2017年1月18日ごろ、医薬品個人輸入サイト、オオサカ堂(大阪堂)はドメインを移転しました。
当ページの商品画像をクリックすると、オオサカ堂の公式サイトが開きます。

このページではプロペシアを凌ぐ発毛効果を持つとされる「ミノキシジルタブレット」、通称「ミノタブ」の効果を解説する漫画をご紹介します。

ミノタブのご購入はこちらから
↓  ↓  ↓  ↓  ↓


「最凶ハゲ薬“ミノタブ”の怖い実話」
出典:『実話ナックルズ増刊 レベル9』(ミリオン出版)
(クリックすると、大きく表示されます)
d54cedea

f34ebbc2

faa0c95a

59d4ea1e

(当ブログ管理人より)

そもそも、ミノキシジルは、AGA(男性型脱毛症)の治療薬として、医学的に高い効果が証明されています。
日本皮膚科学会が公表した「男性型脱毛症診療ガイドライン(2010」によれば、ミノキシジルには、男性、女性ともに脱毛症対策として推奨度「A」に指定されています。
キャプチャ

リアップ(海外ブランド名、ロゲイン)の効果はすでに知られているところですが、リアップに含まれる発毛成分、ミノキシジルを内服薬として開発されたのが、ミノキシジルタブレット(ミノタブ)です。

ミノタブは、プロペシアを超える「世界最強の発毛剤」として知られています。
私も以前、ミノタブを服用していたことがありました。
下の写真は私が以前、服用していたミノキシジルタブレットです。
1錠10ミリグラムのタイプですが、10ミリグラムだと量が多いので、ピルカッターで半分に割って、5ミリグラムを1日2回に分けて服用していました。
P3050027

しかしながら、ミノキシジルはもともと血圧降下剤であり、低血圧の人が服用すると、心臓に負担がかかることがあります。
私も服用してみましたが、体質に合わなかったようで心臓がバクバクしてしまい、使用を断念しました。
ミノキシジルタブレットは5gを1日、2回、飲むという服用方法が一般的ですが、私の場合は、それでも多かったのでしょう。
ミノキシジルタブレット2.5gを飲んでいれば良かったのかも知れません。
ミノキシジルタブレット2.5gについては、こちらの記事をご覧下さい。

私としては「ハゲを治したい」という方は、プロペシアを強くおすすめします。
プロペシアを毎日1錠、半年も飲んでいれば、髪は生えてきます。
当ブログの一番上にある写真の通り、現実に私は髪が生えてきました(参考記事)。

とはいえ、ミノキシジルタブレットで劇的な効果があったという報告も多数あります。

ネット上ではスカルプDシャンプーのCMに出演していた宮迫博之さんの髪が生えたのは、スカルプDシャンプーではなく、実はミノキシジルタブレットのお陰だったという噂も囁かれていますし、ナインティナインの岡村隆史さんもミノキシジルタブレットを服用しているようです。
詳しくはこちらの記事をどうぞ。

『高画質な発毛日記』などのブログでも、ミノキシジルタブレットによる劇的な発毛経過が報告されています。

プロペシアを飲んでみたけれど、今ひとつ効果を実感できないという方は、ミノキシジルタブレットにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
ミノキシジルタブレットが体質に合うか、合わないかは、結局、飲んでみないと分からないです。
また、プロペシア、ミノタブ以外で発毛薬として、劇的な効果がある医薬品としては、アボダートがあります。
詳しくはこちらの記事をどうぞ。

医薬品ネット通販大手オオサカ堂では、各商品の販売ページ最下部に利用者からのレビューが掲載されていますので、参考にしてください。

ミノキシジルタブレットの口コミ評価を読みたい方は販売ページへ
↓  ↓  ↓  ↓  ↓


また、ミノキシジルタブレットとプロペシアをセットで購入される方も多いです。
ミノキシジルタブレットとプロペシアはそれぞれ作用が異なりますので、相乗効果を期待できます。
現在までのところ、プロペシアとミノキシジルタブレットの組み合わせが最強の育毛法と言われています。

ミノキシジルタブレットとプロペシアのセットのご購入はこちらからどうぞ!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓


オオサカ堂の評判についてはこちらの記事を参考にして下さい。

ミノキシジルタブレットは劇薬です。できるだけ医師の処方を受けるようにしましょう。
全国に病院網のあるAGAスキンクリニックでは、ミノキシジルタブレットとフィナステリドを配合したオリジナル発毛薬「Rebirth」を処方しています。

AGAスキンクリニックへのご相談はこちらからどうぞ!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓



>> プロペシアのご購入はこちらから(最安値) <<
>> 私はプロペシアで髪が生えました 証拠写真はこちら <<