プロペシア・フィンペシア通販個人輸入情報

薄毛、ハゲ効果のある発毛医薬品プロペシア(有効成分、フィナステリド)、フィンペシア(同)、ロゲイン(ミノキシジル)、リアップ(同)ポラリス(同)、ミノキシジルタブレット(同)、ザガーロ(デュタステリド)などの口コミ情報をお届けします。最強のAGA(男性型脱毛症)治療薬はどれか? 100%正規品で成分検査を実施しているオオサカ堂(大阪堂)なら、送料無料で処方薬を安価に通販で購入できます。

「万有製薬プロペシア」に関する記事

プロペシア 継続服用が重要

2008.03.20     [健康プラス]髪を元気に(3)「育毛剤」使用継続で効果      東京朝刊

 薄毛に悩む人が望むのは増毛効果のある薬だろう。ある製薬会社の調査では、成人男性の19%が「育毛剤を使ったことがある」と回答する。
 育毛剤の多くは店頭で購入できる医薬部外品だが、治験を経て発毛や脱毛予防の効果が認められた医薬品が登場している。
 初の医薬品として注目されたのが、1999年発売の「リアップ」(大正製薬)。主成分(ミノキシジル)は降圧作用のある薬として開発されたが、体毛が増えるという副作用が報告されたことから育毛剤になった経緯がある。
 少量頭皮に塗るだけという手軽さが受け、世界90か国以上で使われる。通常、医薬品は発売当初、医師の処方のもとで使われるが、「副作用も心配ない」などの理由で、異例の一般薬として店頭販売された。使用1年後に70%の人が改善したという。ただ、毛穴に皮脂やほこりが詰まっていると、薬が作用する毛根部に届かない。使用前に頭皮を清潔にしておくことが重要となる。
 忙しい生活の中で塗り忘れも多い。「歯磨きの後に使うなど、習慣づけることが大事」と、同社広報室の浜野裕哉さん(46)は強調する。2005年には、成分が全く同じ女性向けの薬も発売された。
 万有製薬が05年に発売した飲み薬「プロペシア」も話題を集めた。こちらは医師の処方が必要な医薬品だが、世界60か国以上で使われる。
 有効成分(フィナステリド)は抜け毛を促進する悪玉の男性ホルモンを抑制する。3年間継続した98%の人が抜け毛の進行抑制や増毛の効果があった。ただ、作用する仕組みが男性ホルモン抑制のため、女性には効かず、適応対象外だ。
 育毛専門の城西クリニック(東京・新宿区)の小林一広院長は「医薬品も個人差はあり、即効性はない。最低6か月間は継続使用する必要がある。慌てず焦らず取り組んでほしい」と話している。

プロペシアは医薬品個人輸入サイトのオオサカ堂で通販できます
↓   ↓   ↓


>> プロペシアのご購入はこちらから(最安値) <<
>> 私はプロペシアで髪が生えました 証拠写真はこちら <<

「男性型脱毛症」研究最前線--飲み薬プロペシアが登場

[特集ワイド1]競争激烈、「男性型脱毛症」研究最前線--ついに飲み薬
2001.06.14 東京夕刊 2頁 総合 (全2,965字) 

 ◇ついに飲み薬/リンゴからも
 男性の身近な敵、薄毛や抜け毛に悩む人は推定で1000万人。うち500万人が何らかの育毛剤・発毛剤を使用しているという。品切れが続出した「リアップ」(大正製薬)はブームが一段落したが、それは新たなブームへのチャンスでもある。600億円規模とも言われる市場に食い込もうと、各社がしのぎを削る。「男性型脱毛症」研究の最前線を取材した。【元村有希子】
 「髪でお悩みの方、治験に参加されませんか」
 5月13日、新聞にこんな全面広告が載った。世界初の「飲む発毛剤」、フィナステリドの臨床試験である。万有製薬が「20~50歳の男性500人程度」を募集したところ、7日間で2500人が志願した。
 フィナステリドは偶然の産物だ。万有の親会社、米メルク社が前立腺肥大症の治療薬を開発する際、頭髪が濃くなる副作用が現れたのだ。そこに目を付け、「プロペシア」という名で98年に発売。米国での試験では、1日1ミリグラムを2年間服用した945人の83%に、髪が増えるか抜け毛が止まる効果があった。現在、世界38カ国で使用され、アジアでは中国と日本が未認可だ。
 臨床試験だけに、条件は厳しい。東京都内9カ所の医療機関に月1回程度、計15回通えることが前提。交通費・謝礼として、通院1回あたり7000~1万円が支給される。服用は毎日1錠を1年間。外観が変わるパーマや毛染めはご法度。むろん、他社の育毛剤への“浮気”も許されない。
 効果を正確につかむため「二重盲検法」という方法がとられる。フィナステリドか偽薬(プラセボ)が与えられ、その真偽は知らされない。3人に1人は「本物かもしれない」との期待を胸に偽薬を飲むのである。インフォームド・コンセント(十分な説明に基づく同意)をとるため、文句は言えない。1年間試しても症状が進んだだけ、という気の毒な人も出る。
 副作用もある。米国では性欲減退が1・8%▽勃起(ぼっき)不全が1・3%▽射精障害が1・2%に見られた。ただし偽薬群でも0・7~1・3%に同様の症状があり、万有は「ほとんどないと考えていい」と説明する。マウスでの実験で胎児への影響が確認されたため、女性は服用できない。
 臨床試験は今月始動。順調にいけば03年に厚生労働省申請、04年に発売される。医師の処方が必要だが、バイアグラと同様「生活改善薬」扱いとなり、保険は適用されない見込みだ。負担は毎月5000~6000円程度になるという。万有は「内側からの方が効果がある」と胸を張る。
    ◇    ◇
 副作用の心配なし、と登場したのが、リンゴ果汁から抽出したポリフェノールの一種「プロシアニジンB-2(PB2)」だ。協和発酵工業は、PB2に育毛作用があることをマウスで確認し、ファンケルと共同で製品化、99年に「毛活林(もうかつりん)」の名前で発売。人での効果を調べ、今月8日に学会発表した。
 実験は協和発酵の男性社員29人(30~57歳)を対象に実施した。00年1~7月、PB2の1%溶液を1日2回(計30ミリグラム)、気になる部分に塗ってもらい、一定の面積の本数と太さを測定した。その結果、5ミリ四方の本数が平均6・68本(最高は18本)増え、直径が60マイクロメートル以上の太めの毛も平均1・99本増えた。偽薬群は逆に、太めの毛が平均0・82本減った。副作用の報告はなく、「頭皮の状態がよくなった」という感想が多かった。ポリフェノールに共通する抗酸化・抗菌作用が、地肌の皮脂や雑菌増殖を抑えたらしい。
 「毛活林」での試験も実施。富山医科薬科大皮膚科の諸橋正昭教授の協力を得て、外来患者21人(男性)に1年間使ってもらったところ、7割の人で毛の本数が増加。13日、東京都内での国際学会で報告した。「毛活林」のPB2濃度は先の実験の1%よりは低いという。
 協和発酵は十数年前から、育毛効果のある成分探しに取り組んできた。果物や野菜など植物1000種類以上を試験し、その結果、リンゴ果汁から取れるPB2が最も有効だった。
 「自然の成分なので副作用がないし、女性にも使える」と、開発にあたった本多伸吉・開発部主査は話す。
………………………………………………………………………………………………………
 ◇薄毛を招く周期の乱れ
 人間の頭髪は約10万本。1カ月で1センチ成長し、寿命がくれば抜け落ちる。一方で新しい毛も生え、一定の本数が保たれる。
 髪を作るのは、毛根にある毛母細胞。毛乳頭の指令で血管から栄養を取り込み、細胞分裂を繰り返して新しい毛を生み出す。ほとんどの育毛剤は、この毛乳頭を刺激する効果を狙ったもの。最近の研究で、毛根を覆う「外毛根鞘細胞(がいもうこんしょうさいぼう)」が、毛母細胞の再生をつかさどることが分かってきた。ここを活性化させるといわれるのがPB2だ。
 毛は周期的に生え変わる。これがヘアサイクル。盛んに太い毛が伸びる成長期(2~7年)▽毛母細胞が衰える退行期(2~3週間)▽毛母細胞が死ぬ休止期(4~6カ月)だ。休止期に入ると、洗髪などの刺激で髪は簡単に抜ける。これが自然脱毛で1日80~100本に上る。
 ヘアサイクルが順調なら心配はないが、成長期が短くなったり、休止期から成長期に戻る間隔が長くなったりすると、抜ける勢いに追いつかなくなり、薄毛が目立つようになる。
 乱調には幾つか原因がある。栄養不良や頭皮の皮脂過多、ストレスなどだ。最大のものが男性ホルモン。その一種、ジヒドロテストステロン(DHT)が成長期を短くしたりすることに目を付け、その働きを抑えるのが、万有のフィナステリドだ。
………………………………………………………………………………………………………
 ◇マメに洗髪、紫外線避けて--日本毛髪科学協会理事長・渡辺靖さんに聞く
 男性型脱毛症治療の専門家で、日本毛髪科学協会理事長の渡辺靖医師(78)に、注意点や研究の展望を聞いた。
 患者が増え始めたのは、72~73年ごろ。高度成長を達成して日本が豊かになって、男たちが外見を気にするようになったんですね。製薬会社も養毛剤研究に本腰を入れ始めた。
 治療の中心は養毛剤の塗布とスキンケア。洗髪が大切です。シャンプーの量は1プッシュ、手のひらに500円玉大で十分。指の腹で柔らかく洗うこと。これで毛穴の皮脂や汚れは落ちる。つめを立ててゴシゴシ、は逆効果。皮膚を守る角質まではがしてしまう。
 紫外線もよくない。皮脂を過酸化脂質に変え、脱毛を進行させます。ゴルフや野外活動の時は、帽子をかぶること。
 食生活は心配しなくてよい。日本は栄養が豊かだから。ワカメがいいとか黒ゴマがいいというのは迷信です。たばこも控えて、といわれますが、私は若いころから吸っててこれです。
 要するに、遺伝の要素が大きい。それと男性ホルモン。老化の一種ですからね。治療で進行を遅らせることはできるが、やめれば最終的には抜けてしまう。
 とはいえ、若い人は深刻ですから。「結婚できない」と。男性ホルモンが多い証拠なんだから、女性も見栄えより中身で選んであげてほしいね。(談)
■写真説明 「プロペシア」で効果が表れた男性の頭頂部。左から服用前▽1年後▽2年後=米国メルク社提供
毎日新聞

プロペシアは、医薬品個人輸入サイト、オオサカ堂で通販できます
↓   ↓   ↓


>> プロペシアのご購入はこちらから(最安値) <<
>> 私はプロペシアで髪が生えました 証拠写真はこちら <<

プロペシア、発売直前情報

遺伝子解析が導く新標的 活気づく育毛剤市場

ライオンのイノベートに続き、発現解析から生まれた新製品を3月に資生堂が発売。
大型と注目されているプロペシア発売の遅れを横目に見つつ、新ターゲット探索が活発化している。

 万有製薬が医家向け医薬品として承認申請中のフィナステリドは育毛剤としては初の内服薬。欧米など60カ国以上で売られ、外国での商品名「プロペシア(PROPECIA)」は、男性型脱毛*1に期待度大の育毛剤の通り名として日本でもかなり認知が進んでいる。1999年に大正製薬が初のダイレクトOTC(医家向けでの使用経験を経ずに承認された大衆薬)育毛剤である「リアップ」を発売して育毛剤市場が急拡大したが、その後は漸減。プロペシアがリアップ発売時と同等以上のインパクトをもたらすか注目されている。

 もっとも、プロペシアの承認申請は2003年3月。昨年中には発売と見込まれていたが、当局の審査が進まずにもたついている状況だ。その間を狙ってか、医薬部外品である従来の育毛剤の新製品が昨年から目立つ。新しい育毛剤が作用する標的分子(ターゲット)のアピールに各社余念がないが、そのターゲットを探索するカギとなっているのが遺伝子発現解析だ。

 ライオンの基礎研究を担う生物科学センターは、毛髪形成にかかわる物質であるエフリンをマウス新生児に皮下投与すると、毛根の数が増えることを昨年12月の日本分子生物学会で報告した。「毛根自体の数が増えるという報告は初めて」と同社生物科学研究センターの吉野輝彦主任研究員は語る。

 このエフリンとは、ライオンが徳島大皮膚科と共同で、遺伝子発現解析によって見いだした育毛ターゲット。発毛の司令塔である毛乳頭*2細胞の培養株を利用し、脱毛部由来と非脱毛部由来の株における遺伝子発現を比較。BMP(骨誘導たんぱく質)、エフリンという2つの発毛促進シグナルを絞り込んだ。

 この2つの物質の増加を指標として薬剤をスクリーニングし、03年10月に発売にこぎ着けたのが「イノベート」だ。遺伝子発現解析から得た「新育毛ターゲット」をアピールし、国内育毛剤市場で10%程度のシェア(ライオン推定)を獲得。存続が危ぶまれていたライオン育毛剤事業の救世主となった。

 ただし、開発の段階で発毛の効果は確認しているものの、エフリンやBMPが具体的にどう絡むかは未知数だ。そのため、2つの物質の発毛メカニズムを突き止めるための基礎研究は商品化後も継続しており、分子生物学会で発表した結果を導いた。

 毛が生えそろった後のマウスで毛根が増えたわけではないし、仮に毛根形成の作用があっても、どう制御するかなど、今回の研究結果を実用につなげるまでの距離は遠そうだ。しかし、発現解析から得たオリジナル物質のメカニズムを丹念に洗うことで、イノベートの威力を増強するような物質、ひいてはさらに画期的なターゲットの発見を、吉野主任研究員ら基礎研究のスタッフは狙っている。

資生堂も新ブランド投入
タッチの差で確保していた用途特許

 ライオンに1年半遅れ、資生堂も遺伝子発現解析で見いだした新標的から発展させた新育毛剤、「アデノゲン」を3月に発売する。資生堂には「不老林」という育毛剤ブランドがあるが、アデノゲンは一線を画して新ブランドとして展開。従来の商品リニューアルとは気合いの入れ方が違っている。

 資生堂が行った遺伝子発現解析も、ライオンと同じく徳島大学皮膚科との共同研究。しかし、こちらでターゲットとして絞り込まれたのはFGF(線維芽細胞増殖因子)-7という発毛シグナル。ライオンとは手法が若干異なり、資生堂の場合は同一人物について、毛が薄くなっている部分とまだ大丈夫な部分から毛乳頭細胞を取り、培養して発現を比べた。また、ライオンが対象とした遺伝子数は1000種強で、資生堂は2万種だった。

 そのFGF-7を増やす効果を指標としたスクリーニングで得られた候補が、DNAの構成物質であるアデノシンだ。血管拡張作用が知られるアデノシンについては、リアップの主成分であるミノキシジルの作用機序の途中に位置することが突き止められていた。そして、FGF-7の増加についても、他の化合物よりもけた違いに高い活性を示した。

 もっとも、アデノシンを育毛剤に使うという用途特許の確保については、タッチの差だったという。資生堂の出願が1999年10月。一方、リアップを擁する大正製薬も特許を出願していたが、資生堂が優先日で4カ月先行。今ほどのメカニズムの知見はなかったが、血管拡張作用を生かした発毛効果でひとまず権利を確保したことが奏功した。

 遺伝子発現解析から導き出した初の育毛剤という触れ込みはライオンに譲ったが、発現解析への着手が遅れていたわけではないという。ライオンの場合、イノベートの主成分であるサイトプリンは既に医薬部外品の成分として承認されていたものを他社から導入したが、アデノシンは部外品の承認申請を行う必要があった。この差が、両社の“ゲノム創薬”実用化のタイムラグとなったようだ。

 遅れを取り戻すため、資生堂の大々的なプロモーション攻勢が近く始まりそうだ。

培養を経た発現解析には限界?
退行期の抑制などターゲットは多様

 ライオン、資生堂の両社とも発現解析のデータをすべて公開しているわけではない。商品にこぎ着けたターゲット以外に、発現量が変動している遺伝子は当然押さえているだろうし、研究も進めているとみられる。ただ、毛乳頭細胞を培養した後の解析だから、培養の間に遺伝子の発現プロファイルが頭皮にある状態とは変わっている可能性もある。「発現解析で捕まえることができない重要なシグナルは、まだまだあるだろう」と大阪大学医学部皮膚科の板見智助教授は指摘する。

 DNAチップなど現状の遺伝子発現解析技術では、ある程度のサンプル量が必要となる。しかし、頭皮にある毛乳頭細胞だけで、十分量を確保することは難しい。毛が薄くなっている部分に残った貴重なうぶ毛を大量に抜くような非人道的な行為は、最小限にとどめなければならないからだ。

 板見助教授は培養毛乳頭細胞に男性ホルモンであるアンドロゲンの受容体を強制的に発現させ、角化細胞を共存させて、アンドロゲンが細胞増殖に及ぼす影響を調べることができる手法を確立。頭皮での状況をシミュレーション*3するという方法論で男性型脱毛の新ターゲットにアプローチしている。

 板見助教授はこの手法から、毛乳頭細胞がTGF(形質転換成長因子)-β1という物質を介して、増殖抑制の指令を出すことを突き止めた。ノックアウトマウスで検証すると、TGF-β1がヘアサイクルを退行期に誘導する因子であると分かった。現在、このTGF-β1を抑制する化合物の探索を三井化学と共同で進めている。

 新製品の登場がまだ当面続きそうな育毛剤だが、やはり最大の注目は、医家向けの育毛剤であるプロペシア*4が、日本でどこまで浸透するかだ。発売時期は、「承認待ちなので何とも言えないが、何とか今年後半には」(万有製薬広報部)という状況だ。

 ただ、医家向けゆえに、急速に浸透するかどうかは未知数。日本で男性型脱毛の臨床経験がある医療機関は一握りで、内服薬であるプロペシアを処方しようとする医師がどれだけいるかはみえないからだ。

 万有もマーケティング戦略はまだ手探りのようだが、育毛剤市場V字回復の起爆剤となれば、最新のバイオ技術を育毛剤研究に投入するインセンティブは上がる。新ターゲットは続々と出てくるだろう。(石垣恒一)

エフリンの投与で新生児マウスの毛根が増える

対照

エフリン投与

ライオンが遺伝子発現解析から育毛機能を見つけたエフリンをマウスに生後3日齢まで皮下投与した結果。生後12日齢では、対照(左)に比べて毛根の密度が増えた(右)

毛髪の構造とヘアサイクル

毛髪は成長期、退行期、休止期というヘアサイクルを繰り返す。いわゆる脱毛とは、退行期および休止期の毛髪の割合が高くなった状態。サイクルの司令塔が毛乳頭だ

アデノシンはリアップ(ミノキシジル)の下流に位置

資生堂の新製品「アデノゲン」(右写真)の主成分アデノシンは、リアップの主成分ミノキシジルの下流に位置する

プロペシア(フィナステリド)の作用機序

テストステロンからジヒドロテストステロンの変換をブロックし、脱毛を抑える

*1 男性型脱毛

以下の4つの特徴がある。-|μ咾粒+始が思春期以降-∪犬┷櫃慮綢燹∩案,部あるいは頭頂部が薄くなるなど特徴的なパターン-L喩韻瞭靆啣臭げ搬欧肪μ咯匹鯒Г瓩襪海箸,多い

*2 毛乳頭

毛髪の根本にある組織で、周囲の毛母細胞に酸素や栄養分を供給する。ヘアサイクルを変化させるシグナルを出すという発毛、脱毛の司令塔としての役割も果たす

*3 頭皮での状況をシミュレーション

ひげの培養毛乳頭細胞では、アンドロゲンを加えると角化細胞の増殖が加速し、男性型脱毛の部位の培養毛乳頭細胞では、その逆となる。つまり、同じ刺激を受けても部位によって逆の指令を行うことをin vitroで再現できたわけだ

*4 プロペシア

米Merck社が開発。一般名はフィナステリドで、外国での商品名は「PROPECIA」。5α還元酵素II型を選択的に阻害することで、テストステロンからジヒドロステロンの生成を抑え、男性型脱毛を防ぐ(下図参照)。ジヒドロステロンはテストステロンよりホルモン活性が10倍強い。プロペシアは当初、前立腺肥大症の治療薬(含有量5mg)として発売され、その後に男性型脱毛症治療薬(含有量1mg)として発売された(いずれも海外)。5α還元酵素にはI型とII型があるが、男性型脱毛を発症する部位やあごひげにはII型が多く分布するという。

男性ホルモンを阻害ということで、男性機能低下などの副作用が不安視されることが多い。万有製薬によれば、テストステロンの働きを抑えるわけではないので、男性機能への影響の心配はないという(下表参照)。実際、海外の結果でも、男性機能への影響について対照と有意差は出ていないようだ。

プロペシアは、医薬品個人輸入サイト、オオサカ堂で通販できます
↓   ↓   ↓


>> プロペシアのご購入はこちらから(最安値) <<
>> 私はプロペシアで髪が生えました 証拠写真はこちら <<

リアップはプロペシアとの併用で効果が促進される



薄毛リアッププラスは〝発毛成分〞に進展なし 効果が高まるのは「プロペシアとの併用」


 男性型脱毛症(壮年性脱毛症)による薄毛。市販の発毛・育毛剤は多いが、今年のトピックは何といっても、ダイレクトOTC薬として大ヒットした「リアップ」(大正製薬)が9年ぶりに刷新され、「リアッププラス」として発売されたことだ。
 リアッププラスは、頭皮ケアなどの3つの成分を新たに配合したのが特徴。しかし、発毛の主成分であるミノキシジルの濃度は、従来品のリアップと同じ1%のままだ。「新成分によって頭皮環境が整うなど、従来のリアップに
比べて相乗効果があると考えられる。
ただし、リアップリアッププラスの効果を比べた試験は行っていない」(大正製薬)という。
 海外に目を転じると、リアップより濃度が高い2〜5%のミノキシジルが市販の薬に配合されている。濃度1%
と2%では「リアップの臨床試験で比べた際には、日本人への効果には大きな差がなかった」(同)。ただし欧米では、1%より2〜5%の濃度のほうが効果が高いことを示唆する報告や論文があるといわれている。リアッププラスの濃度が1%に据え置かれていることを考えると、リアップと比べて発毛効果が大幅に上がったわけではなさそうだ。
 市販の発毛・育毛剤は、リアッププラスや「NFカロヤンガッシュ」(第一三共ヘルスケア)など医薬品と、「サ
あなたの“常識”は非常識「皮脂が増えると、薄毛が進行する」皮脂の量が増える春夏でも抜け毛の量はほかの季節と変わらないなど、「皮脂の多さや毛穴の汚れと、髪の成長とは関係がない」(大阪大学医学部皮膚・毛髪再
生医学講座准教授の乾重樹氏)
「 発毛、発毛促進、脱毛の予防など効能の違いによって製品を選ぶべき」
髪の毛は発毛、成長、退行、脱毛という一連のサイクルを繰り返している。そのため「発毛」や「抜け毛予防」など効能書きが異なっても、程度の差はあれど効果には変わりない「 カラーリングによって抜け毛が増える」
これも俗説だが、「カラーリングが原因で抜け毛が増えることはあり得ない」(乾氏)。刺激が強くて皮膚炎を起こした場合でも、また髪は生えてくるという
 99年の発売当時に大ヒットしたリアップ。今でも、発毛・育毛剤市場でトップシェアを占めるブランドだ。今年1月、その後継製品である「リアッププラス」が発売された。ブランドの刷新で、新製品に飛び付くユーザーや回帰ユーザーの獲得を狙う。

●「プロペシア」が

 ひそかに市場拡大るのが、医療用医薬品「プロペシア」。売り上げは今や年間約110億円に上ると見られ、約300億円の市販品市場をも脅かす勢いで伸びている。

●育毛剤も“低価格路線”へ

 4割安い新製品登場 医薬部外品でも新製品が発売。今年2月に発売した花王の「サクセス 薬用バイタルチャージ」は、従来の同社高級育毛剤が約5000円だったところを2900円前後と大幅に安い。思い切って低価格にす
ることで、若いころから予防感覚で製品を使い続けてもらうよう促す戦略だ。
「AGA(エージーエー、男性型脱毛症)の大々的なテレビCMを行う万有製薬が販売す新製品が相次いだ発毛・育毛剤市場

●トップブランド「リアップ」が 今年モデルチェンジ

サクセス 薬用バイタルチャージ」(花王)、「薬用毛髪力ZZ」(ライオン)、「薬用アデノゲン」(資生堂)などの医薬部外品とに分かれている。医薬品であれば、「発毛剤」などと厚労省に申請した新しい効能・効果をうたえ、臨床試験のデータも広告に使える。医薬部外品は、決められた表現でしか効能・効果を表示できない。
 ただし、各社とも他社製品との比較試験はしていない、もしくは公表していない。医薬品、医薬部外品という違いだけでは、効果の差を客観的に比較できないのが実情だ。
 一方、医療の現場では、男性型脱毛症の治療に世界的に使われており、エビデンスも確かな成分は、前述したミノキシジルフィナステリドだけだといわれている。後者のフィナステリドを配合しているのが、医師が処方する内服薬「プロペシア」(万有製薬)。日本でも大々的な広告宣伝で、大衆薬に匹敵する知名度を得つつある。
 ミノキシジルなど市販の発毛・育毛剤の成分は、髪の毛が生えるもとになる毛乳頭を活性化させるものが多い。
一方、プロペシアに配合されているフィナステリドは、男性型脱毛症の原因である男性ホルモンに関連する酵素に働きかけるなど、働き方のメカニズムが異なるのが特徴だ。月間数千人の患者を治療している頭髪治療専門医院、城西クリニック院長の小林一広氏は
「今までの育毛剤成分よりも、高濃度のミノキシジルの実力は一段上のレベル。そしてフィナステリドは、さらにその上を行く」と説明する。やはり市販の発毛・育毛剤よりも、プロペシアのほうが効果が高いのは確かなようだ。
 ただし前述したように、プロペシアは働き方のメカニズムが市販の発毛・育毛剤の成分とは異なる。そのため、プロペシアと市販の発毛・育毛剤を併用することで効果がより上がるのではというのが、医師やメーカーの意見だ。
実際、城西クリニックでも、治療ではフィナステリドミノキシジル(2%)とを併用している。プロペシアミノキシジルについては、併用によって効果がより上がったというデータがある。他製品でも働き方がプロペシアと異なるため、併用を試みてもよいのではないか」(大阪大学医学部皮膚・毛髪再生医学講座准教授の乾重樹氏)。
 軽度改善は、本人には気づきにくいが、他人が見ると髪が増えたとわかる程度の効果。「他人だけでなく、本人も髪が増えたと自覚できる境目は中等度改善と著明改善」(乾氏)。リアップやカロヤンガッシュ、プロペシアで公開されているデータによれば、中等度・著明改善の割合は約3 ~ 4割だ。
なお、男性型脱毛症は放っておくと進行することから、「不変」であっても効果として認められている。

リアッププラス
(大正製薬)
●実勢価格/ 5500円(60㎖)
 ミノキシジルには発毛を促進する因子を作り出す働きがあり、海外でも広く使われている成分。右図は、濃度が同じ1%であるリアップの臨床試験データ。リアップは発売後も約4年間の効果調査が行われているが、右図
とほぼ同じ結果だという。

主成分:ミノキシジル

プロペシア
(万有製薬)
●参考価格/ 1錠約250円
 臨床試験では1年間投与での改善率は約6割、3年間投与(左下図)では約8割と、長く飲み続ければ高い効果が得られる傾向にある。男性ホルモンにかかわる薬だが、「3年間の投
与試験では性機能に関する副作用報告は見られなかった」(万有製薬)。
プロペシアを飲む場合の費用は、診察料込みで月1万円前後が目安。

成分:フィナステリド
リアップの海外版ブランド「ロゲイン」のご購入はこちらから
値段はリアップの3分の1とお買い得です!
↓   ↓   ↓


リアップ、ロゲインよりもさらにお買い得な
カークランド・ミノキシジル5%のご購入はこちら
↓   ↓   ↓


>> プロペシアのご購入はこちらから(最安値) <<
>> 私はプロペシアで髪が生えました 証拠写真はこちら <<

薄毛でお悩みの方はチェック! よくできた育毛剤ガイドです!
↓   ↓   ↓


オオサカ堂で人気のオススメ発毛薬
医師の処方が必要ない、医薬品の個人輸入なら1997年設立、全品メーカー純正、成分検査実施、送料無料の「オオサカ堂(大阪堂)」がおすすめです。
リンク先の商品ページの下の方に使用者のレビューが掲載されています。参考にしてください。
「オオサカ堂」はまとめ買いがお得です。

>>オオサカ堂の購入体験記はコチラ!

◆◆◆フィナステリド系

アメリカ版プロペシア
 AGAで悩む多くの人に効果が確認され、世界でもっとも普及している人気ナンバー1発毛薬です。発毛成分フィナステリドを含有。1日1錠、半年ほどの服用で効果を実感できるようになります。個人輸入でのプロペシアのご購入は、国内最安値の「オオサカ堂」がおすすめです。上のプロペシアの画像をクリックすると販売ページに進みます。詳しくは、こちらの記事もどうぞ。


オーストラリア版プロペシア
 今、もっともおすすめのプロペシア。2015年8月からオオサカ堂に登場しました。成分・メーカーはアメリカ版と変わりませんが、価格が安いです。詳しくは、こちらの記事をどうぞ。


フィンペシア
 プロペシアと同じ発毛効果がありながら、処方された「プロペシア」の10分の1の価格でお買い求めできます。インドのシプラ社が販売。当ブログ管理人もフィンペシアを毎日、飲んで、AGAを克服しました。おすすめします。オオサカ堂は、まとめ買いがお得なので、私はいつも3箱、買っています。
その他のプロペシア・ジェネリックについては、こちらの記事をどうぞ。


フィナロイド
 フィナステリド配合のAGA治療薬。フィンペシアと同成分でsぐあ、値段が安いです。今後、プロペシア・ジェネリックの新定番商品になりそうです。 詳しくはこちらの記事をどうぞ。

◆◆◆デュタステリド系

アボダート
 プロペシアを超えるAGA治療薬の最終兵器です。有効成分のデュタステリドは、男性型脱毛症の原因である5α還元酵素の1型、2型ともに抑制します。2型5α還元酵素しか抑制できないプロペシアの1.5倍の発毛効果があるとされています。デュタステリドは日本でAGA治療薬として認可され、ザガーロとして発売されました。詳しくは、こちらの記事をどうぞ。


爆毛根
 新AGA治療薬デュタステリドとミノキシジルを配合した外用育毛剤。詳しくは、こちらの記事をどうぞ。

◆◆◆ミノキシジル系

ミノキシジルタブレット
 タブレット状の飲むミノキシジル。劇的な発毛効果があったという報告が多数ある発毛最終兵器です。効果は抜群ですが、人によっては心臓に負担がかかる場合があります。異変を感じたら服用を中止しましょう。ミノキシジルタブレットはプロペシアとは発毛作用が異なるので、プロペシアとの併用で相乗効果があります。詳しくは、こちらの記事をどうぞ。


ロゲイン
 外用発毛薬、リアップのアメリカ版ブランドです。発毛成分ミノキシジル含有。プロペシアとの併用で、発毛効果がアップします。また、値段はリアップの1/3ですから、お買い得です。


カークランド・ミノキシジル5%
 リアップ、ロゲインより安価な外用ミノキシジルのジェネリック品です。ミノキシジル配合なので、成分と発毛効果はリアップ、ロゲインと同等です。「カークランド」は量販店コストコのプライベートブランドで信頼性が高いです。詳しくは、こちらの記事をどうぞ。


ポラリスNR-08
 リアップ(ロゲイン)のパワーアップ版。リアップに含まれる発毛成分のミノキシジルが7%、薄毛の原因となる男性ホルモンDHT(デヒドロテストステロン)を抑制する効アゼライク酸5%、生え際の育毛効果があるリンゴポリフェノール、ミノキシジルの効果を促進するLリジンなどの各種アミノ酸を配合した外用育毛剤です。ポラリスシリーズで最も人気が高い商品です。詳しくは、こちらの記事をどうぞ。


ポラリスNR-09
 リアップに含まれる発毛成分、ミノキシジルをリアップの3倍の15%、抜け毛を促進する酵素を抑制するプロシアニジンB2と銅ペプチド、発毛促進因子を補助するアデノシン、頭皮の血管形成を促進するサイモシンb4-ポリペプチド成長因子など、様々な補助成分を配合し、高い発毛効果を実現した外用薬です。詳しくは、こちらの記事をどうぞ。


ポラリスNR-10
 ミノキシジル最高濃度16%、プロペシアに含まれるフィナステリド0.1%、その他の補助成分を配合。5年以上の長期にわたって薄毛が進行した男性向けの外用ミノキシジルです。詳しくは、こちらの記事をどうぞ。


ジェンヘアー・ミノキシジル15%ローション
 ミノキシジル濃度15%、L-アルギニン配合の最新強力育毛剤。溶液がサラッとしていてべたつかず、ニオイも気になりません。使い勝手が評判です。詳しくは、こちらの記事をどうぞ。

◆◆◆その他

L-リジン
 育毛に効くサプリメント。L-リジンは体内で生成できず、外部からの摂取が必要な必須アミノ酸の一つですが、薄毛を予防し、育毛効果を促進し、リアップやロゲイン等のミノキシジルの効果を増加させる働きがあります。ミノキシジルを使用している人は、併用するといいでしょう。詳しくは、こちらの記事をどうぞ。


ニナゾルシャンプー
 抜け毛及びフケ防止に効果的な成分「ケトコナゾール」を配合したシャンプー。薬用のため、個人輸入でしか購入できない特別なシャンプーです。詳しくは、こちらの記事をどうぞ。

お支払いはポイントを貯めやすい楽天カードをおすすめします! 今なら新規お申し込みでポイント大量プレゼント中! 私も使ってます♪
コメント(何でも聞いてください。管理人が答えます)
ブログランキング
blogramで人気ブログを分析 ブログランキング
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター

    タグクラウド