのご購入はこちらから(最安値) <<
>> 私はプロペシアで髪が生えました 証拠写真はこちら <<

プロペシアの個人輸入ならこちら

1998.06.29     薬の個人輸入は自己責任で 医師の処方なし、危険も 東京朝刊

 ◆1か月分の量ならOK/日本 国外での服用は規制外/米  
 「本物のバイアグラが手に入るのですか?」
 東京都内の住宅街に小さなオフィスを構える個人輸入代行業者には、4月末からこんな電話が盛んに入るようになった。3年前、パソコン一台、たった一人で始めた50代のA氏。代行件数こそ明らかにしないが、“バイアグラ旋風”で、取扱件数が10倍以上伸びているという。
 4月から米国内で、インポテンスの医療用処方薬としてファイザー社が発売したバイアグラは、世界中の男性の注目を集め、紛らわしい名前のニセ薬が出回るほど爆発的な人気を呼んでいる。
 村井勝・慶応大泌尿器科教授によると、勃起(ぼっき)は、サイクリックGMPと呼ばれる化学伝達物質と、これを分解するPDEタイプ5という酵素のバランスで成り立っている。バイアグラはPDEタイプ5を遮断するため、陰茎海綿体の平滑筋が弛緩(しかん)し、血流を増やすので勃起が持続する。「これまでにない新しいタイプの薬で、確かに効果はある」(村井教授)。
 しかし、日本国内では目下、臨床試験中。まだ発売されていないので、たとえインポテンスと診断されても、この薬は処方されない。
 A氏は、インターネット上にホームページを開いて、米国の医薬品や、健康食品などの個人輸入代行業を表示している。バイアグラのほか、育毛薬の「プロペシア」「プロスカー」「ロゲイン」、抗うつ薬「プロザック」などが人気商品。いずれも日本の医療機関では使用されていない。
 このため、全国からホームページを検索して電話をかけてくるのだ。「送金されれば、2週間ほどで、発注者のもとへ現物が届けられるシステム」とA氏。この方法なら、医師の処方なしに米国内の処方薬を入手が可能なのだ。代行業者は、5年ほど前から増え始めたが、正確な数は不明だ。
     ★  ★
 なぜ、こうした薬の個人輸入が可能なのか? 
 ファイザー社の日本法人・ファイザー製薬の広田孝一・広報課長は「個人輸入の実情がどうなっているのか把握していない。どういう形で入手されるにしても、処方薬なので医師の診断が必要なはずですが……」と話している。
 しかし、取り締まりにあたる厚生省医薬安全局監視指導課では「現在の薬事法では、規制は難しい」という。「ホームページが広告にあたるか、微妙なケースが多い。発注者の手続きを代行するだけなので、販売とは言えず、個人がおおむね1か月間に使用する量であれば、『業としての輸入』にもあたらない」との解釈だ。
 また、米国内では医師の処方せんが必要な医療薬でも、日本などの海外に輸出される場合、「米国外の人は、米国内法の保護対象ではないので、規制は及ばない。もちろん米国内での服用は違法だが」と説明する。
 つまり日米双方とも規制は及ばないとの見解だ。ただし、個人輸入したものを他人が使用するのは違法になる。
 では、どこから医薬品が流出するのか? 
 米国の医薬品流通に詳しい製薬関係者は、「製薬会社から市中の薬局へ出荷される中間段階で、薬品商社が輸出に回すのでしょう。様々な仲介業者があるので、米国内の薬局へ卸す値段より高めの代金を支払うなど交渉次第」と、その実情を話す。A氏も「米国内の取引先は明らかにできない」と口を閉ざす。
 法の“抜け道”とはいえ、処方せんが必要な薬は、やはり医師の診断を受けるべきだ。薬には副作用があるし、服用すれば、危険のある禁忌のケースもある。バイアグラは心臓病の薬との併用が禁止されているが、米国ではこの併用の疑いがもたれる死亡例が報道されている。
 「インポテンスといっても精神的なものから機能的な原因まで様々。血圧を下げる作用もある薬なので、医師の診断、処方と副作用の監視は欠かせない」と村井教授は強調する。
 ◆インターネットで“問診”
 そこで、海外の新薬をいち早く使ってみたいという日本人患者向けに新たなサービスを始めた医師もいる。ロサンゼルスで神経内科クリニックを開業する石川一行さんは、インターネットで、インポテンスや脱毛などの“問診”をする。
 日米両国で医師免許を持つ石川さんは“ネット問診”でバイアグラなどが処方可能な患者を絞ったうえ、ロサンゼルスか、東京で実際に診察、処方する。診察は、医療保険のきかない自由診療になる。
 これに対し、A氏は「違法ではないし、発注者は薬に詳しい人が多いので、むやみな使い方はしない」と反論する。
 ともあれ、処方薬を処方なしに服用する責任は、本人が負わざるを得ないことだけは、十分に認識すべきだ。

医薬品の個人輸入は専門調査会社の成分検査を受け、信頼性の高いオオサカ堂がおすすめです。
プロペシアのご購入はこちらから
↓   ↓   ↓

>> プロペシアのご購入はこちらから(最安値) <<
>> 私はプロペシアで髪が生えました 証拠写真はこちら <<

プロペシアのネット販売の実態

『朝日新聞』2011年6月16日付朝刊記事
 [焦点]外国の薬 入手簡単 ネット転売逮捕 個人輸入の規制なし=富山

 外国製の薬を無許可で販売したとして、高岡市の男が薬事法違反で逮捕、起訴された事件では、薬が輸入代行業者を通じて簡単に手に入り、インターネットで転売されていた。同様の違法な医薬品販売の摘発は全国で相次いでおり、県内では今年初。同法で治療のための個人輸入を禁じていないことが抜け穴となった格好だ。(岡田遼介)
 摘発されたのは、高岡市駅南、清掃会社社長金崎尚士被告(57)。県警によると、英国製のトルコ向け脱毛症治療薬「プロペシア」を輸入代行業者を通じて仕入れてインターネットで販売し、数十万円の利益を上げた。「副作用はほぼ心配ありません」などと売り込み、通常価格より数千円安い値段で転売していた。
 薬は自身の会社の事務所に保管されており、ある捜査関係者は「組織だった大がかりな犯罪ではない。片手間にネットを使い、手軽に稼いでいたんだろう」と話し、難なく安易に外国製の薬を手に入れることができる現状を憂えた。
 薬事法は、医薬品を無許可で輸入・販売することを禁ずるが、他人に売ったり譲ったりしなければ少量の個人輸入は、規制の対象外となる。捜査関係者によると、金崎被告は「プロペシア」のほかに、国内未承認の医薬品も仕入れ、転売していたとみられる。
 厚労省監視指導・麻薬対策課によると、重症のがん患者などが最新の治療薬を求め、医師の指導のもと国内未承認薬を服用するケースもあり、同法上における個人輸入の必要性は無視できない。しかし、ネット上で薬の購入を呼びかける違法サイトは多く、同課は2008年度、計1760のサイトに同法違反の疑いがあるとして改善指導を申し入れた。担当者は「我々がネット上で発見したサイトは氷山の一角に過ぎず、『モグラたたき』の状態」と話す。
 海外から個人輸入した薬の中に偽造品が含まれる可能性も高く、02年には中国製ダイエット用健康食品を服用した女性が、劇症肝炎で死亡した例もある。手軽に仕入れた医薬品が大きな被害をもたらす危険性もあるが、今回の事件は、手っ取り早い金もうけの手段という被告の安易な動機しか浮かんでこない。
<コメント>
私はオオサカ堂というサイトで医薬品を購入していますが、特に問題はありません。
オオサカ堂は信頼できるサイトです。
詳しくはこちらの記事をどうぞ。

プロペシア(オーストラリア版)はこちらから通販できます
↓   ↓   ↓

>> プロペシアのご購入はこちらから(最安値) <<
>> 私はプロペシアで髪が生えました 証拠写真はこちら <<

脱毛症にプロペシア

〔からだチェック〕/94 脱毛症=塚崎朝子
2012.06.19 エコノミスト 1頁 第90巻 第26号 通巻4234号 104頁 

 ◇男性型は飲み薬で治療

 年齢を重ねるにつれ、毛髪の量が多少なりとも減少していくのは、抗し難い自然現象である。しかし、脱毛の中には、医学的に対応ができるものもある。
 毛髪は、数年単位の周期で生え替わる。毛穴周囲の細胞(毛包)は、その成長期には細胞増殖・分化を繰り返して伸びていくが、その後は退行期から細胞分裂をしない休止期に入り、次の成長期に入るまでの数カ月の間に、古い頭髪が抜けて新しい頭髪が生まれてくる。
 加齢とともにこの周期は短くなり、自然に抜け落ちる毛髪が増える。一方、男性型脱毛症(AGA)は、頭頂部や前頭部で成長期が短くなり、硬毛の代わりに生毛のような軟毛になって成長しない。さらに進むと毛髪が出現しなくなる。遺伝的要因が関わり、思春期以降、20~30代で目立ってくる。抜け方のパターンが違うが女性もなる。この他、自己免疫の異常や薬剤により起こる脱毛症もある。
 皮膚科を受診すると、抜け方のパターンや年齢などを考慮して、診断する。
 軽症の脱毛の場合は、血行を良くする塗り薬(処方薬・市販薬とも)で改善が見られることもある。AGAが中等症以上に進むと、プロペシアという飲み薬がある。保険適用になっていないので、月に1万円ほどの自己負担が必要になる。
 AGAは、男性ホルモンであるテストステロンが、脱毛物質を作り出すジヒドロテストステロンに変化することで起こる。プロペシアはこの働きをブロックする。女性への効果は認められていない。妊娠期に服用すると男性の胎児に異常を起こす恐れもあり、使用禁止である。
 即効性はないが、服用者の約8割は一定の効果が現れており、満足度は高い。見る見る毛髪が伸びてこなくても、脱毛の進行は止まることが多い。中年以降も軟毛があればそれを活性化させる効果が認められている。
 性腺ホルモンに与える影響から、やや精力の衰えが見られる人がいるくらいで、深刻な副作用はない。ただし、前立腺がんのマーカーであるPSAの値が半減するので、50歳以上は服用前に測定しておき、服用中も注意が必要だ。この他、保険適用外の美容外科で、後頭部から毛包ごと毛髪を移植する治療もある。

 ◇自己免疫が関わる円形脱毛症

 円形脱毛症は、自己免疫の異常で、自ら毛根を攻撃してしまうことで起こり、ストレスなどが引き金になることがある。外用剤で治る人がいる一方、急速に広がり、眉毛まで抜け落ちて、治しにくい場合もある。必ずしも円形とは限らず、線状や帯状に抜ける場合もある。
 保険治療で、炎症を止めるステロイド剤を飲んだり、塗るなどするものがある。皮膚への悪影響を抑えた紫外線を当てる療法が有効なこともある。また、保険適用外で、特殊な物質でわざとかぶれを起こさせ、新たな発毛につなげる治療もある。一時的なカツラ使用がストレス削減につながり、症状が改善される人も。
 一方、抗がん剤やC型肝炎治療薬のインターフェロンなど薬剤による脱毛は、その使用をやめると、毛髪が戻る。脱毛症の予防は、薬剤や化学物質などで過度の刺激を与えず、こまめに汗を拭き、就寝前に頭皮の皮脂や汚れを落とすことも重要だ。
 進化の過程で体毛は失われたが、毛髪には頭皮やその下の脳を保護する役割がある。幹細胞を用いた再生医療の研究も進められており、期待が寄せられている。(塚崎朝子・ジャーナリスト)

 ◇ワンポイント

 東京医科歯科大学医学部附属病院 皮膚科 西澤綾・助教
 「脱毛症は治療可能なもの、進行を遅らせられるものもあるので、皮膚科で適切な診断と治療を受けてください。頭皮が汗や皮脂で汚れると、毛穴がつまったり、雑菌が繁殖しやすくなり、毛髪の成長が妨げられ、脱毛の原因になります」
毎日新聞

プロペシアの通販はこちらからどうぞ
↓   ↓   ↓

>> プロペシアのご購入はこちらから(最安値) <<
>> 私はプロペシアで髪が生えました 証拠写真はこちら <<

塗る「リアップ」、飲む「プロペシア」 その効果にすがりたい

2010.04.20 エコノミスト 2頁 第88巻 第24号 通巻4101号 72~73頁 

特集 中年男性の悩み

脱毛症
塗る「リアップ」、飲む「プロペシア」
その効果にすがりたい

薄毛や脱毛は、気にしないでと言われるほど、気になるもの。
近年は有効とされる薬も発売され、早めに手を打てば改善が期待できる。

 国内の男性型脱毛症の人は推計で約1280万人。薄毛を改善する薬の1つ、大正製薬の「リアップ」は、1999年の登場以来、市場を席巻している。頭皮に塗るタイプ(外用)の育毛・養毛剤の国内市場は約250億円規模だが、シェアは5割以上。また、2009年6月に、主成分ミノキシジルを従来の5倍配合した「リアップX5」を新発売し、09年4月~12月までの「リアップ」シリーズ全体売り上げは約140億円(前年比約20%増)になった。
 脱毛症の専門医である東京医科大学病院皮膚科の坪井良治教授は「男性型脱毛症では、ヘアサイクルが短くなって髪の毛が細く短い状態で抜け落ちるが、ミノキシジルは、血行を促進してダメージを受けている細胞を活性化する働きがある。その結果、毛髪が太く長くなる」と説明する。
 そもそも髪の毛は、根元の毛母細胞が増殖して成長していく。1日に約0・35ミリ伸び、2~6年の歳月を経て太く長くなる。これが成長期。その後、2週間の退行期、3~4カ月の休止期を経て抜け落ちてゆく。ところが、男性型脱毛症では、成長期が短くなるため、毛髪が細く短い状態で抜け落ちてしまう。ミノキシジルは毛髪の成長を促し、抜け落ちるのを防ぐ働きがあると考えられている。
 もともとミノキシジルは米ファルマシア・アップジョン(現ファイザー)社が高血圧の治療薬として開発し、血圧を降下させる経口薬だった。ところが毛が生える副作用が見つかり、その後、塗る薬として開発され、88年に米国で発毛・育毛剤の医療用医薬品として承認を受けた。この段階では、病院で処方される塗り薬だった。
 96年に薬局でも手軽に入手できる一般用医薬品として承認を受け、米国では「ロゲイン」、欧州では「リゲイン」として発売された。ミノキシジル1%配合と5%配合があり、現在、世界90カ国以上で医療用医薬品、約40カ国で一般用医薬品として販売されている。
 日本では、すでに海外で一般用医薬品として発売されていたこともあり、医療用医薬品を経ずに、直接、一般用医薬品として承認申請して認められた。ただし、治験における皮膚のかゆみなどの副作用を考慮し、当初は、ミノキシジル1%配合のみで、発売から10年経った昨年、5%配合が認められた。
 通常、育毛剤の新製品の人気は、発売当初が最も高く、その後は徐々にしぼんでいくのだが、リアップX5は発売から半年後の昨年12月も前月比で売り上げを伸ばすなど好調だ。

酵素の働きを阻害

 一方、飲む治療薬の「プロペシア」(成分名フィナステリド)は、国内で05年に承認された。米メルク社が開発し、現在60カ国以上で発売されている。09年の全世界の売り上げは4億4000万ドル。国別の売上高は公表されていないが、日本でも「売り上げは伸びている」(販売を担当する万有製薬)という。
 プロペシアには0・2ミリグラムと1ミリグラムの錠剤があり、日本人には、臨床試験で0・2ミリグラムの少量でも効果が得られることが明らかになっている。ただし、医療機関で処方を受けなければならない医療用医薬品で、自分で直接、薬局に行って手軽に買えない点が、リアップとは異なる。
 プロペシアは1錠250円。医療機関にもよるが1カ月で7000~1万円程度かかる。リアップX5(約1カ月分、市販価格は7000円前後)よりやや高めだ。
 プロペシアの効き方はリアップとは違う。男性型脱毛症は、男性ホルモンの一種、テストステロンが、血流に乗って毛髪を育てる毛乳頭にたどり着いたときに、ジヒドロテストステロンという物質に変化することで起きる。ジヒドロテストステロンがたくさん生じると、ヘアサイクルが短くなり毛髪は太く長く成長する前に抜け落ちてしまう。
 この過程に「5αリダクターゼ」という酵素が関わっている。プロペシアは、もともと前立腺がんの治療薬で、5αリダクターゼの働きを阻害し、テストステロンがジヒドロテストステロンに変わるのを防ぎ、男性型脱毛症の進行を抑える働きがある。
 プロペシアの治験でやや有効と判定されたのは、1年後が58%、3年後が78%。ヘアサイクルが長くなって毛髪が長く太く育つため、期間が長いほど見た目にも髪が増えたことがわかりやすくなるという。ただし、毛根が完全に閉じてしまっている部分では効果は得られない。また、飲むのを止めると男性型脱毛症は進行する。ちなみに、プロペシアは酵素に働きかけるため、直接的な男性ホルモンへの影響はないという。

早めのケアが大切

 男性型脱毛症は、遺伝に関係しているとされるが、まだわからないこともある。父親が薄毛でも息子はフサフサというケースもあるからだ。遺伝傾向があっても、必ず薄毛になるとは限らない。特定の医療機関では、毛髪や血液を使ってプロペシアが効きやすいかどうか調べる検査も行われている。東京医科大学病院皮膚科では検査料は2万円だ。
「ただし、まだ研究段階なのであまりお勧めはできない。がんの腫瘍マーカーのように、数値が高ければがんが生じているといったきちんとしたデータが、男性型脱毛症の検査で得られるわけではない。むしろ、早めに対策を講じることで、男性型脱毛症を食い止めることが肝心」(坪井教授)
 今のところ、医学的に有効と認められている治療薬はプロペシアとリアップしかない。海外では、前立腺肥大症の薬「デュタステリド」の臨床試験が行われているがまだ承認されていない。
 また、脱毛には男性型脱毛症だけでなく、円形脱毛症もあり、仕組みが異なっている。ストレスなどで血管が収縮して血流が滞り、円形に脱毛した場合は、ストレスを取り除けば自然に治るケースが多いという。自己免疫性の円形脱毛症は、自分のリンパ球が毛母細胞を攻撃してしまうことによって生じる。男性型脱毛症は、額の髪の毛の生え際が薄くなるM型と、頭のてっぺんが薄くなるO型に大別できるが、それに当てはまらず、円形に、ときには全体的に抜け落ちるのが特徴だ。このような場合は、皮膚科で専門の治療を受けることが望ましい。
 一方、医療ではないが、薄毛や脱毛に悩む人を対象に発毛の施術などを試みる会社も多く存在する。例えば毛髪クリニックリーブ21は3月から髪の健康診断と称して「髪ドック」というサービスを開始。毛根の状態や毛髪に含まれるミネラル成分などを調べて、髪や頭皮の状態と脱毛予防のアドバイスを行うなど、医療機関以外もあの手この手で顧客の開拓に力を入れている。
 こうしたなか、治療面では新しい動きがある。日本皮膚科学会は4月17日に医学的根拠に基づいた「男性型脱毛症のガイドライン」(表)を発表する予定だ。これまで不統一だった男性型脱毛症の対処法とその推奨度合いなどを示して、医療現場や薬・育毛剤選びに役立てようという狙いだ。

毎日新聞

プロペシアは、医薬品個人輸入サイト、オオサカ堂で通販できます
↓   ↓   ↓

>> プロペシアのご購入はこちらから(最安値) <<
>> 私はプロペシアで髪が生えました 証拠写真はこちら <<

AGA治療先進国 韓国の現状をリポート

〔BUSINESS EYE〕
2007.12.04 エコノミスト 2頁 第85巻 第64号 通巻3932号 8~9頁 

BUSINESS EYE

日韓毛髪事情最前線
AGA治療先進国 韓国の現状をリポート

薄毛、脱毛治療の進化がめざましい。発毛専門クリニックなる病院もあり、塗り薬や飲み薬の処方からメンタルケアまでしてくれる。お隣、韓国は日本よりさらに進んでいるらしい。漢方薬や独自のヘアケアなど民間療法も盛んで市場も年々拡大中。そんな韓国の最新毛髪事情を取材した。

日本人男性3人に1人が
薄毛に悩んでいる!?
 歳をとれば髪の毛が薄くなるのは当たり前。ところが最近では、そうではないらしい。調査によると日本では薄毛に悩む成人男性はいまや3人に1人。1260万人もの男性が薄毛を認識しており、気にしている人は800万人もいるという。とくに若い世代では脱毛症に対する不安は大きく、当事者にとって精神的なストレスとなっている。
 医学用語ではこの男性に多く見られる薄毛、脱毛症をAGA(Andro-genetic Alopecia/男性型脱毛症)と呼び、病院では治療の対象としている。AGAは思春期以降に徐々に毛髪が薄くなる脱毛症で、放っておくと進行する。
 原因は毛髪の成長期間を短くするDHT(ジヒドロテストステロン)という物質が増えることによる。DHTから脱毛シグナルが出され、毛髪が太く長くなる前に抜けてしまうのだ。その結果細くて短い毛髪が多くなり、薄毛が目立つようになるというメカニズム。男性のAGAではとくに額の生え際や頭頂部など脱毛部分の頭皮にDHTが多いこともわかってきた。
 これまでは頭皮の毛細血管の血行不良などが脱毛症の原因とされてきた。だが近年、AGAのメカニズムが解明されたことで医学的な治療が可能になり、脱毛を遅らせる有効成分フィナステリドを含む「飲む育毛剤」が2005年12月に日本でも発売され、脱毛治療への関心がさらに高まった。一方、お隣、韓国はすでに日本より5年早く、「飲む育毛剤」が発売されている“AGA治療先進国”。その最新事情をリポートした。

韓国では
漢方や民間療法も活発
 脱毛症の治療に関しては日本以上に進んでいるといわれる韓国では、漢方薬を服用する民間療法やマッサージをはじめ、ドラッグストアでも多くの育毛剤が市販されている。その多くは非医療的治療分野の製品やサービスだが、AGA全体の市場規模は06年で10億ドル、2012年までの予想複利成長率は13%を見込んでいる。
 ソウル市内を歩くと、AGA治療先進国ならではのサービスをいくつも目にすることができる。日本ではなじみのない生薬が並ぶ漢方市場のほか、独自のヘアケアをする理容店や、髪によいとされる黒豆料理を売りにする健康食レストランなど、髪へのこだわりは奥深い。
 市販されている育毛剤の多くは塗るタイプだが、韓国製の飲むタイプも数種類発見した。50店以上の薬局問屋が集まる鐘町地区の大型ドラッグストアでは、医師の処方箋を持参すれば4万~5万5000ウォン(約5000~7000円)と、安くはないが飲む育毛剤も購入できる。
 飲むAGA治療薬「プロペシア」を発売する製薬会社MSDコリアによると、約310万人いるといわれるAGA患者のうち15万人が医師に相談をし、13万人が処方薬を受けているという。患者のほとんどは20~30代で日本に比べると10歳ほど若い。これは仕事上での障害だけでなく兵役ストレス、薄毛による結婚のハンディなど、韓国固有の事情によるものが大きい。
 韓国のAGA治療は日本同様に皮膚科の医師が中心で、処方も医師が行うことになっている。プロペシアが導入されたのは00年。それまで脱毛症の専門医はいなかった。価格は1箱(1mg/28錠)で5万5000ウォン(約7000円)。また処方薬治療には日本と同様、保険がきかない自由診療となる。
 製品広告やプロモーション、サンプリングも禁止されているため、プロペシアを服用する人はAGA患者全体の10万人足らず。そのためMSDコリアでは企業、大学、野球場などに出向く「モバイルクリニック」(02年~現在)や、インターネット上での「無料診療キャンペーン」(04年)などのPR活動に力を入れている。

経済的な負担は大きいが
効果も大きい
 脱毛症治療の第一人者として、プロペシアが韓国に導入されて以来7年間で、1500人以上の患者を診察してきた慶熈大学医科大学皮膚科のシム・ウヨン教授(49)は、処方薬によるAGA治療の効果を力説する。
「服用して効果が表れるのは1~3カ月後。残念ながら1カ月であきらめてしまう人も多いですが、この薬は長期間服用しないと効果がありません。途中でやめると、また元にもどってAGAが進行してしまいます」
 シム教授の治療を受けて6年目になるというイ・ホンジュンさん(36)は営業関係のサラリーマン。27歳頃からAGAが進み、さまざまな民間治療を試みたが効果がなく、これでダメならとシム教授に相談した。
「最初は半信半疑でしたが効果を実感してからは定期的に処方薬を受けています。毎月の治療費は経済的に大変ですが、そのかわりコンプレックスが消え、仕事も生活もプラス思考になりました」と、経済的負担は大きいものの、継続的な治療と薬を服用することの重要性を強調する。
 韓国ではAGA治療に訪れる患者の多くがイさんのようなケースだという。人生を左右する仕事や結婚でのコンプレックスを解消するためなら、多少の“投資”は当然という価値観が彼らにはあるようだ。日本では「飲む育毛剤」が発売されてまもなく丸2年。薄毛を気にする800万人の価値観はどのように変化していくだろうか。

■AGA情報サイト「aga-news.jp」では、AGAに関するさまざまな情報を提供している。http://aga-news.jp/

毎日新聞

プロペシアの通販はこちらからどうぞ
↓   ↓   ↓

>> プロペシアのご購入はこちらから(最安値) <<
>> 私はプロペシアで髪が生えました 証拠写真はこちら <<

1日1錠、飲む育毛剤プロペシア

知りたい!:1日1錠で、夢をもう一度? 飲む育毛剤、効果は

 薄毛や抜け毛に悩む男性は多い。男性特有の脱毛症に効く“飲む育毛剤”が14日発売された。医師の処方が必要だが、1日1錠飲むだけの手軽さが受けそうだ。気になる効果のほどは?【小島正美】
 ◇6割改善、「塗る薬」併用お薦め--約2%「性機能低下も」
 大人になってから、額の生え際や頭頂部の毛髪が薄くなる脱毛症を「男性型脱毛症」(イラスト参照)という。主な原因は、男性ホルモンの一種のジヒドロテストステロン(DHT)が頭皮で働き、脱毛を促すことだ。ニキビや前立腺肥大にも関係するホルモンで、このホルモンの作用が強いと、毛髪が長く太く成長しようとする前に抜け落ちたり細くなる。
 新登場の内服薬はフィナステリド(製品名プロペシア)。男性ホルモン(テストステロン)をDHTに変える酵素の働きを弱めて、薄毛を防ぐ。米国のメルク社が開発した。すでに世界約60カ国で承認され、米国やカナダでは98年から医薬品として使われている。
 日本では輸入元の万有製薬(東京都中央区)が4年前から約400人を対象に臨床試験を行っていた。男性を2グループに分け、1日0・2ミリグラムまたは1ミリグラムのフィナステリドを服用してもらったところ、どちらのグループでも約6割で薄毛や抜け毛の改善が見られた。今年10月、厚生労働省が輸入を承認、日本でも処方が可能になった。
 フィナステリドを用いた治療で、世界一経験豊富なブリティッシュ・コロンビア大学医学部(カナダ)のジェリー・シャピロ教授(皮膚科)は、「半年から1年で効果が出る。これまで数千人を診てきたが、50代以上よりも、30~40代の方が効果は高い」と話す。ただ、ストレスが原因で起こる円形脱毛症には効かない。
 一方、副作用について、シャピロ教授は「2%程度の人で性機能の低下が生じたが、服用の中止で元にもどる。また、約1000人に1人の割合で心拍数の上昇などが見られたが、これも服用の中止で回復する」と話す。
 性機能への影響は気になるところだが、「フィナステリドは、頭部などにある男性ホルモンをDHTに変える酵素に作用するので、血液中の男性ホルモンの量が減ることはない」と話す。
 1錠あたりの価格は250円。保険対象外のため、1日1錠で月に約7500円かかる。患者負担は病院や調剤薬局の処方料によって異なる。
 頭皮に塗り、毛根などの血管を拡張させて発毛・育毛を促す医薬品では、大正製薬のミノキシジル(成分名)や第一製薬の塩化カルプロニウム(同)が知られる。発毛治療で有名な城西クリニック(東京都新宿区)の小林一広院長は、フィナステリドを個人輸入して治療に使ってきた経験から「塗る医薬品と併用すれば、より効果的」と語る。
 万有製薬は一般の問い合わせに応じるため、コールセンター(電話0120・73・1082、平日9~18時)を開設している。

毎日新聞 2005.12.15 東京夕刊

プロペシアは、医薬品個人輸入サイト、オオサカ堂で通販できます
↓   ↓   ↓


>> プロペシアのご購入はこちらから(最安値) <<
>> 私はプロペシアで髪が生えました 証拠写真はこちら <<

「男性型脱毛症」研究最前線--飲み薬プロペシアが登場

[特集ワイド1]競争激烈、「男性型脱毛症」研究最前線--ついに飲み薬
2001.06.14 東京夕刊 2頁 総合 (全2,965字) 

 ◇ついに飲み薬/リンゴからも
 男性の身近な敵、薄毛や抜け毛に悩む人は推定で1000万人。うち500万人が何らかの育毛剤・発毛剤を使用しているという。品切れが続出した「リアップ」(大正製薬)はブームが一段落したが、それは新たなブームへのチャンスでもある。600億円規模とも言われる市場に食い込もうと、各社がしのぎを削る。「男性型脱毛症」研究の最前線を取材した。【元村有希子】
 「髪でお悩みの方、治験に参加されませんか」
 5月13日、新聞にこんな全面広告が載った。世界初の「飲む発毛剤」、フィナステリドの臨床試験である。万有製薬が「20~50歳の男性500人程度」を募集したところ、7日間で2500人が志願した。
 フィナステリドは偶然の産物だ。万有の親会社、米メルク社が前立腺肥大症の治療薬を開発する際、頭髪が濃くなる副作用が現れたのだ。そこに目を付け、「プロペシア」という名で98年に発売。米国での試験では、1日1ミリグラムを2年間服用した945人の83%に、髪が増えるか抜け毛が止まる効果があった。現在、世界38カ国で使用され、アジアでは中国と日本が未認可だ。
 臨床試験だけに、条件は厳しい。東京都内9カ所の医療機関に月1回程度、計15回通えることが前提。交通費・謝礼として、通院1回あたり7000~1万円が支給される。服用は毎日1錠を1年間。外観が変わるパーマや毛染めはご法度。むろん、他社の育毛剤への“浮気”も許されない。
 効果を正確につかむため「二重盲検法」という方法がとられる。フィナステリドか偽薬(プラセボ)が与えられ、その真偽は知らされない。3人に1人は「本物かもしれない」との期待を胸に偽薬を飲むのである。インフォームド・コンセント(十分な説明に基づく同意)をとるため、文句は言えない。1年間試しても症状が進んだだけ、という気の毒な人も出る。
 副作用もある。米国では性欲減退が1・8%▽勃起(ぼっき)不全が1・3%▽射精障害が1・2%に見られた。ただし偽薬群でも0・7~1・3%に同様の症状があり、万有は「ほとんどないと考えていい」と説明する。マウスでの実験で胎児への影響が確認されたため、女性は服用できない。
 臨床試験は今月始動。順調にいけば03年に厚生労働省申請、04年に発売される。医師の処方が必要だが、バイアグラと同様「生活改善薬」扱いとなり、保険は適用されない見込みだ。負担は毎月5000~6000円程度になるという。万有は「内側からの方が効果がある」と胸を張る。
    ◇    ◇
 副作用の心配なし、と登場したのが、リンゴ果汁から抽出したポリフェノールの一種「プロシアニジンB-2(PB2)」だ。協和発酵工業は、PB2に育毛作用があることをマウスで確認し、ファンケルと共同で製品化、99年に「毛活林(もうかつりん)」の名前で発売。人での効果を調べ、今月8日に学会発表した。
 実験は協和発酵の男性社員29人(30~57歳)を対象に実施した。00年1~7月、PB2の1%溶液を1日2回(計30ミリグラム)、気になる部分に塗ってもらい、一定の面積の本数と太さを測定した。その結果、5ミリ四方の本数が平均6・68本(最高は18本)増え、直径が60マイクロメートル以上の太めの毛も平均1・99本増えた。偽薬群は逆に、太めの毛が平均0・82本減った。副作用の報告はなく、「頭皮の状態がよくなった」という感想が多かった。ポリフェノールに共通する抗酸化・抗菌作用が、地肌の皮脂や雑菌増殖を抑えたらしい。
 「毛活林」での試験も実施。富山医科薬科大皮膚科の諸橋正昭教授の協力を得て、外来患者21人(男性)に1年間使ってもらったところ、7割の人で毛の本数が増加。13日、東京都内での国際学会で報告した。「毛活林」のPB2濃度は先の実験の1%よりは低いという。
 協和発酵は十数年前から、育毛効果のある成分探しに取り組んできた。果物や野菜など植物1000種類以上を試験し、その結果、リンゴ果汁から取れるPB2が最も有効だった。
 「自然の成分なので副作用がないし、女性にも使える」と、開発にあたった本多伸吉・開発部主査は話す。
………………………………………………………………………………………………………
 ◇薄毛を招く周期の乱れ
 人間の頭髪は約10万本。1カ月で1センチ成長し、寿命がくれば抜け落ちる。一方で新しい毛も生え、一定の本数が保たれる。
 髪を作るのは、毛根にある毛母細胞。毛乳頭の指令で血管から栄養を取り込み、細胞分裂を繰り返して新しい毛を生み出す。ほとんどの育毛剤は、この毛乳頭を刺激する効果を狙ったもの。最近の研究で、毛根を覆う「外毛根鞘細胞(がいもうこんしょうさいぼう)」が、毛母細胞の再生をつかさどることが分かってきた。ここを活性化させるといわれるのがPB2だ。
 毛は周期的に生え変わる。これがヘアサイクル。盛んに太い毛が伸びる成長期(2~7年)▽毛母細胞が衰える退行期(2~3週間)▽毛母細胞が死ぬ休止期(4~6カ月)だ。休止期に入ると、洗髪などの刺激で髪は簡単に抜ける。これが自然脱毛で1日80~100本に上る。
 ヘアサイクルが順調なら心配はないが、成長期が短くなったり、休止期から成長期に戻る間隔が長くなったりすると、抜ける勢いに追いつかなくなり、薄毛が目立つようになる。
 乱調には幾つか原因がある。栄養不良や頭皮の皮脂過多、ストレスなどだ。最大のものが男性ホルモン。その一種、ジヒドロテストステロン(DHT)が成長期を短くしたりすることに目を付け、その働きを抑えるのが、万有のフィナステリドだ。
………………………………………………………………………………………………………
 ◇マメに洗髪、紫外線避けて--日本毛髪科学協会理事長・渡辺靖さんに聞く
 男性型脱毛症治療の専門家で、日本毛髪科学協会理事長の渡辺靖医師(78)に、注意点や研究の展望を聞いた。
 患者が増え始めたのは、72~73年ごろ。高度成長を達成して日本が豊かになって、男たちが外見を気にするようになったんですね。製薬会社も養毛剤研究に本腰を入れ始めた。
 治療の中心は養毛剤の塗布とスキンケア。洗髪が大切です。シャンプーの量は1プッシュ、手のひらに500円玉大で十分。指の腹で柔らかく洗うこと。これで毛穴の皮脂や汚れは落ちる。つめを立ててゴシゴシ、は逆効果。皮膚を守る角質まではがしてしまう。
 紫外線もよくない。皮脂を過酸化脂質に変え、脱毛を進行させます。ゴルフや野外活動の時は、帽子をかぶること。
 食生活は心配しなくてよい。日本は栄養が豊かだから。ワカメがいいとか黒ゴマがいいというのは迷信です。たばこも控えて、といわれますが、私は若いころから吸っててこれです。
 要するに、遺伝の要素が大きい。それと男性ホルモン。老化の一種ですからね。治療で進行を遅らせることはできるが、やめれば最終的には抜けてしまう。
 とはいえ、若い人は深刻ですから。「結婚できない」と。男性ホルモンが多い証拠なんだから、女性も見栄えより中身で選んであげてほしいね。(談)
■写真説明 「プロペシア」で効果が表れた男性の頭頂部。左から服用前▽1年後▽2年後=米国メルク社提供
毎日新聞

プロペシアは、医薬品個人輸入サイト、オオサカ堂で通販できます
↓   ↓   ↓


>> プロペシアのご購入はこちらから(最安値) <<
>> 私はプロペシアで髪が生えました 証拠写真はこちら <<

飲む毛生え薬、米国で初の認可

飲む毛生え薬、米国で初の認可 一部に精力減退の副作用
1997.12.24 大阪朝刊 23頁 社会 (全597字) 

 【ワシントン23日瀬川至朗】米食品医薬品局(FDA)は22日、米大手製薬会社のメルク社が開発した錠剤タイプの毛生え薬「プロペシア」の毛生え効果を認め、発売を正式認可すると発表した。FDAが毛生え薬を医薬品として認可したのは、ローションタイプのものに次いで2件目。臨床試験では半数以上の男性に効果があった。
 メルク社によると、プロペシアは1個1ミリグラムの錠剤。1日1錠の服用で効果が表れる。薬局の棚に並ぶのは来年1月中旬ごろで、1錠1・25ドル。購入には医師の処方せんが必要。
 プロペシアは前立せん肥大を抑える薬としてすでに多くの男性患者に使われている。服用患者に髪の再生作用が見つかり、メルク社が数年をかけて500~2000人規模の科学的な比較試験を実施。ある試験では、プロペシアを2年間服用したグループのうち83%の人は髪が増えたり減らなかったのに対し、非使用グループの73%の人は髪が減った。別の分析では、プロペシア服用グループの66%に養毛効果が確認できたのに対し、養毛シャンプーだけのグループでは7%しか養毛効果が見つからなかった。
 FDAによると、プロペシアは髪の根元の細胞の成長を妨げるホルモンの抑制効果を持ち、ごく一部の男性に精力減退など副作用がみられるが、安全性は高い。しかし、妊娠女性には男児の出生異常をもたらす可能性があるとして、女性や子供の服用を禁止した。
 日本での販売は未定。
毎日新聞

プロペシアはの個人輸入はこちらからどうぞ
↓   ↓   ↓

>> プロペシアのご購入はこちらから(最安値) <<
>> 私はプロペシアで髪が生えました 証拠写真はこちら <<

アメリカで飲む毛生え薬を開発

米国で飲む育毛剤を開発 「半数で効果」副作用も--髪の毛とるか、精力をとるか

 【ワシントン24日瀬川至朗】米製薬メーカーのメルク社は、男性の約半数に育毛効果があるという飲み薬タイプの新しい毛生え薬プロペシア」を、サンフランシスコで開催中の全米皮膚科学会で発表した。米国ではファルマシア・アンド・アップジョン社の育毛剤「ロゲイン」がよく売れており、製薬メーカーの養毛剤開発競争が話題を呼んでいる。
 プロペシアはすでに前立腺(せん)肥大症を抑える薬として使われており、今回、メルク社のケビン・カウフマン博士らは18~41歳の男性1553人を対象に髪の成長効果を調べた。皮膚科医による小委員会が1年間の使用前と使用後を写真でチェックしたところ、プロペシア使用群の48%に効果がみられたという。
 カウフマン博士によると、プロペシアは、髪の細胞の成長を妨げるホルモンを抑制する効果を持つという。しかし、服用した男性の2%弱には、精力減退の副作用がみられたことも判明。男性は、効果と副作用のどちらを優先するか、選択を迫られることにもなりそうだ。
 米国の薬局チェーン店で市販中のロゲインはローションタイプで、米国で育毛剤として公式に認められた唯一の製品。すでに1億6000万ドルを売り上げた人気商品だ。「プロペシアロゲインより効き目が強い可能性がある」とする専門家もいるが、「実際には少数の人にしか効かない」と疑問視する声もある。こうした中、新薬をAP通信とロイター通信がそろって取り上げ、配信する過熱ぶりだ。

『毎日新聞』(1997.03.25 東京夕刊)

こちらの記事では、飲む毛生え薬「プロペシア」が78%の人に効果があったとあります。

プロペシア(オーストラリア版)はこちらから通販できます
↓   ↓   ↓

>> プロペシアのご購入はこちらから(最安値) <<
>> 私はプロペシアで髪が生えました 証拠写真はこちら <<


オオサカ堂で人気のオススメ発毛薬
医師の処方が必要ない、医薬品の個人輸入なら1997年設立、全品メーカー純正、成分検査実施、送料無料の「オオサカ堂(大阪堂)」がおすすめです。
リンク先の商品ページの下の方に使用者のレビューが掲載されています。参考にしてください。
「オオサカ堂」はまとめ買いがお得です。

>>オオサカ堂の購入体験記はコチラ!

◆◆◆フィナステリド系

アメリカ版プロペシア
 AGAで悩む多くの人に効果が確認され、世界でもっとも普及している人気ナンバー1発毛薬です。発毛成分フィナステリドを含有。1日1錠、半年ほどの服用で効果を実感できるようになります。個人輸入でのプロペシアのご購入は、国内最安値の「オオサカ堂」がおすすめです。上のプロペシアの画像をクリックすると販売ページに進みます。詳しくは、こちらの記事もどうぞ。


オーストラリア版プロペシア
 今、もっともおすすめのプロペシア。2015年8月からオオサカ堂に登場しました。成分・メーカーはアメリカ版と変わりませんが、価格が安いです。詳しくは、こちらの記事をどうぞ。


フィンペシア
 プロペシアと同じ発毛効果がありながら、処方された「プロペシア」の10分の1の価格でお買い求めできます。インドのシプラ社が販売。当ブログ管理人もフィンペシアを毎日、飲んで、AGAを克服しました。おすすめします。オオサカ堂は、まとめ買いがお得なので、私はいつも3箱、買っています。
その他のプロペシア・ジェネリックについては、こちらの記事をどうぞ。


フィナロイド
 フィナステリド配合のAGA治療薬。フィンペシアと同成分でsぐあ、値段が安いです。今後、プロペシア・ジェネリックの新定番商品になりそうです。 詳しくはこちらの記事をどうぞ。

◆◆◆デュタステリド系

アボダート
 プロペシアを超えるAGA治療薬の最終兵器です。有効成分のデュタステリドは、男性型脱毛症の原因である5α還元酵素の1型、2型ともに抑制します。2型5α還元酵素しか抑制できないプロペシアの1.5倍の発毛効果があるとされています。デュタステリドは日本でAGA治療薬として認可され、ザガーロとして発売されました。詳しくは、こちらの記事をどうぞ。


爆毛根
 新AGA治療薬デュタステリドとミノキシジルを配合した外用育毛剤。詳しくは、こちらの記事をどうぞ。

◆◆◆ミノキシジル系

ミノキシジルタブレット
 タブレット状の飲むミノキシジル。劇的な発毛効果があったという報告が多数ある発毛最終兵器です。効果は抜群ですが、人によっては心臓に負担がかかる場合があります。異変を感じたら服用を中止しましょう。ミノキシジルタブレットはプロペシアとは発毛作用が異なるので、プロペシアとの併用で相乗効果があります。詳しくは、こちらの記事をどうぞ。


ロゲイン
 外用発毛薬、リアップのアメリカ版ブランドです。発毛成分ミノキシジル含有。プロペシアとの併用で、発毛効果がアップします。また、値段はリアップの1/3ですから、お買い得です。


カークランド・ミノキシジル5%
 リアップ、ロゲインより安価な外用ミノキシジルのジェネリック品です。ミノキシジル配合なので、成分と発毛効果はリアップ、ロゲインと同等です。「カークランド」は量販店コストコのプライベートブランドで信頼性が高いです。詳しくは、こちらの記事をどうぞ。


フォリックスFR02
 ミノキシジル2%、アデノシン、プロシアニジンB2、プロキャピルなどを配合した外用育毛剤。


フォリックスFR05
ミノキシジル5%、アデノシン、プロシアニジンB2、プロキャピルなどを配合した外用育毛剤。


フォリックスFR07
ミノキシジル7%、アデノシン、プロシアニジンB2、プロキャピルなどを配合した外用育毛剤。


フォリックスFR12
 ミノキシジル硫酸塩12%、フィナステリド、アルファトラジオール、アデノシン、フォリックサンを配合した外用育毛剤。


フォリックスFR15
 ミノキシジル15%、アデノシン、プロシアニジンB2、プロキャピルなどを配合した外用育毛剤。


フォリックスFR16
 ミノキシジル16%、フィナステリド、アデノシン、トリペプチド-1銅、プロキャピルを配合した外用育毛剤。

◆◆◆その他

L-リジン
 育毛に効くサプリメント。L-リジンは体内で生成できず、外部からの摂取が必要な必須アミノ酸の一つですが、薄毛を予防し、育毛効果を促進し、リアップやロゲイン等のミノキシジルの効果を増加させる働きがあります。ミノキシジルを使用している人は、併用するといいでしょう。詳しくは、こちらの記事をどうぞ。


ニナゾルシャンプー
 抜け毛及びフケ防止に効果的な成分「ケトコナゾール」を配合したシャンプー。薬用のため、個人輸入でしか購入できない特別なシャンプーです。詳しくは、こちらの記事をどうぞ。

お支払いはポイントを貯めやすい楽天カードをおすすめします! 今なら新規お申し込みでポイント大量プレゼント中! 私も使ってます♪
コメント(何でも聞いてください。管理人が答えます)
ブログランキング
ブログランキング
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター

    タグクラウド